吉田豊騎手が落馬負傷で脳震盪、頸椎骨折と診断【動画あり】

スポンサーリンク

吉田豊 2017 落馬

吉田豊騎手が2017年12月9日の中山5レース・2歳新馬戦で騎乗したビクトリーモーンが落馬・中止しました。JRAが発表した怪我の診断は脳震盪、頸椎骨折でした。

スポンサーリンク

吉田豊騎手の近況・復帰時期は…

※2018年7月22日追記

7月22日現在もまだまだリハビリの最中のようです。
函館競馬場で行われたメジロドーベルお披露目の際に会場を訪れていました。

吉田豊騎手のコメント
「リハビリはバリバリやっていますが、手術で留めている骨がくっつこうとしないので、待つしかないですね。(メジロドーベルの最後の産駒・ピンシェルについて)岩崎オーナーにも“待っている”と言われているし、何とか早く復活したい」

函館競馬場でメジロドーベルお披露目 負傷休養中の吉田豊も登場「早く復活したい」/デイリースポーツ online
情報満載デイリースポーツ/函館競馬場でメジロドーベルお披露目 負傷休養中の吉田豊も登場「早く復活したい」

吉田豊騎手が落馬負傷

JRAが発表した中山5レース・2歳新馬戦の裁決レポートは以下の通りです。

裁決レポート
 7番ビクトリーモーンは、4コーナーで他の馬に関係なく急に外側に逃避し、騎手が落馬したため競走を中止しました。
 この件について、同馬を2017年12月10日(日)から2017年12月31日(日)まで出走停止、停止期間満了後の平地調教再審査としました。

今回の落馬で吉田豊騎手の怪我は「脳震盪、頸椎骨折」の診断が下りました。
現時点での怪我の全治などの発表はありません。

吉田豊騎手は10日に騎乗予定だった8鞍はすべて乗り替わりで、G3・カペラステークスではニットウスバルに騎乗予定でしたが木幡巧也騎手に乗り替わることが発表されました。

ちなみにビクトリーモーンは異状なしでした。

パトロールビデオ

競馬ファンの声

Twitterでも吉田豊騎手のケガについて心配の声が多く寄せられています。

吉田豊騎手には少しでも早い復帰に期待したいです。

コメント

  1. 匿名 より:

    松岡関係ないだろ