【天皇賞秋2018】結果・動画/レイデオロが堂々抜け出し優勝

天皇賞秋 2018 レイデオロ

天皇賞秋2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:レイデオロ、2着:サングレーザー、3着:キセキとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

世代最強は俺だ!2018年の天皇賞秋はレイデオロが堂々抜け出し優勝

2018年10月28日(日) | 4回東京9日 | 15:40 発走
第158回 天皇賞秋(GI)芝・左 2000m
Tenno Sho Autumn (G1)

動画

関連記事
昨年の天皇賞秋はキタサンブラックが制していた。
【天皇賞秋 2017】動画・結果/キタサンブラックが雨中の激戦を制する

今年の天皇賞春はレインボーラインが制していた。
【天皇賞春2018】動画・結果/レインボーラインが内から差し切る

結果

1着:レイデオロ
2着:サングレーザー(1-1/4馬身)
3着:キセキ(ハナ)
4着:アルアイン(1馬身)
5着:ミッキーロケット(ハナ)
6着:サクラアンプルール
7着:マカヒキ
8着:ヴィブロス
9着:ステファノス
10着:スワーヴリチャード
11着:アクションスター
12着:ブラックムーン
取消:ダンビュライト

勝ちタイム:1.56.8
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

レース後のコメント

天皇賞秋 2018 レイデオロ

1着 レイデオロ(C.ルメール騎手)
「僕にとって天皇賞を勝つのは初めてで、今日は大きなチャンスでした。レイデオロのコンディションが完璧でレースも完璧でした。ずっと気持ち良かったです。ペースはちょうど良く、とてもリラックスして、外からのプレッシャーもなくスムーズでした。逃げたキセキを注意していました。直線に向いてレイデオロの反応が良く、長く良い脚で頑張ってくれました。毎レース素晴らしい馬に乗り、良い競馬ができ素晴らしいです。まだこれからも大きなレースがありますから、集中してまた頑張ります」

(藤沢和雄調教師)
「レース間隔を詰めて使いましたが、馬の状態、仕上がりがすごく良くて、力のある馬ですからやれるのではと思っていました。スタートで遅れることもある馬ですが、今日は良い位置につけられたと思って見ていました。ペースがあまり速くありませんでしたが、力のある馬ですし、大丈夫だろうと思っていました。今日のレースを見ると、これくらいの距離が1番良さそうだと思います。(秋の天皇賞6勝について)これまでもスピードのある馬を預からせてもらって、皆頑張ってくれたと思います。この秋はすでに2回使っていますし、来年も現役という話もありますから、年内はあと1戦になると思います。決まったら早めに発表します」

2着 サングレーザー(J.モレイラ騎手)
「馬にありがたい気持ちです。強い馬を相手に2着。手応え良くスムーズな競馬が出来た。レイデオロが強くて差し切れなかったが、よく走ってくれた。東京2000ⅿは問題なかったです」

3着 キセキ(川田将雅騎手)
「前走より具合もよく、GIに向け良い状態になっていた。自分で前に行き、レースを組み立てる競馬をしました。収穫もありました。勝ったのはダービー馬、この馬も菊花賞馬としてのレースはできたと思います」

4着 アルアイン(北村友一騎手)
「遅くなりすぎると嫌でしたが、凄く良いペースで折り合い、イメージ通りの競馬はできました。直線坂で右手前にかわってからの一脚がありませんでした。時計も速く相手も強い中頑張ってくれました」

5着 ミッキーロケット(和田竜二騎手)
「2000メートルでも上手に走れていたし、ここにきて馬が充実してきた。ジャパンCで巻き返したい」

6着 サクラアンプルール(田辺裕信騎手)
「時計的にも厳しかったと思うが、そのなかでよく頑張っている」

7着 マカヒキ(武豊騎手)
「残念。状態はすごく良く感じていたが、ペースが全く緩まることがなく脚をためられなかった。ラストもギアが入らないままだったかな。本来の末脚が出てないと思う。流れこんだだけになってしまった。次巻き返したいですね」

8着 ヴィブロス(福永祐一騎手)
「ポジションはいいところで運べたが、もう少しリラックスさせてあげたかった。気持ちが結構入っていた。4コーナー手前で急に手応えがなくなってしまった。あんなに手応えがなくなる感じではなかったんだが。残念です」

9着 ステファノス(C.オドノヒュー騎手)
「最後は苦しくなったが、この馬なりに頑張っている」

10着 スワーヴリチャード(M.デムーロ騎手)
「スタートで挟まれ、4コーナーでもぶつかり、直線は一人で全然伸びてない。久しぶりで気持ちも入っていなかった感じ。脚などはどこも悪くなく、気持ちだけだと思う。また次に頑張る」

(庄野靖志調教師)
「スタートを出て挟まれてしまった。気持ちが切れしまったようです。一応ジャパンカップを目指して頑張ります」

11着 アクションスター(大野拓弥騎手)
「状態は上がっていた。時計が速かったなか、頑張って走っていたと思う」

関連記事
レイデオロは昨年の日本ダービー以来のG1制覇となった。
【日本ダービー 2017】動画・結果/レイデオロが悲願のダービー制覇

勝ち馬プロフィール

天皇賞秋 2018 レイデオロ

レイデオロ(Rey de Oro)牡4/鹿毛 藤沢 和雄(美浦)
父:キングカメハメハ 母:ラドラーダ 母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:黄金の王(西)。父名、母名より連想

注目ジョッキーの予定をチェック!
武豊騎手の騎乗予定・想定をまとめた記事です。武豊騎手はこれまでに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果や今週(11/17・11/18)の想定・騎乗予定など、すべてをチェックしよう。
競馬内外で注目を集めている16年ぶりにJRAでデビューした女性ジョッキー・藤田菜七子騎手。これまでも様々な競馬場でファンを沸かせている。藤田菜七子騎手の先週の騎乗結果、今週の想定・騎乗予定などをチェックしよう。

シェアする