【シリウスステークス2021】結果・動画/サンライズホープが追撃を凌ぎV

シリウスステークス2021 サンライズホープ

シリウスステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のシリウスステークスの着順は1着:サンライズホープ、2着:ウェスタールンド、3着:ブルベアイリーデとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年のシリウスステークスはサンライズホープが追撃を凌ぎV

2021年10月2日(土) | 5回中京8日 | 15:35 発走
第25回 シリウスステークス(GIII)ダート・左 1900m
Sirius Stakes (G3)

スポンサーリンク

2021年・シリウスステークスの動画

関連記事
昨年のシリウスステークスはカフェファラオが制していた。
シリウスステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のシリウスステークスの着順は1着:カフェファラオ、2着:サクラアリュール、3着:エイコーンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・シリウスステークスの結果

スポンサーリンク

1着:サンライズホープ
2着:ウェスタールンド(アタマ)
3着:ブルベアイリーデ(1-3/4馬身)
4着:ダノンスプレンダー(ハナ)
5着:サクラアリュール(3-1/2馬身)
6着:ロードリバーサル
7着:テンザワールド
8着:エブリワンブラック
9着:アシャカトブ
10着:ハヤヤッコ
11着:ケイティブレイブ
12着:サンデーウィザード
13着:アナザートゥルース
14着:エルデュクラージュ
15着:リアンヴェリテ
16着:ゴッドセレクション

勝ちタイム:1.57.4
優勝騎手:幸 英明
馬場:良

関連記事
G1・チャンピオンズカップをにぎわす馬は?
チャンピオンズカップは2021年12月5日に中京競馬場で行われる秋の中距離ダート王を決める一戦。チャンピオンズカップは2021年で第22回を迎え、昨年はチュウワウィザードが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

シリウスステークス2021 サンライズホープ

1着 サンライズホープ(幸英明騎手)
「道中の手応えが良く、直線を向いてからの手応えも良かったです。少し抜け出すのが早いかもと思ったのですが、よく頑張ってくれました。左回りの中京は合っていますし、ブリンカーの効果は大きかったと思います。重賞をひとつ勝つことができましたし、さらに上に行っても頑張ってくれると思います」

(羽月友彦調教師)
「展開は想定通りでした。掛かることなくスムーズでした。先頭に立つのが早かったのですが、押し切ってくれました。ブリンカーの効果が絶大です。成長の効果もあると思います。目標はチャンピオンズCですが、賞金も少ないですし、直行するかはこれから考えます」

2着 ウェスタールンド(藤岡佑介騎手)
「夏からの3走目で、返し馬の感触は一番よかったですし、得意条件で期待を持って臨みました。うまく立ち回ってよく詰めてくれましたが、本当にいい頃なら差し切っていたかも知れません。58キロのハンデもあったかと思います。でも、9歳でこれだけやれるんですから頭が下がります」

3着 ブルベアイリーデ(福永祐一騎手)
「ポジションも良く、進路も確保できましたが、あと100(メートル)でしたね。バッタリ止まってしまいました。前をかわせる手応えでしたからね。重賞のタフな流れを正攻法で運んで敗因は明確。1800メートルまでは大丈夫ですし、これから上位争いしていけると思います」

4着 ダノンスプレンダー(川田将雅騎手)
「とてもいい内容で全力で走り切ってくれました。精いっぱいの走りをした結果です。本当によく頑張ってくれました」

5着 サクラアリュール(藤岡康太騎手)
「ゲートの駐立があまりよくなく、後ろからになりました。道中の進みも昨年に比べてよくなかったので、直線に懸ける競馬をしました。脚は使っていますし力は見せてくれました」

6着 ロードリバーサル(吉田隼人騎手)
「速い馬が多くて、砂をかぶってもまれる展開になりましたが、そこまで嫌がっていませんでした。次につながる競馬だったと思いますし、レースの幅が広がれば、まだまだやれそうです」

7着 テンザワールド(和田竜二騎手)
「以前乗った時より、よくなっていた。外枠だったので内に潜り込もうと思っていたけど、最内までいけた。展開はよかったけど、左回りでは左右にふらふらするところがある」

9着 アシャカトブ(武藤雅騎手)
「外枠で(内から)4頭目を回らされました。距離も1900メートルですし、厳しい形になりました」

10着 ハヤヤッコ(田辺裕信騎手)
「休み明けは走らないタイプですが、今回は調教の動きがよく見えて期待していたんですが、ハミを取るところがありませんでした」

11着 ケイティブレイブ(内田博幸騎手)
「58・5キロを背負っていたし、馬場も追い込むには厳しかった。使ってよくなってくれば」

12着 サンデーウィザード(荻野琢真騎手)
「展開はばっちりと思いましたが、手前が替わらず、伸び切れませんでした」

13着 アナザートゥルース(松山弘平騎手)
「両隣が速い馬だったので、もう少し外枠の方がレースがしやすかったと思います」

14着 エルデュクラージュ(鮫島克駿騎手)
「ゲートを出てすぐに不利があってストレスがかかってしまい、力を出し切れませんでした」

15着 リアンヴェリテ(国分恭介騎手)
「返し馬から半年ぶりという感じがあり、スピードに乗るまで時間がかかりました。使って良くなると思います」

16着 ゴッドセレクション(中井裕二騎手)
「抜群のスタートを切ってくれました。一つ内の馬を行かせて、ペースを流すようにもできて理想の形になったんですが、3コーナーの手応えがいつも以上に悪かったです。こんなに負ける馬ではありませんし、何か原因があるのかも知れません」

勝ち馬プロフィール

シリウスステークス2021 サンライズホープ

サンライズホープ(Sunrise Hope)牡4/鹿毛 羽月 友彦(栗東)
父:マジェスティックウォリアー 母:オーパスクイーン 母父:スペシャルウィーク
馬名の由来:冠名+希望

関連記事
サンライズホープは前走のプロキオンステークスで6着に敗れていた
プロキオンステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のプロキオンステークスの着順は1着:メイショウカズサ、2着:トップウイナー、3着:メイショウウズマサとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。