【シリウスステークス2020】結果・動画/カフェファラオが人気に答え差し切る

シリウスステークス2020 カフェファラオ

シリウスステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のシリウスステークスの着順は1着:カフェファラオ、2着:サクラアリュール、3着:エイコーンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年のシリウスステークスはカフェファラオが人気に答え差し切る

2020年10月3日(土) | 2回中京8日 | 15:35 発走
第53回 シリウスステークス(GIII)ダート・左 1900m
Sirius Stakes (G3)

スポンサーリンク

2020年・シリウスステークスの動画

関連記事

昨年のシリウスステークスはロードゴラッソが制していた。

シリウスステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のシリウスステークスの着順は1着:ロードゴラッソ、2着:アングライフェン、3着:メイショウワザシとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・シリウスステークスの結果

スポンサーリンク

1着:カフェファラオ
2着:サクラアリュール(3/4馬身)
3着:エイコーン(1-1/4馬身)
4着:ダノンスプレンダー(1-1/2馬身)
5着:メイショウワザシ(1/2馬身)
6着:アルドーレ
7着:サンデーウィザード
8着:エムオーグリッタ
9着:グレートタイム
10着:テーオーヘリオス
11着:ミツバ
12着:ナムラアラシ
13着:キメラヴェリテ
14着:ダイシンインディー
15着:ランスオブプラーナ
16着:ダイメイコリーダ

勝ちタイム:1.57.8
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

関連記事
Jpn1・JBCクラシックをにぎわす馬は?
JBCクラシックは2020年11月3日に大井競馬場で行われる秋の中距離ダートG1戦。JBCクラシックは2020年で第20回を迎え、昨年はチュウワウィザードが優勝した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

シリウスステークス2020 カフェファラオ

1着 カフェファラオ(C.ルメール騎手)
「強い馬です。折り合いと反応が良かった。作戦はなかったけど、たくさん逃げる馬がいたので、ミドルポジションで自分のペースでリラックスして行けた。ペースもちょうど良かった。G1を勝てるポテンシャルはあります。(今後は)コンディションが上がってくれば、G1を勝てると思います」

2着 サクラアリュール(藤岡康太騎手)
「内枠だっだし、ある程度の位置を取っていこうと思っていました。気合をつけて中団あたりにつけて、スムーズに内を上がって行けました。直線では一瞬おっ、と思ったんですが…。勝ち馬は強かったですが、よく頑張ってくれました。」

3着 エイコーン(高倉稜騎手)
「ペースが流れそうだったし、前に行くと甘くなると思って馬のリズムで運びました。具合が良くていい感じで追走できました。伸びそうで伸びなかったのは、斤量の分でしょうか。能力のある馬で、復調してきているのを感じました」

4着 ダノンスプレンダー(川田将雅騎手)
「ゲート以外は上手に走ってくれました。最後も4着まで来てくれていますし、精いっぱいの走りをしてくれたと思います」

5着 メイショウワザシ(浜中俊騎手)
「行く馬がいっぱいいたのと、もまれたくないのであの位置から。このメンバー相手に頑張ってくれています」

6着 アルドーレ(横山典弘騎手)
「よく頑張ってるよ。大事に乗って、あの勢いだったんだけどね…。初めて止まった」

7着 サンデーウィザード(秋山真一郎騎手)
「前走でせかしたら最後にバタバタになったので、今日は動かさないように気をつけました。使える脚が少しなので、ラストだけの競馬をした方がいい感じです」

8着 エムオーグリッタ(団野大成騎手)
「道中はいい感じでしたが、坂があることもあり、直線は反応し切れない感じでした。ただ、昇級戦を考えれば悪くなかったと思います」

9着 グレートタイム(福永祐一騎手)
「気持ちの面ですね。体調も展開も良かったけど、気持ちが乗ってこない感じで…。調教で出せていることが、競馬で出せていない。ブリンカーを着けたり、考えていかないといけない」

10着 テーオーヘリオス(荻野琢真騎手)
「やりたいことはできました。最後に止まったのは、少し距離が長いぶんだと思います。馬はまだ若いです」

11着 ミツバ(岩田望来騎手)
「ゲートを決めて、いい感じでポジションが取れました。3コーナーから追っていましたが、最後まで同じペースで走ってくれて、根性を見せてくれました。この斤量でよく頑張っています」

12着 ナムラアラシ(幸英明騎手)
「4コーナーまで勝ち馬の後ろにつけて手応えも良かったんですが、道中で脚を使ったぶん伸び切れませんでした」

13着 キメラヴェリテ(松若風馬騎手)
「最後は止まりましたが、ダッシュはついたし、自分の競馬はできました」

14着 ダイシンインディー(吉田隼人騎手)
「周りが速くて行けませんでしたね」

15着 ランスオブプラーナ(太宰啓介騎手)
「外から主張する馬がいたので2番手からになりましたが、ダートは合いそうでした。今日は4角で不利があったぶんですね」

16着 ダイメイコリーダ(松山弘平騎手)
「スタートが良く、いい形で運べていたんですが、4コーナーで大きな不利を受けました。今日は参考外です」

勝ち馬プロフィール

シリウスステークス2020 カフェファラオ

カフェファラオ(Cafe Pharoah)牡3/鹿毛 堀 宣行(美浦)
父:American Pharoah 母:Mary s Follies 母父:More Than Ready
馬名の由来:冠名+父名より

関連記事
カフェファラオは2020年・ユニコーンステークスも制しており、これが2つ目の重賞タイトル獲得となった。
ユニコーンステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のユニコーンステークスの着順は1着:カフェファラオ、2着:デュードヴァン、3着:ケンシンコウとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。