【関屋記念2023】追い切り・コメント/調教を見てわかる事

関屋記念2023 追い切り

関屋記念2023の追い切り・コメントの記事です。関屋記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

調教を見てわかる事

2023年8月13日(日) | 3回新潟2日 | 15:45 発走
第58回 関屋記念(GIII)芝・左 1600m
Sekiya Kinen (G3)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・関屋記念の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
関屋記念2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。関屋記念は2023年8月13日に新潟競馬場で行われるマイルG3戦。2023年で第58回を迎え、昨年はウインカーネリアンが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも小倉記念が開催される。
小倉記念2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。小倉記念は2023年8月13日に小倉競馬場で行われる中距離G3戦。2023年で第59回を迎え、昨年はマリアエレーナが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

関屋記念2023の追い切りをチェック!

関屋記念2023 追い切り

関屋記念に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
小倉記念2023の追い切り・コメントの記事です。小倉記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アヴェラーレ

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 67.7-52.8-38.1-11.3(強め)
チェルヴィニア(馬なり)の内0.5秒追走・同入

太田助手
「いつも間隔を空けつつなので、この中間も普段通りの調整過程。休み明け感もなく仕上がりました」
「新潟マイルの方が競馬はしやすいし、平坦もプラス」
アナザーリリック

最終追い切り
美浦・芝・良(津村)
4F 52.4-37.4-10.9(馬なり)
セブンリーチ(強め)の外0.4秒追走・0.2秒先着

津村騎手
「落ち着きが出てきて雰囲気はすごくいい。ゴールしてからも元気いっぱいでまだまだ前進気勢があった。新潟は好相性なので、力を出せれば」

林調教師
「新潟は得意なコースで状態もいい。力を発揮できればいい競馬ができると思う」

カワキタレブリー

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.1-39.0-25.1-12.4(馬なり)

杉山佳調教師
「オーバーワークを避けてラスト1Fを伸ばした。集中して走れていたし脚の回転も良かった。この暑さでも上手に調整ができた。ベストの距離に戻して変わり身があれば」
「左回りのマイルならそう崩れないと思う。コンディションの良さを生かして」
コンシリエーレ

最終追い切り
美浦・南W・良(丸山)
6F 84.6-68.5-53.3-38.1-11.9(馬なり)
セイウンシデン(馬なり)の内1.6秒追走・0.2秒先着

丸山騎手
「初めて乗った。道中でもう少しグッとくるところはほしかったが、しまいは楽に動いていた。きれいな良馬場のほうが良さそうだ」

稲垣調教師
「ジョッキー(丸山)に乗ってもらって動きを確認してもらった。前に馬を置く形でしっかり折り合っていました」
「初芝になるが、ワンターンのマイルは条件的にはいい」

サクラトゥジュール

最終追い切り
追い切りせず

堀調教師
「調整に狂い(8日の運動の際に他馬の動きに反応して引っ掛かり暴走)が生じたために追い切りはせず、回復を促しつつレースへ向かうことにしました」
セルバーグ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.4-38.4-24.7-12.3(末強め)

鈴木孝調教師
「あまりやるつもりはなかった。いつもどおりの内容で順調。レースでリズム良く走れるかどうかだけ。輸送は気になるけど、初めての新潟は特に心配していない」
「前走はイレ込みもましでしたし、うまくいきましたね。新潟コースは心配していない」
ディヴィーナ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 57.0-40.5-26.2-12.6(馬なり)

友道調教師
「間隔は詰まっているが、タフなのでダメージはない」

松館助手
「しまいの感触を確かめる程度だったが、これで十分です。暑さにも負けず、いい状態で臨める。馬が上手になって成長を感じている。昨年の関屋記念(13着)は大敗したが今ならやってくれると思う」

ノルカソルカ

最終追い切り
栗東・CW・良(見習)
4F 51.0-35.8-11.2(一杯)
ジェムラー(一杯)の内0.3秒追走・0.5秒先着

藤岡調教師
「しまいを伸ばす程度で、動きは良かった。平たんはいいし自分の形に持ち込めれば」
ビューティフルデイ

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 66.0-51.0-36.6-11.5(馬なり)
ロムネヤ(末強め)の内0.6秒追走・同入

国枝調教師
「暑いのでオーバーワークにならないようリズム重視の内容。満足できる動きでした。今は落ち着きがあって乗りやすい。新潟外回りもいいのでは」
「前走は今までで一番の内容。うまく立ち回れればチャンス」
フィアスプライド

最終追い切り
美浦・南W・良(北村宏)
5F 69.5-53.5-38.1-11.7(馬なり)
ウィズグレイス(馬なり)の内0.3秒追走・同入

国枝調教師
「サッと追ったが体調に問題はなさそう。うまくためを利かせてほしい」
フォルコメン

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 84.5-67.9-51.8-36.4-11.4(馬なり)
ホウキボシ(馬なり)の内0.9秒追走・0.1秒遅れ

堀調教師
「先々週に山元トレセンから入厩。牧場で乗り込んでいたので仕上がりに不安はなくむしろ上積みがありそう」
「仕上がりに不安はない。コースより展開が鍵」
フラーズダルム

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
4F 54.6-38.4-11.6(G前仕掛け)

松永昌調教師
「動きは良かったし仕上がりはいい。前走は重馬場の影響もあった。前崩れの展開なら」
ミッキーブリランテ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.0-39.4-25.7-12.6(馬なり)

貝沢厩務員
「夏バテの様子もなく、予定通りの調整ができた。コース替わりは問題ないので内枠が欲しい」
メイショウシンタケ

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
4F 52.5-37.0-11.4(馬なり)
アンフィニドール(馬なり)の内0.9秒追走・0.1秒遅れ

千田調教師
「いい感じに走れていたけど、調教どうこうより、走る気になってくれるかどうか。能力はあるのは間違いないけど、詰めて使ったこともないし、この時季に3走目でプラスの条件はないからね」
ラインベック

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.7-39.1-24.9-12.1(一杯)

石橋助手
「素軽い動きで具合の良さに自信を持っている。切れるタイプではないので早めに動く形が理想です」
ララクリスティーヌ

最終追い切り
栗東・CW・良(中井)
6F 83.5-67.5-52.1-36.9-11.2(G前仕掛け)

斉藤崇調教師
「先週はまだ緩い感じがあったのが、追うごとに良くなり、レースへ向けてスイッチが入ってきた。新潟でいい競馬をしているし、左回りのマイルと条件も合う」
ロータスランド

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 56.1-41.2-26.3-12.7(馬なり)

辻野調教師
「時計は考えずに体のバランスを重視しました。追い切り後も息遣いは良く、太め感がない。スピード勝負にも対応できる」

橋本助手
「今週は息を整える程度。気持ちも体もしっかりと、GⅠを使えるぐらいに仕上がった。ヴィクトリアマイルは一線級相手に逃げて頑張った。一昨年の再現を狙いたい」

2023年・関屋記念の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 関屋記念|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・関屋記念の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は札幌で騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(5/25・5/26)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
札幌記念は2024年8月18日に札幌競馬場で行われる夏のビッグレース。札幌記念は2024年で第60回を迎え、昨年はプログノーシスが制した。札幌記念の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
紫苑ステークスは2023年9月9日に中山競馬場で行われ、関東から秋華賞へ向かう馬にとって重要な一戦。紫苑ステークスは2023年で第8回を迎え、昨年はスタニングローズが制した。紫苑Sの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スプリンターズステークスは2024年9月29日に中山競馬場で行われる電撃のスプリント戦。スプリンターズSは2024年で第58回を迎え、昨年はママコチャが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。