【プラチナカップ2018】動画・結果/キタサンミカヅキが初代王者に輝く

プラチナカップ 2018 キタサンミカヅキ

プラチナカップ 2018の動画・結果です。プラチナカップの結果は1着:キタサンミカヅキ、2着:ウェイトアンドシー、3着:インフォーマー。「キタサンミカヅキ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

森泰斗騎手騎乗の1番人気・キタサンミカヅキが初代王者に輝く

2018年7月16日(祝・月)浦和 第11競走
ダート1400m(左)16:35発走

第1回 プラチナカップ
(サラブレッド系 3歳以上 別定)
賞金:1着 12,000,000円

動画

関連記事
キタサンミカヅキは昨年の東京盃を制すなど交流重賞でも活躍している。
【東京盃 2017】動画・結果/キタサンミカヅキが外から差し切る

結果

1着:キタサンミカヅキ
2着:ウェイトアンドシー(4馬身)
3着:インフォーマー(2馬身)
4着:ノブワイルド(ハナ)
5着:リアライズリンクス(3/4馬身)
6着:トキノエクセレント
7着:ニシノラピート
8着:ジョーオリオン
9着:アンサンブルライフ
10着:テムジン

勝ちタイム:1.26.1
優勝騎手:森泰斗
馬場:良

レース後のコメント

1着 キタサンミカヅキ(森泰斗騎手)
「直線で手前を替えたらしっかり反応してくれた。時計も含めてすごくいい内容でした」

(佐藤賢二調教師)
「弾けてくれたのでホッとした。負けちゃいけないところ。北島オーナーも来て、余計にプレッシャーを感じた」

勝ち馬プロフィール

プラチナカップ 2018 キタサンミカヅキ

キタサンミカヅキ(Kitasan Mikazuki)牡8/鹿毛 佐藤 賢二(船橋)
父:キングヘイロー 母:キタサンジュエリー 母父:サクラバクシンオー
馬名の由来:冠名+三日月

関連記事