【オークス2022】結果・動画/スターズオンアースが差し切り2冠達成

オークス2022 スターズオンアース

オークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のオークスの着順は1着:スターズオンアース、2着:スタニングローズ、3着:ナミュールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年のオークスはスターズオンアースが差し切り2冠達成

2022年5月22日(日) | 2回東京10日 | 15:40 発走
第83回 オークス(GI)芝・左 2400m
Yushun Himba(Japanese Oaks) (G1)

スポンサーリンク

2022年・オークスの動画

関連記事
昨年のオークスはユーバーレーベンが制していた。
オークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のオークスの着順は1着:ユーバーレーベン、2着:アカイトリノムスメ、3着:ハギノピリナとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・オークスの結果

スポンサーリンク

1着:スターズオンアース
2着:スタニングローズ(1-1/4馬身)
3着:ナミュール(1-1/4馬身)
4着:ピンハイ(1馬身)
5着:プレサージュリフト(クビ)
6着:ルージュエヴァイユ
7着:アートハウス
8着:ニシノラブウインク
9着:エリカヴィータ
10着:ベルクレスタ
11着:ライラック
12着:サークルオブライフ
13着:ウォーターナビレラ
14着:シーグラス
15着:ラブパイロー
16着:パーソナルハイ
17着:ホウオウバニラ
取消:サウンドビバーチェ

勝ちタイム:2.23.9
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

関連記事
G1・日本ダービーからも目が離せない!
日本ダービーは2022年5月29日に東京競馬場で行われる三歳馬の頂点を決める競馬の祭典。日本ダービーは2022年で第89回を迎え、昨年はシャフリヤールが優勝した。日本ダービーの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

オークス2022 スターズオンアース

1着 スターズオンアース(C.ルメール騎手)
「お客さんがなしでは競馬は楽しくありません。今日は来てくれてありがとうございます。馬の状態はすごく良かったです。でも、18番からで、大変なレースになりました。最初は優しく乗りたかったんです。そして直線伸びることが出来るかと思っていましたが、最初から冷静に走ってくれました。最後はすごく良い脚を使いました。2400mは初めてでしたが、彼女の血統はスタミナがあるので心配していませんでした。今日はすごく良い能力を見せてくれて、1600mでも2400mでも勝ちました。だから三冠も勝つことが出来ると思います。また来週(ダービーで)イクイノックスに乗るので頑張ります」

2着 スタニングローズ(D.レーン騎手)
「とても良い馬です。内枠から良いスタートを切って良い位置につけられましたし、反応も抜群でした。まだ成長しているところで、秋が楽しみです」

3着 ナミュール(横山武史騎手)
「オークスに臨むにあたり、折り合いが一番大事だと思っていました。どうしたらいいのか考えて、返し馬から工夫をしました。レースでは、力むシーンもありましたが、桜花賞と比べるとだいぶ良かったです。3着と結果を出せなかったことは申し訳ないのですが、折り合いがつけば距離が持つということが分かりましたので、今後に繋がる内容だったと思います」

4着 ピンハイ(高倉稜騎手)
「外枠でしたが、内へ潜り込んで1コーナーで良い位置にはまりました。折り合いも良く、馬のリズムで運びました。直線は狭い所からでしたが、良い馬場を選んで脚を使ってくれました。収穫の多いレースでした」

5着 プレサージュリフト(戸崎圭太騎手)
「スタートはそれ程も良くなかったのですが、二の脚でスーッと良い位置につけられました。道中ロスなくリズム良く運びました。最後はジリッぽくなりましたがよく頑張ってくれました」

6着 ルージュエヴァイユ(池添謙一騎手)
「調教が抜群で楽しみだったが、返し馬からハミに乗っかる感じでもたれていた。それでも6着にくるのだから、能力はある。夏を越して、体が成長してくれば、もっと良くなる」

7着 アートハウス(川田将雅騎手)
「調教の段階からバランスの難しさを露呈していましたが、その通りの競馬だったと思います。今日できる精一杯の走りをしてくれました」

8着 ニシノラブウインク(三浦皇成騎手)
「枠が決まった時から、いろいろ考えましたが、ゲートセンスのいい馬で、他の馬の出方次第と思っていた。楽に(ハナに)いけましたし、距離に不安があったので、単騎でリズム良く運ぼうと思った。このG1のメンバーを相手に、よくここまで頑張ってくれました」

9着 エリカヴィータ(福永祐一騎手)
「返し馬の感じが抜群で勝てるチャンスのあるコンディションでした。ゲートも我慢して五分のスタートを切れました。道中は繊細なところがあって外からのプレッシャーを気にしてしまいました。直線では余力がありませんでした。勝てるレベルの馬ですが、キャリアが浅く、GIの厳しさを感じるレースでした」

10着 ベルクレスタ(吉田隼人騎手)
「リズムが良かったし、いいところを走れて、折り合いもついたのはよかった。距離的なものもあるのか、勝負どころで勝ち馬に離されてしまった。これからの馬で、いいものを持っている」

11着 ライラック(横山和生騎手)
「返し馬も落ち着きがあって、雰囲気はよかったが、あれだけゲートを待たされると厳しかった。この馬なりに脚を使ってくれました」

12着 サークルオブライフ(M.デムーロ騎手)
「ゲートの中でイライラしていました。出遅れて最初から脚が出ていきません。反応が良くありませんでした」

(国枝栄調教師)
「ゲートの後ろで気持ちが高ぶって終わってしまった感じ。スタートで前に入られたのもあるけど、競馬でハミを取るようなところがなかった」

13着 ウォーターナビレラ(武豊騎手)
「ゲートで待たされてしまって、突進してしまいました。今日はそれがすべてですね。桜花賞(の時の状態)が良すぎたので、その反動もあったのかも」

14着 シーグラス(松岡正海騎手)
「タフなレースになったし、もう少し体力がついてきてほしい。これから良くなる馬」

15着 ラブパイロー(野中悠太郎騎手)
「いけるのならいきたかったが、まずまずいいところにつけられた。芝のG1でも、頑張ってくれました」

16着 パーソナルハイ(吉田豊騎手)
「ゲートもいい感じで決まったし、外から主張する馬をいかせて、いい位置で運べた。3、4角でいこうと思ったが、反応できなかった。リズム良く運べていただけに、いくらか距離が長かったのかも」

勝ち馬プロフィール

オークス2022 スターズオンアース

スターズオンアース(Stars on Earth)牝3/黒鹿毛 高柳 瑞樹(美浦)
父:ドゥラメンテ 母:サザンスターズ 母父:Smart Strike
馬名の由来:地球上の星

関連記事
スターズオンアースは桜花賞も制しており2冠達成となった
桜花賞2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の桜花賞の着順は1着:スターズオンアース、2着:ウォーターナビレラ、3着:ナムラクレアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。