【日経賞2020】結果・動画/ミッキースワローが外から差し切りV

日経賞2020 ミッキースワロー

日経賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の日経賞の着順は1着:ミッキースワロー、2着:モズベッロ、3着:スティッフェリオとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

得意の中山で鮮やかに!2020年の日経賞はミッキースワローが外から差し切りV

2020年3月28日(土) | 3回中山1日 | 15:45 発走
第68回 日経賞(GII)芝・右 2500m
Nikkei Sho (G2)

スポンサーリンク

2020年・日経賞の動画

パトロールビデオ

裁決レポート
 最後の直線コースで、14番ミッキースワローが外側に斜行したため、10番モズベッロの進路が狭くなりました。
 この件について、14番ミッキースワローの騎手横山典弘を2020年4月11日(土)から2020年4月12日(日)まで2日間の騎乗停止としました。
関連記事

昨年の日経賞はメイショウテッコンが制していた。

日経賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の日経賞の着順は1着:メイショウテッコン、2着:エタリオウ、3着:サクラアンプルールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・日経賞の結果

スポンサーリンク

1着:ミッキースワロー
2着:モズベッロ(1-1/4馬身)
3着:スティッフェリオ(クビ)
4着:サンアップルトン(1-1/4馬身)
5着:アイスバブル(1-1/4馬身)
6着:エタリオウ
7着:レッドレオン
8着:ウインイクシード
9着:ポンデザール
10着:サトノクロニクル
11着:マイネルカレッツァ
12着:ヤマカツライデン
13着:ソウルスターリング
14着:ガンコ

勝ちタイム:2.32.9
優勝騎手:横山 典弘
馬場:良

関連記事
G1・天皇賞春をにぎわす馬は?
天皇賞春は2020年5月3日に京都競馬場で行われる長距離王決定戦。天皇賞春は2020年で第161回を迎え、スタミナ自慢が集う。昨年はフィエールマンが制した。天皇賞春の出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

1着 ミッキースワロー(横山典弘騎手)
「レースとしてはいつも通りでした。前走が故障馬のあおりを受けたので、スムーズにいけばと思っていました。1頭になるとふらふらしたり、余力があっても一生懸命走らず冷や冷やしましたが、力通りだったと思います。これからも順調にいけばいいですね」

(菊沢隆徳調教師)
「今日は意地を見せてファイトしてくれた。僕の中では何とか結果を出したかった」

2着 モズベッロ(池添謙一騎手)
「勝負どころでモタれる面がある。(勝ち馬に)寄られたのもあるけど、真っすぐ走れていれば勝ち切れたと思います。ただ、別定戦で力があるところを見せてくれた」

(森田直行調教師)
「相当外に押されているし、あれで審議にならないのか・・・。ただ、能力があることは分かった」

3着 スティッフェリオ(田辺裕信騎手)
「今日はこの馬のペースを守ってポジションを下げて道中進んだところ、最後まで頑張っていて、良い内容でした」

4着 サンアップルトン(柴田善臣騎手)
「初めての重賞でしたが、最後まで食らいついていました。前の馬がフラフラしていて、少し躊躇する場面がありましたが、まだまだ良くなりそうで今後が楽しみです。」

5着 アイスバブル(津村明秀騎手)
「3角でペースが上がって手間取った。ゴール前でもう1度伸びている」

6着 エタリオウ(岩田康誠騎手)
「ポジションなどレースの形は良かったですが、追い出してからジリジリという感じで追い負けました」

7着 レッドレオン(藤岡佑介騎手)
「前半ペースが緩くて馬群が密集した所でハミを取った。その分、ラストで止まった」

8着 ウインイクシード(横山武史騎手)
「最後もよく頑張っている。折り合いもついたし、距離が延びても大丈夫」

9着 ポンデザール(石橋脩騎手)
「向正面でペースが上がってしんどくなった」

10着 サトノクロニクル(大野拓弥騎手)
「スタートを出てポジションをとれましたが、今日は内枠だったことが良くなかったです。馬場の悪い所を通って、今日は走り切れませんでした」

11着 マイネルカレッツァ(丹内祐次騎手)
「久々でもいい感じで運べた。自己条件なら」

12着 ヤマカツライデン(勝浦正樹騎手)
「早めに来られて苦しくなった」

13着 ソウルスターリング(丸山元気騎手)
「馬場が良ければもっとやれたと思う。最後まで頑張った」

14着 ガンコ(松田大作騎手)
「3角でいっぱいになった」

勝ち馬プロフィール

日経賞2020 ミッキースワロー

ミッキースワロー(Mikki Swallow)牡6/鹿毛 菊沢 隆徳(美浦)
父:トーセンホマレボシ 母:マドレボニータ 母父:ジャングルポケット
馬名の由来:冠名+ツバメ

関連記事
ミッキースワローにとって昨年の七夕賞以来の重賞制覇となった。
七夕賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の七夕賞の着順は1着:ミッキースワロー、2着:クレッシェンドラヴ、3着:ロードヴァンドールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。