【目黒記念2021】結果・動画/ウインキートスが圧勝で重賞初V

目黒記念2021 ウインキートス

目黒記念2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の目黒記念の着順は1着:ウインキートス、2着:ヒートオンビート、3着:アドマイヤアルバとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年の目黒記念はウインキートスが圧勝で重賞初V

2021年5月30日(日) | 2回東京12日 | 17:00 発走
第135回 目黒記念(GII)芝・左 2500m
Meguro Kinen (G2)

スポンサーリンク

2021年・目黒記念の動画

関連記事
昨年の目黒記念はキングオブコージが制していた。
目黒記念2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の目黒記念の着順は1着:キングオブコージ、2着:アイスバブル、3着:ステイフーリッシュとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・目黒記念の結果

スポンサーリンク

1着:ウインキートス
2着:ヒートオンビート(2馬身)
3着:アドマイヤアルバ(1-3/4馬身)
4着:グロンディオーズ(1馬身)
5着:ゴールドギア(1-3/4馬身)
6着:ダンスディライト
7着:サンアップルトン
8着:アイスバブル
9着:トラストケンシン
10着:ナムラドノヴァン
11着:ムイトオブリガード
12着:ミスマンマミーア
13着:アドマイヤポラリス
14着:ディアマンミノル
15着:サトノルークス
16着:トップウイナー

勝ちタイム:2.32.8
優勝騎手:丹内 祐次
馬場:良

関連記事
G1・宝塚記念をにぎわす馬は?
宝塚記念は2021年6月27日に阪神競馬場で行われる春のグランプリホースを決める一戦。宝塚記念は2021年で第62回を迎え、昨年はクロノジェネシスが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

1着 ウインキートス(丹内祐次騎手)
「不利はありましたが前回も通用すると思っていました。行く馬の後ろでリズム良く運べました。抜け出すとソラを使うところがありますが、今日は一頭でも集中して走ってくれました」

2着 ヒートオンビート(川田将雅騎手)
「以前よりはるかにいい動きが出来るようになり、良い内容で走ってくれたのですが、勝ち馬に流れが向いた競馬でした」

3着 アドマイヤアルバ(北村宏司騎手)
「馬場入りはうるさかったのですが、競馬は問題なかったです。今日は序盤から出して前につけようと思っていました。3コーナー過ぎから動いて行き、勝ち馬には振り切られましたが、集中して走ってくれました。比較はできませんがブリンカーも良かったようです」

4着 グロンディオーズ(C.ルメール騎手)
「ペースがこの馬には遅すぎました。ジリジリ長く脚を使うけど、切れる脚はないので。この馬自身も頑張っているけど、ここまで上がりが速くなるときつかった」

5着 ゴールドギア(田辺裕信騎手)
「ゲートが出なくて後方からになりました。後ろから直線だけでは厳しいと思っていたので、じわじわ上がっていきました。直線も踏ん張ってはいたけど、もともと速い上がりを使える馬ではないですからね。頑張ってはくれています」

6着 ダンスディライト(松永幹夫調教師)
「上手にレースはやってくれました。ペースが遅かったけど、レースなのでしようがない。最後もよく伸びているし、いい内容でした」

7着 サンアップルトン(柴田善臣騎手)
「向こう正面に入ったあたりで随分ペースが遅いなと思っていた。その辺も意識しつつ少し早めに動いていったけど、ここまで上がりが速いとさすがに追いつけないですね」

8着 アイスバブル(石川裕紀人騎手)
「ここ2戦の競馬をふまえて少しポジションを下げて競馬してみたけど、そこが裏目に出ましたね。本当に最後はいい脚で伸びているし、この時期がいいのか調子の良さは感じたし、もう少し流れが向いてくれていれば違ったかもしれません」

9着 トラストケンシン(吉田豊騎手)
「展開がきつかったですね。脚は使って、伸びてはいますけど」

勝ち馬プロフィール

目黒記念2021 ウインキートス

ウインキートス(Win Kiitos)牝4/黒鹿毛 宗像 義忠(美浦)
父:ゴールドシップ 母:イクスキューズ 母父:ボストンハーバー
馬名の由来:冠名+ありがとう(フィンランド語)

関連記事
ウインキートスは前走の日経賞で15着と大敗しており人気を落としていた
日経賞2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の日経賞の着順は1着:ウインマリリン、2着:カレンブーケドール、3着:ワールドプレミアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。