【小倉サマージャンプ2021】結果・動画/アサクサゲンキが人気に応え快勝

小倉サマージャンプ2021 アサクサゲンキ

小倉サマージャンプ2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の小倉サマージャンプの着順は1着:アサクサゲンキ、2着:マサハヤドリーム、3着:ビーオールアイズとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年の小倉サマージャンプはアサクサゲンキが人気に応え快勝

2021年8月28日(土) | 4回小倉5日 | 13:40発走
第23回 小倉サマージャンプ(J・GIII)障害・芝 3390m
Kokura Summer Jump (J-G3)

スポンサーリンク

2021年・小倉サマージャンプの動画

関連記事
昨年の小倉サマージャンプはスプリングボックスが制していた。
小倉サマージャンプ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の小倉サマージャンプの着順は1着:スプリングボックス、2着:ブレイクスピアー、3着:ハルキストンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・小倉サマージャンプの結果

スポンサーリンク

1着:アサクサゲンキ
2着:マサハヤドリーム(1-1/2馬身)
3着:ビーオールアイズ(1/2馬身)
4着:セプタリアン(4馬身)
5着:コウキチョウサン(1-1/2馬身)
6着:マイネルプロンプト
7着:スズカプレスト
8着:シゲルロウニンアジ

勝ちタイム:3.45.1
優勝騎手:熊沢 重文
馬場:良

関連記事
J・G1の中山大障害をにぎわす馬は?
中山大障害は2021年12月25日に中山競馬場で行われる秋の障害ビッグレース。中山大障害は2021年で第144回を迎え、昨年はメイショウダッサイが制した。中山大障害の出走予定馬・賞金・日程・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

1着 アサクサゲンキ(熊沢重文騎手)
「この距離は2回経験していましたし、スローペースになっても馬が我慢してくれました。一度使ってプラス体重でしたし、よほど具合が良かったのだろうと思います。内容にケチをつけるところはありませんし、最後は自分を馬が引っ張るような感じで、競馬を覚えてくれています。(障害最多勝利記録に)まだ並んだところなので、超えないといけませんね。レコードでもタイ記録は名前が残りませんからね。(星野忍元騎手は)引退された先輩ですから、あせらずコツコツ積み重ねていければと思います」

2着 マサハヤドリーム(森一馬騎手)
「早仕掛けをしないで、向正面で勝ち馬に並びかけて、相手に楽をさせない競馬が出来ています。上手くいきましたが、最終障害で勝ち馬に同じくらい上手に飛ばれました。馬は良い状態に作ってもらいました。崩れずに頑張っています」

3着 ビーオールアイズ(植野貴也騎手)
「内心期待していました。以前と比べ、スピードに乗ってからはスピードが落ちない飛びが出来るようになりました。まだ4歳で、これから楽しみです」

4着 セプタリアン(平沢健治騎手)
「ゲートの出は普通でしたが、他の馬に行く気がなくて、すんなり行かせてもらえました。他の馬の飛びが上手くて、前に出られてしまいますが、そこからは押しながらでも食らいついてくれましたし、今後につながると思います」

5着 コウキチョウサン(石神深一騎手)
「滞在で身体が絞れて、返し馬の感触も良かったです。たすきコースの障害で詰まってしまい、位置が下がりました。そこでマサハヤドリームの後ろにつけられれば違かったかもしれません。オープンとしては飛びが慎重で、障害が低くて、たすきコースのある福島が向いていると思います」

勝ち馬プロフィール

小倉サマージャンプ2021 アサクサゲンキ

アサクサゲンキ(Asakusa Genki)せん6/鹿毛 音無 秀孝(栗東)
父:Stormy Atlantic 母:Amelia 母父:Dixieland Band
馬名の由来:冠名+元気

関連記事
アサクサゲンキは2017年に武豊騎手とのコンビで小倉2歳ステークスを制している
「小倉2歳ステークス 2017」の動画・結果です。小倉2歳Sの結果は1着:アサクサゲンキ、2着:アイアンクロー、3着:バーニングペスカ。「アサクサゲンキ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。