【阪神カップ2018】結果・動画/ダイアナヘイローが鮮やかに逃げ切りV

阪神カップ 2018 ダイアナヘイロー

阪神カップ2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の阪神カップの着順は1着:ダイアナヘイロー、2着:ミスターメロディ、3着:スターオブペルシャとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

得意舞台で躍動!2018年の阪神カップはダイアナヘイローが鮮やかに逃げ切りV

2018年12月22日(土) | 5回阪神7日 | 15:45 発走
第13回 阪神カップ(GII)芝・右 1400m
Hanshin Cup (G2)

動画

関連記事
昨年の阪神カップはイスラボニータが制していた。

「阪神カップ 2017」の動画・結果です。阪神カップの結果は1着:イスラボニータ、2着:ダンスディレクター、3着:サングレーザー。「イスラボニータ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

結果

1着:ダイアナヘイロー
2着:ミスターメロディ(1/2馬身)
3着:スターオブペルシャ(1-3/4馬身)
4着:ダイメイフジ(1-1/4馬身)
5着:ジュールポレール(ハナ)
6着:ケイアイノーテック
7着:ワントゥワン
8着:レッドファルクス
9着:ベステンダンク
10着:ラインスピリット
11着:カルヴァリオ
12着:シュウジ
13着:レーヌミノル
14着:ムーンクエイク
15着:サトノアレス
16着:ヒルノデイバロー

勝ちタイム:1.21.1
優勝騎手:菱田 裕二
馬場:稍重

関連記事
ダイアナヘイローは今年2月に阪神1400m戦で行われた阪急杯も制している。

阪急杯 2018の動画・結果です。阪急杯の結果は1着:ダイアナヘイロー、2着:モズアスコット、3着:レッドファルクス。「ダイアナヘイロー」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

レース後のコメント

1着 ダイアナヘイロー(菱田裕二騎手)
「ポンといいスタートを切ってくれたし、スッと行けました。調子がいいのはわかっていましたし、このコースで勝ったこともあるので、自信を持っていきました。いいスピードがありますし、まじめに最後まで一生懸命に走ってくれました。本当によかったです」

2着 ミスターメロディ(C.デムーロ騎手)
「いつもよりリラックスしていて追走も楽だった。最後まで止まらず脚を使ったけど、勝った馬が強かった」

3着 スターオブペルシャ(杉原誠人騎手)
「内枠を生かしたいい競馬ができたと思います。このメンバーでこれだけやれましたし、どこかでチャンスがありそうです」

4着 ダイメイフジ(酒井学騎手)
「力むことなく、好位のインで我慢できるようになってきましたね。ただ、きょうは緩い馬場を気にしていたように感じました」

5着 ジュールポレール(M.デムーロ騎手)
「枠が外だったこともあるが、この距離は短くてずっと忙しかったです」

6着 ケイアイノーテック(藤岡佑介騎手)
「この距離にもうまく対応して流れに乗ってくれましたが、先行した内の馬が残る形になってしまいましたからね」

7着 ワントゥワン(福永祐一騎手)
「追い込み馬には厳しい流れ、馬場でした。最後まで脚は使ってくれましたが」

8着 レッドファルクス(H.ボウマン騎手)
「いい位置から運べましたが、フットワークからこういう馬場は合っていない感じでした」

9着 ベステンダンク(松山弘平騎手)
「内の馬が残る展開で大外枠は厳しかったです」

10着 ラインスピリット(武豊騎手)
「楽に2番手から運べたのに、直線は余力がなかった」

11着 カルヴァリオ(池添謙一騎手)
「いい形で追走できたんですが、直線を向いて追い出すとのめっていました」

12着 シュウジ(岩田康誠騎手)
「直線は脚を取られていました」

13着 レーヌミノル(和田竜二騎手)
「理想的なレースができたのに直線はひと息でした」

14着 ムーンクエイク(C.ルメール騎手)
「スタートで遅れたことがすべてでした」

15着 サトノアレス(川田将雅騎手)
「4コーナーの手応えは悪くなかったですが、直線に入るとやめていました。気性の難しさが出たようです」

16着 ヒルノデイバロー(四位洋文騎手)
「こういう馬場はよくない」

勝ち馬プロフィール

阪神カップ 2018 ダイアナヘイロー

ダイアナヘイロー(Diana Halo)牝5/黒鹿毛 福島 信晴(栗東)
父:キングヘイロー 母:ヤマカツセイレーン 母父:グラスワンダー
馬名の由来:曲名+父名の一部