【アーリントンカップ2019】結果・動画/イベリスが逃げ切りV

アーリントンカップ2019 イベリス

アーリントンカップ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のアーリントンCの着順は1着:イベリス、2着:カテドラル、3着:トオヤリトセイトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年のアーリントンカップはイベリスが逃げ切りV

2019年4月13日(土) | 2回阪神7日 | 15:30 発走
第28回 アーリントンカップ(GIII)芝・右 1600m
Arlington Cup(NHK Mile Cup Trial) (G3)

スポンサーリンク

2019年・アーリントンカップの動画

関連記事
昨年のアーリントンカップはタワーオブロンドンが制していた。

アーリントンカップ 2018の動画・結果です。アーリントンカップの結果は1着:タワーオブロンドン、2着:パクスアメリカーナ、3着:レッドヴェイロン。「タワーオブロンドン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・アーリントンカップの結果

1着:イベリス
2着:カテドラル(クビ)
3着:トオヤリトセイト(アタマ)
4着:ニシノカツナリ(アタマ)
5着:ユニコーンライオン(クビ)
6着:ミッキーブリランテ
7着:ロードグラディオ
8着:ヴァルディゼール
9着:ヴァンドギャルド
10着:ミッキースピリット
11着:ヤマニンマヒア
12着:サンノゼテソーロ
13着:ジャミールフエルテ
14着:アズマヘリテージ
15着:オーパキャマラード
16着:フォッサマグナ
17着:ジゴロ
18着:ラブミーファイン

勝ちタイム:1.34.2
優勝騎手:浜中 俊
馬場:良

関連記事
アーリントンカップの1着馬から3着馬にはNHKマイルカップの優先出走権が与えられる。

NHKマイルカップは2019年5月5日に東京競馬場で行われる3歳マイル王を決める一戦で、今年で第23回目を迎える。昨年はケイアイノーテックが制した。NHKマイルカップの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

1着 イベリス(浜中俊騎手)
「いいペースで行けて、最後まで頑張ってくれました。厩舎サイドからは具合がいいと聞いていました。前走が控えていい競馬ができなかったので、持ち味を生かすために行き切った方が、と考えていました。(NHKマイルCへ)気分良く道中を運ぶことができれば。きょう、同じ距離をこなしてくれたので、楽しみです。(自身1年9か月ぶりの重賞勝利に)だいぶ間は空きましたが、ひとつずつ一生懸命に乗って、もっとたくさん勝てるように頑張ります」

2着 カテドラル(A.シュタルケ騎手)
「ゲートで前かきして遊んでいて出遅れた。馬群に入らず、この馬のリズムで運べたのが良かったのかな。直線も前が空かなかったが、かえって脚がタマって、いい脚を使ってくれたね」

3着 トオヤリトセイト(福永祐一騎手)
「初めての1600メートルでしたが、いい形で運べました。突き抜けるかなという感じでしたが、最後は同じ脚いろになってしまいました。力のあるところを見せてくれましたし、まだまだよくなりそう」

4着 ニシノカツナリ(武藤雅騎手)
「もう少し早めに踏んでいきたかったんですが、なかなか前が開きませんでした。3着を確保したかったんですが、踏み遅れる形になってしまいました」

5着 ユニコーンライオン(岩田康誠騎手)
「いいポジションからうまく運べました。じりじりと伸びてくれていますし、最後も差し返してくれているんですが…」

6着 ミッキーブリランテ(坂井瑠星騎手)
「きょうはテンションが高く、道中の行きっぷりが良すぎました。コントロールできず、申し訳ないレースになってしまいました」

7着 ロードグラディオ(藤岡佑介騎手)
「重賞でも安定した立ち回りでしたね。いくらも(0秒2差)負けていませんし、馬体に成長の余地も残していますから」

8着 ヴァルディゼール(北村友一騎手)
「イメージしていたポジションから運べましたし、前走より大人になっていました。ただ、エンジンのかかりが遅いぶん、馬群の中では反応が遅かったですし、直線は外から寄られてブレーキを踏む不利もありました」

9着 ヴァンドギャルド(M.デムーロ騎手)
「ペースが遅く、スタートから(折り合い面が)大変でした」

10着 ミッキースピリット(松山弘平騎手)
「ペースが遅かったので、もうひとつ前のポジションで進めたかったんですが…。ただ、これから成長の余地を残している馬です」

11着 ヤマニンマヒア(武豊騎手)
「折り合いはついたけど、あんまり反応してくれなかったね」

12着 サンノゼテソーロ(津村明秀騎手)
「まだ後肢が頼りなく、手前を何度も替えていました。ただ、まだキャリアが浅く、悲観する内容ではありませんでした」

13着 ジャミールフエルテ(池添謙一騎手)
「大外枠でしたが、馬の後ろへ入れると我慢してくれました。ただ、追い出すと、思ったほどはじけてくれませんでした」

16着 フォッサマグナ(C.ルメール騎手)
「ずっと引っかかっていました。リラックスして走れていませんでした」

勝ち馬プロフィール

アーリントンカップ2019 イベリス

イベリス(Iberis)牝3/鹿毛 角田 晃一(栗東)
父:ロードカナロア 母:セレブラール 母父:ボストンハーバー
馬名の由来:花名。花言葉「初恋の思い出」