アルクスが外から鋭く抜け出す/動画・結果【2歳新馬戦】

アルクス

京都で行われた2歳新馬戦の動画・結果をまとめた記事です。今回の着順は1着:アルクス、2着:グリッサード、3着:アールコンセンサスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

最後の決め手は弓から放たれた矢のように!アルクスが外から鋭く抜け出す

2018年11月4日(日) | 5回京都2日 | 12:20発走
2歳新馬戦
芝・右 2000m

動画

関連記事

結果

1着:アルクス
2着:グリッサード(1-3/4馬身)
3着:アールコンセンサス(1/2馬身)
4着:ヘイセイラスト(1-1/4馬身)
5着:アドマイヤコースト(3/4馬身)
6着:ブラックハーデス
7着:コンカラー
8着:マテラサンオウ

勝ちタイム:2.04.7
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

レース後のコメント

1着 アルクス(C.ルメール騎手)
「走る。切れ味がある。(道中は)ずっとリラックスしていて性格も真面目。何も問題なかった。距離は2000メートル以上がいい。絶対いい馬になる」

2着 グリッサード(C.デムーロ騎手)
「距離的にも、馬場的にも適していました。良い馬でした」

3着 アールコンセンサス(的場文男騎手)
「スタートでついていけなくて、それでも芝のレースなので、早く動きづらく、前に馬を置いて追走しました。巧く乗れば勝てた馬だと思います。だから矢作調教師を始め、関係者の皆様に申し訳なく思います」

関連記事
この世代最初の新馬戦はジャミールフエルテが制していた。
ジャミールフエルテが世代最初の勝ち星を挙げる/動画・結果【2歳新馬戦】

勝ち馬プロフィール

アルクス

アルクス(Arcus)牡2/鹿毛 池江 泰寿(栗東)
父:ハービンジャー 母:ラルシュドール 母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:弓(ラテン語)

注目ジョッキーの予定をチェック!
武豊騎手の騎乗予定・想定をまとめた記事です。武豊騎手はこれまでに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果や今週(11/17・11/18)の想定・騎乗予定など、すべてをチェックしよう。
競馬内外で注目を集めている16年ぶりにJRAでデビューした女性ジョッキー・藤田菜七子騎手。これまでも様々な競馬場でファンを沸かせている。藤田菜七子騎手の先週の騎乗結果、今週の想定・騎乗予定などをチェックしよう。

シェアする