【フォワ賞2012】結果・動画/オルフェーヴルが世界デビュー戦を勝利で飾る

フォワ賞2012 オルフェーヴル

フォワ賞2012の動画・結果です。フランスで行われたフォワ賞の結果は1着:Orfevre(オルフェーヴル)、2着:Meandre、3着:Joshua Treeとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2012年のフォワ賞はオルフェーヴルが世界デビュー戦を勝利で飾る

フォワ賞(Qatar Prix Foy)
2012年9月16日、フランス・ロンシャン競馬場
芝2400m G2 5頭

スポンサーリンク

2012年・フォワ賞の動画

2012年・フォワ賞の結果

スポンサーリンク

1着:Orfevre・オルフェーヴル
2着:Meandre(1馬身)
3着:Joshua Tree(クビ)
4着:Fiorente(6馬身)
5着:Aventino(3-1/2馬身)

勝ちタイム:2.34.26
勝利騎手:Christophe Soumillon

関連記事
G1・凱旋門賞をにぎわす馬は?
凱旋門賞は2021年10月3日にフランス・パリロンシャン競馬場で行われるヨーロッパの芝・最強馬決定戦。凱旋門賞は2021年で第100回を迎え、昨年はソットサスが制した。出走予定馬・オッズ・賞金・日程・過去の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

1着 オルフェーヴル(C.スミヨン騎手)
「前哨戦として、本番に繋がる良いレースが出来ました。はじめてのロンシャンでしたが、上手く勝ちきってくれました。スローペースとなり、かかってしまうこともありましたが、本番に向けて、余力を残すようなレースができました。池江調教師が上手く調整してくれており、あと3週間でさらに良くなってくれると思います」

(池江泰寿調教師)
「勝たせてもらいましたが、世界の壁の高さを感じました。やはり簡単には勝たせてくれないですね。前半は折り合いに苦労しましたが、後半は(レースが)流れてくれて上手く行けたと思います。(C.スミヨン騎手が)調教でスムーズに折り合ったので、コントロールし易いと言っていましたが、必ずしもそうではないところを身をもって感じてもらえたと思います。前半苦労した分、馬だけでなく騎手にとっても、本番に向けてよい経験になったと思います。(レースは)細かいポジションを指示するというよりは、折り合い重視で臨みました。(凱旋門賞に向け)スタッフ一同頑張って、さらに良い状態で出走させたいと思います」

勝ち馬プロフィール

オルフェーヴル(Orfevre)牡4/栗毛 池江 泰寿(栗東)
父:ステイゴールド 母:オリエンタルアート 母父:メジロマックイーン
馬名の由来:金細工師(仏)

関連記事
オルフェーヴルは前走の宝塚記念を快勝していた。
宝塚記念2012の動画・結果です。2012年の宝塚記念の結果は1着:オルフェーヴル、2着:ルーラーシップ、3着:ショウナンマイティとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。