【天皇賞秋2022】出走予定馬・日程・賞金/ぶつかりあう魅力的な個性

天皇賞秋2021 エフフォーリア

天皇賞秋は2022年10月30日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2022年で第166回を迎え、昨年はエフフォーリアが制した。天皇賞秋の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

ぶつかりあう魅力的な個性
スポンサーリンク

2022年・天皇賞秋の出走予定馬をチェック

天皇賞秋・注目馬ピックアップ

2022年・天皇賞秋の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

エフフォーリア(Efforia)

エフフォーリア・4歳牡馬
父:エピファネイア
母:ケイティーズハート
母父:ハーツクライ
主な勝鞍:2021年・有馬記念
馬名の由来:強い幸福感(ギリシャ語)。母名より連想

昨年の覇者。
アーモンドアイ以来の天皇賞秋連覇を狙う。

ポタジェ(Potager)

ポタジェ・5歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ジンジャーパンチ
母父:Awesome Again
主な勝鞍:2022年・大阪杯
馬名の由来:家庭菜園(仏)

今年の大阪杯ではエフフォーリアやレイパパレを下しG1初制覇を果たした。
昨年6着のリベンジへ。

ジャックドール(Jack d’Or)

ジャックドール・4歳牡馬
父:モーリス
母:ラヴァリーノ
母父:Unbridled’s Song
主な勝鞍:2022年・金鯱賞
馬名の由来:人名より+黄金(仏)

大阪杯では落鉄の影響もあってか5着に沈んだ。
左回りならもう一段上のパフォーマンスを見せてくれるはずだ。

ヒシイグアス(Hishi Iguazu)

ヒシイグアス・6歳牡馬
父:ハーツクライ
母:ラリズ
母父:Bernstein
主な勝鞍:2021年・中山記念
馬名の由来:冠名+アルゼンチンにある最大の滝

天皇賞秋の日程・賞金

スポンサーリンク
第166回 天皇賞秋(Tenno Sho・Autumn)

天皇賞秋 2018 レイデオロ

2022年10月30日(日)東京競馬場
格:G1 1着本賞金:2億円
年齢:3歳以上 距離:2,000m(芝・左)

天皇賞は年に二回開催されており、春の天皇賞は3200mと長距離G1の位置づけとなっている。

天皇賞春
天皇賞春は2022年5月1日に阪神競馬場で行われる長距離王決定戦。天皇賞春は2022年で第165回を迎え、スタミナ自慢が集う。昨年はワールドプレミアが制した。天皇賞春の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

天皇賞秋・プレイバック

天皇賞秋2020 アーモンドアイ

2020年の天皇賞秋を制したのは『アーモンドアイ(Almond Eye)』。1.4倍の断然人気に応える走りで連覇達成。芝G1・8勝目の新記録達成に花を添えた。

天皇賞秋(G1)

1着:アーモンドアイ
2着:フィエールマン(1/2馬身)
3着:クロノジェネシス(クビ)
4着:ダノンプレミアム(2馬身)
5着:キセキ(2-1/2馬身)

勝ちタイム:1.57.8
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

2020年・天皇賞秋の全着順、動画、コメントもチェック!
天皇賞秋2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の天皇賞秋の着順は1着:アーモンドアイ、2着:フィエールマン、3着:クロノジェネシスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする