【マリーンカップ2021】出走予定馬・日程・賞金/春を告げる交流重賞

マリーンカップ2020 サルサディオーネ

マリーンカップは2021年4月7日に船橋競馬場で行われる牝馬限定のダートグレード競争。マリーンカップは2021年で第25回を迎え、昨年はサルサディオーネが勝利を収めた。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

春を告げる交流重賞
スポンサーリンク

2021年・マリーンカップの出走予定馬をチェック

マリーンカップの枠順決定!(4月4日)

マリーンカップ2021 枠順

2021年・マリーンカップの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではテオレーマが3枠3番、マドラスチェックは5枠5番、サルサディオーネは1枠1番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

マリーンカップ・注目馬ピックアップ

2021年・マリーンカップの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

サルサディオーネ(Salsa Dione)

サルサディオーネ・7歳牝馬
父:ゴールドアリュール
母:サルサクイーン
母父:リンドシェーバー
主な勝鞍:2020年・マリーンカップ
馬名の由来:母名の一部+ギリシャ神話の天空の女神

昨年の覇者。
今年もエンプレス杯で2着に入るなど力は健在。
2008年、2009年を勝利したメイショウバトラー以来の連覇なるか。

マドラスチェック(Madras Check)

マドラスチェック・5歳牝馬
父:Malibu Moon
母:Gloat
母父:Mr. Greeley
主な勝鞍:2020年・TCK女王盃
馬名の由来:インド、マドラス地方発祥のチェック柄の名前

常に上位争いを演じるも勝ち星は1年以上遠ざかっている。
久々のマイル戦に対応できるか。

フェアリーポルカ(Fairy Polka)

フェアリーポルカ・5歳牝馬
父:ルーラーシップ
母:フェアリーダンス
母父:アグネスタキオン
主な勝鞍:2020年・中山牝馬ステークス
馬名の由来:母名の一部+4分の2拍子の軽快な舞踏

芝の重賞2勝馬がマリーンカップで初のダート戦に挑戦する。
渋った馬場を苦にしないタイプでダートをこなせる可能性は秘めている。

レッドアネモス(Red Anemos)

レッドアネモス・5歳牝馬
父:ヴィクトワールピサ
母:マチカネハヤテ
母父:サクラバクシンオー
主な勝鞍:2020年・クイーンステークス
馬名の由来:冠名+風(ギリシャ語)。母名より連想

昨年のクイーンステークス勝ち馬もここでダート初戦を迎える。
鞍上には吉田隼人騎手が予定されている。

テオレーマ(Teorema)

テオレーマ・5歳牝馬
父:ジャスタウェイ
母:スターズアラインド
母父:Sea The Stars
主な勝鞍:2021年・豊前ステークス
馬名の由来:定理(西)

今年の豊前ステークスを制し条件クラスを突破。
重賞初挑戦でどこまでやれるか。

マリーンカップの日程・賞金

スポンサーリンク
第25回 マリーンカップ(Marine Cup)

マリーンカップ 2018 アンジュデジール

2021年4月7日(水)船橋競馬場
格:Jpn3 1着本賞金:2,500万円
年齢:3歳以上牝馬 距離:1,600m(ダート・左)

マリーンカップは牝馬限定で行われるダートグレード競争。
JRA勢が10連勝するなどJRA組が圧倒的な強さを見せていたレースだが、ここ2年はラーゴブルー、サルサディオーネが勝利しており地方馬の活躍も見られるようになってきた。

マリーンカップ・プレイバック

マリーンカップ2020 サルサディオーネ

2020年のマリーンカップを制したのは『サルサディオーネ(Salsa Dione)』。スタートから先手を奪い、最後まで後続の追撃を封じ込め逃げ切りV。人馬ともにうれしい交流重賞初制覇を果たした。
2着には2馬身差でメモリーコウ、さらに1-1/2馬身差の3着にはスマートフルーレが入った。

マリーンカップ(JpnIII)

1着:サルサディオーネ
2着:メモリーコウ(2馬身)
3着:スマートフルーレ(1-1/2馬身)
4着:ストロングハート(6馬身)
5着:ラビットラン(1-1/2馬身)

勝ちタイム:1.40.1
優勝騎手:矢野 貴之
馬場:重

2020年・マリーンカップの全着順、動画、コメントもチェック!
マリーンカップ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のマリーンカップの着順は1着:サルサディオーネ、2着:メモリーコウ、3着:スマートフルーレとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする