【ニュージーランドトロフィー2024】出走馬・予想オッズ・騎手/マイル王への軌跡

ニュージーランドトロフィー2023 エエヤン

ニュージーランドトロフィーは2024年4月6日に中山競馬場で行われる三歳マイル王への前哨戦。NZTは2024年で第42回を迎え、昨年はエエヤンが勝利した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

マイル王への軌跡

2024年・ニュージーランドトロフィーの出走予定馬をチェック

2024年・ニュージーランドトロフィーの追い切り・コメントをチェック!
ニュージーランドトロフィー2024の追い切り・コメントの記事です。NZTの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走馬・騎手確定(4月4日)

2024年のニュージーランドトロフィーの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

出走馬・騎手確定
  • エイムフォーエース(森泰斗)
  • エコロブルーム(横山武史
  • エンヤラヴフェイス(北村宏司)
  • オーサムストローク(田辺裕信)
  • カズミクラーシュ(菅原明良)
  • キャプテンシー(M.デムーロ)
  • クリーンエア(松岡正海)
  • サトミノキラリ(内田博幸)
  • シャインズオンユー(石川裕紀人)
  • スパークリシャール(浜中俊)
  • デビッドテソーロ(原優介)
  • ドリーミングアップ(吉田豊)
  • ブライトマン(三浦皇成)
  • ボンドガール(武豊
  • ユキノロイヤル(石橋脩)
  • ルージュスエルテ(横山和生)
除外馬
  • クィーンズハット
ニュージーランドトロフィーの注目馬をピックアップ!

2024年・ニュージーランドトロフィーの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ボンドガール(Bond Girl)

ボンドガール・3歳牝馬
父:ダイワメジャー
母:コーステッド
母父:Tizway
主な勝鞍:2023年・2歳新馬
馬名の由来:強く賢く美しい女性たちの呼称

2歳女王最有力候補に挙げられていたが、当週の調教中に放馬し右前肢を打撲して回避。
登録があった桜花賞は抽選が外れたためニュージーランドトロフィーに参戦することが決まった。
万全な走りが見たい。

キャプテンシー(Captaincy)

キャプテンシー・3歳牡馬
父:モーリス
母:アドマイヤリード
母父:ステイゴールド
主な勝鞍:2024年・ジュニアカップ
馬名の由来:統率する能力

逃げるようになってからポンポンと連勝中。
テンションが上がりやすいタイプだが、ポテンシャルは相当なものを持っている。

エコロブルーム(Ecoro Bloom)

エコロブルーム・3歳牡馬
父:ダイワメジャー
母:シュガーショック
母父:Candy Ride
主な勝鞍:2023年・2歳未勝利
馬名の由来:冠名+開花

シンザン記念2着馬。

スパークリシャール(Spark Richard)

スパークリシャール・3歳牡馬
父:スワーヴリチャード
母:スパークオンアイス
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2024年・3歳1勝クラス
馬名の由来:母名の一部+人名より

前走の1勝クラスでは2番手追走から抜け出す危なげない走りで、着差以上の強さを見せてくれた。
マイル戦に限れば2戦2勝と相性良し。

ニュージーランドトロフィー2024の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2024年・ニュージーランドトロフィーの予想オッズはこのように予想しています。
桜花賞除外でこちらに回ってきたボンドガールが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ボンドガール(1.8)
  2. キャプテンシー(4.0)
  3. エコロブルーム(5.5)
  4. ルージュスエルテ(7.5)
  5. カズミクラーシュ(10.0)
  6. スパークリシャール(11.5)
  7. オーサムストローク(15.0)
  8. ブライトマン(26.0)
  9. クリーンエア(36.0)
  10. ユキノロイヤル(42.0)
  11. ドリーミングアップ(48.0)
  12. サトミノキラリ(☆)
  13. デビッドテソーロ(☆)
  14. シャインズオンユー(☆)
  15. エンヤラヴフェイス(☆)
  16. エイムフォーエース(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

ニュージーランドトロフィーの日程・賞金

第42回 ニュージーランドトロフィー(New Zealand Trophy)

ニュージーランドトロフィー2022 ジャングロ

2024年4月6日(土)中山競馬場
格:G2 1着本賞金:5,400万円
年齢:3歳牡馬・牝馬 距離:1,600m(芝・右)

ニュージーランドトロフィーは3着までの馬にNHKマイルカップの優先出走権が付与されるトライアル戦。

NHKマイルカップ
NHKマイルカップは2024年5月5日に東京競馬場で行われる三歳マイル王を決める一戦。NHKマイルCは2024年で第29回を迎え、昨年はシャンパンカラーが制した。NHKマイルカップの出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

ニュージーランドトロフィー・プレイバック

ニュージーランドトロフィー2012 カレンブラックヒル

2012年のニュージーランドトロフィーを制したのは『カレンブラックヒル(Curren Black Hill)』。控える競馬でも折り合いを欠くことなく追走すると、直線では悠々抜け出す横綱相撲で重賞初V。この後NHKマイルカップも制し、無敗で三歳マイル王に輝くこととなる。
2着には2-1/2馬身差でセイクレットレーヴ、さらにハナ差の3着にはブライトラインが入った。

ニュージーランドトロフィー(GII)

1着:カレンブラックヒル
2着:セイクレットレーヴ(2-1/2馬身)
3着:ブライトライン(ハナ)
4着:オリービン(1馬身)
5着:サドンストーム(1/2馬身)

勝ちタイム:1.33.2
勝利騎手:秋山 真一郎
馬場:良

2012年・ニュージーランドトロフィーの全着順、動画、コメントもチェック!
ニュージーランドトロフィー2012の動画・結果です。2012年のニュージーランドトロフィーの結果は1着:カレンブラックヒル、2着:セイクレットレーヴ、3着:ブライトラインとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする