「中山金杯 2017」の動画・結果です。中山金杯の結果は1着:ツクバアズマオー、2着:クラリティスカイ、3着:シャイニープリンス。「ツクバアズマオー」が勝利した2017年の中山金杯の詳しい結果、動画をご覧ください。

中山金杯 2017】動画・結果/ツクバアズマオーがねじ伏せるように差し切る

2017年1月5日(木) | 1回中山1日 | 15:30 発走
第66回 中山金杯(GIII)芝・右 2000m
Nikkan Sports Sho Nakayama Kimpai (G3)

2017年・中山金杯の結果

1着 3 3 ツクバアズマオー 牡6 56.5kg 吉田 豊 2:00.6
2着 2 2 クラリティスカイ 牡5 57.5kg 田辺 裕信 2:00.7 3/4馬身
3着 1 1 シャイニープリンス 牡7 56.5kg 江田 照男 2:01.1 2-1/2馬身
4着 8 12 シャドウパーティー セ8 54.0kg 内田 博幸 2:01.1 ハナ
5着 6 9 カムフィー 牡8 54.0kg 蛯名 正義 2:01.2 クビ
6着 7 11 トミケンスラーヴァ 牡7 51.0kg 長岡 禎仁 2:01.2 クビ
7着 5 6 ダノンメジャー 牡5 55.0kg 小牧 太 2:01.3 3/4馬身
8着 4 5 ロンギングダンサー 牡8 54.0kg 大野 拓弥 2:01.4 3/4馬身
9着 7 10 ストロングタイタン 牡4 54.0kg 川田 将雅 2:01.4 アタマ
10着 5 7 ドレッドノータス 牡4 55.0kg 戸崎 圭太 2:01.5 クビ
11着 4 4 ライズトゥフェイム 牡7 55.0kg 石橋 脩 2:01.5 ハナ
12着 6 8 マイネルフロスト 牡6 57.0kg 松岡 正海 2:01.9 2-1/2馬身
13着 8 13 マイネグレヴィル 牝6 52.0kg 丹内 祐次 2:02.5 3-1/2馬身

中山金杯 2017 勝ち馬:ツクバアズマオー(Tsukuba Azuma O)
父:ステイゴールド 母:ニューグランジ 母父:Giant’s Causeway
馬名の由来:冠名+東の王様

動画はこちら

~レース後のコメント~
1着 ツクバアズマオー(吉田豊騎手)
「スタートにいつも不安のある馬ですが、今日は他の馬と同じくらいに出ました。ただ、位置取りが思っていたよりも後ろになりました。前がとばしていたので、自分のリズムを崩さずに乗りました。外からいい感じで上がっていけました。人気になっていましたし、勝てて良かったです」

(尾形充弘調教師)
「年齢と共に大人になりました。今日のレースは流れも向きましたし、色々な意味で運もありました。この後のことは、まだ何も考えていませんが、いい形でスタートできて良かったです」

2着 クラリティスカイ(田辺裕信騎手)
「思った通りの競馬は出来ました。ただ、展開的に少し厳しくなりました。このハンデで、力のあるところを見せてくれました」

3着 シャイニープリンス(江田照男騎手)
「手応えは良かったですし、良く頑張ってくれたと思います。一生懸命走ってくれる馬ですし、どこかで重賞のタイトルを取らせてあげたいと思うのですが…」

4着 シャドウパーティー(内田博幸騎手)
「力のあるところを見せてくれましたし、頑張りました」

5着 カムフィー(蛯名正義騎手)
「形になりましたし、頑張りました」

関連記事

・ツクバアズマオーは今回の勝利を合わせ、中山競馬場で5勝目を挙げた。

ツクバアズマオー | 競走馬データ – netkeiba

ツクバアズマオーの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

・昨年の中山金杯はヤマカツエースが制しており、その後には有馬記念4着など活躍を見せた。

中山金杯 2016 ヤマカツエース 動画・結果 | 競馬の魅力

「中山金杯 2016」の動画・結果です。中山金杯の結果は1着:ヤマカツエース、2着:マイネルフロスト、3着:フルーキー。「ヤマカツエース」が勝利した2016年の中山金杯の詳しい結果、動画をご覧ください。