2014年の「The GI story【宝塚記念】」のCMです。2014年の宝塚記念のCMには歴代の勝ち馬のヒシミラクルがピックアップされています。宝塚記念は2014年6月29日(日)、阪神競馬場・芝2200mで開催されます。

【宝塚記念 2014】CM 「The GI story・ヒシミラクル編」

2014年 ブランドCM「The GI story・ヒシミラクル編」

「The GI story」JRA 2014 CM【宝塚記念編】

2003年6月29日(日) | 3回阪神4日 | 15:40発走
第44回宝塚記念(GI)
芝・右 2200m

1着 5 10 ヒシミラクル 牡4 角田 晃一 2.12.0
2着 5 9 ツルマルボーイ 牡5 横山 典弘 2.12.0 クビ
3着 8 16 タップダンスシチー 牡6 佐藤 哲三 2.12.2 1-1/2馬身
4着 3 6 ネオユニヴァース 牡3 M.デムーロ 2.12.3 クビ
5着 3 5 シンボリクリスエス 牡4 K.デザーモ 2.12.3 クビ

宝塚記念 2003 勝ち馬:ヒシミラクル
父:サツカーボーイ 母:シュンサクヨシコ 母父:シエイデイハイツ
馬名由来:冠名+奇跡

スポンサーリンク

動画はこちら

レース動画

ヒシミラクルのエピソード「ヒシミラクルおじさん」
ヒシミラクルが競馬というジャンルを超えて一躍有名になったエピソードに、宝塚記念における大口の投票があった。前日発売が行われていた土曜日の11時ごろにウインズ新橋で一人の中年男性が安田記念の的中単勝馬券(130万円×9.4倍)と引き換えにヒシミラクルの単勝を1222万円分購入した。
購入前、9.7倍を示していた単勝オッズは彼の投票によって1.7倍の圧倒的1番人気となり、その後はオッズを下げていくものの前日オッズでは2番人気で、日曜日のスポーツ紙に「ヒシミラクルの単勝に1000万円」の見出しで大きく取り上げられた。ヒシミラクルの単勝オッズは最終的に16.3倍の6番人気に落ち着いたものの、ヒシミラクルがレースに勝利したためその払戻金は1億9918万6000円もの高額となった。馬券を購入した男性には馬名にかけて「ミラクルおじさん」、または払戻金にかけて「2億円おじさん」という通称がついた。さらにその後もワイドショーで取り上げられたり、的中させた男性を装う人物が現れて「配当金をすべて寄付する」とJRAに連絡があったりした。なお的中させた男性が実際に配当金を受け取ったかどうかはJRAも公表していないため定かではない。
ヒシミラクル鞍上の角田晃一騎手もレース前日にこの事実を把握しており、優勝騎手インタビューでは「その(1222万円の)単勝を賭けた人は、僕以上の勝負師ですね」と語っていた。
(wikipediaから引用)