【ニエル賞2022】結果・動画/シムカミルが優勝・ドウデュースは4着

ニエル賞2022 シムカミル

ニエル賞2022の結果・動画です。フランスで行われたニエル賞の着順は1着:Simca Mille(シムカミル)、2着:Lassaut、3着:True Testamentとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2022年のニエル賞はシムカミルが優勝・ドウデュースは4着

ニエル賞(Prix Niel)
2022年9月11日、フランス・パリロンシャン競馬場
芝2400m、G2、7頭

スポンサーリンク

2022年・ニエル賞の動画

関連記事
昨年のニエル賞はバブルギフトが優勝していた。
ニエル賞2021の結果・動画です。フランスで行われたニエル賞の着順は1着:Bubble Gift(バブルギフト)、2着:Baby Rider、3着:Timourとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2022年・ニエル賞の結果

スポンサーリンク

1着:Simca Mille・シムカミル
2着:Lassaut(3/4馬身)
3着:True Testament(1馬身)
4着:Do Deuce・ドウデュース(2馬身)
5着:Aikhal(8馬身)
6着:L’Astronome
7着:Deputy Ruler

勝ちタイム:2.32.81
勝利騎手:Gregory Benoist
馬場:Soft

関連記事
G1・凱旋門賞をにぎわす馬は?
凱旋門賞は2022年10月2日にフランス・パリロンシャン競馬場で行われるヨーロッパの芝・最強馬決定戦。凱旋門賞は2022年で第101回を迎え、昨年はトルカータータッソが制した。出走予定馬・オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

4着 ドウデュース(武豊騎手)
「結果はちょっと残念でしたが、ダービー以来ですし、何がなんでも勝たなければいけない仕上げではもちろんなかったので、最後に脚が上がるような形でバテてしまったのはこの馬自身初めてで、まだ全力を出せる状態ではなかったのかなと思います。体重計はないですけど、若干重めに感じたのも、そういう計算なのかなと。もちろん次は状態も上がってくるでしょうし、逆算しての調整なので、残念ですけど今日は仕方がないし、失望するようなこともないです。ほぼ右手前で走ってたところがあって、そういうところも今日はチェックできました。馬場は多少ボコボコしてて若干は気にしていましたけど、むちゃくちゃ悪い馬場でもなかったです。この経験を生かして次につなげたいです」

(友道康夫調教師)
「結構、下(馬場)を気にしているようなところもあった。勝つことはできなかったけど、凱旋門賞に向けていい経験はできた」

勝ち馬プロフィール

ニエル賞2022 シムカミル

勝ち馬:シムカミル(Simca Mille)
父:Tamayuz 母:Swertia 母父:Pivotal

関連記事
日本から参戦したドウデュースは2022年の日本ダービー馬
日本ダービー2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の日本ダービーの着順は1着:ドウデュース、2着:イクイノックス、3着:アスクビクターモアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。