【中山金杯2022】出走予定馬・予想オッズ・騎手/ここから一年が始まる

中山金杯2021 ヒシイグアス

中山金杯は2022年1月5日に中山競馬場で行われる年初めの注目の一戦。中山金杯は2022年で第71回を迎え、ハンデ戦で行われる。昨年はヒシイグアスが優勝した。中山金杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

ここから競馬の一年が始まる
スポンサーリンク

2022年・中山金杯の出走予定馬をチェック

中山金杯の枠順決定!(1月4日)

中山金杯2022 枠順

2022年・中山金杯の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではヒートオンビートが2枠4番、トーセンスーリヤは4枠7番、ヴィクティファルスは3枠6番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

中山金杯2022・出走馬の調教後の馬体重(1月3日)

中山金杯2022 調教後の馬体重

2022年1月3日にJRAより発表された中山金杯に出走する馬の調教後に計測された馬体重一覧です。

輸送などでこの馬体重からさらに増減があることが予想されます。
当日の馬体重もしっかりチェックしてください。

2022年・中山金杯の追い切り・コメントをチェック!
中山金杯2022の追い切り・コメントの記事です。中山金杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(1月3日)

2022年の中山金杯の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは17頭となっています。

賞金上位馬
  • アドマイヤアルバ(吉田豊)
  • アトミックフォース(戸崎圭太)
  • アールスター(長岡禎仁)
  • ヴィクティファルス(池添謙一)
  • ウインイクシード(松岡正海)
  • オウケンムーン(菅原明良)
  • コスモカレンドゥラ(柴田大知)
  • サトノクロニクル(内田博幸)
  • ジェットモーション(田辺裕信)
  • シャムロックヒル(団野大成)
  • スカーフェイス(石橋脩)
  • タガノディアマンテ(津村明秀)
  • トーセンスーリヤ(横山和生)
  • ヒートオンビート(横山武史)
  • ブレステイキング(丸山元気)
  • レインボーフラッグ(斎藤新)
  • ロザムール(北村宏司)
非抽選馬
  • マイネルフラップ(未定)
回避馬
  • ステラヴェローチェ(未定)
  • ヒンドゥタイムズ(M.デムーロ)
中山金杯・注目馬ピックアップ

2022年・中山金杯の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ヒートオンビート(Heat on Beat)

ヒートオンビート・5歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:マルセリーナ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2021年・美濃ステークス
馬名の由来:リズムに乗って

重賞では目黒記念とチャレンジカップで2着の経験あり。
今度こそリズムに乗ってタイトルゲットだ。

ヴィクティファルス(Victipharus)

ヴィクティファルス・4歳牡馬
父:ハーツクライ
母:ヴィルジニア
母父:Galileo
主な勝鞍:2021年・スプリングステークス
馬名の由来:ガリレオ衛星に付けられた名前。母父名より連想

スプリングステークス勝ち馬。
クラシック路線では結果が出なかったがG3戦なら。

トーセンスーリヤ(Tosen Surya)

トーセンスーリヤ・7歳牡馬
父:ローエングリン
母:トーセンガラシャ
母父:デュランダル
主な勝鞍:2021年・函館記念
馬名の由来:冠名+インド神話の太陽神

2021年は函館記念を制し、新潟記念2着など充実したシーズンを過ごした。
2勝を挙げている中山コースで3つ目の重賞タイトルを狙う。

シャムロックヒル(Shamrock Hill)

シャムロックヒル・5歳牝馬
父:キズナ
母:ララア
母父:Tapit
主な勝鞍:2021年・マーメイドステークス
馬名の由来:クローバーの丘(母名はアイルランドの村でクローバーは国花)

マーメイドステークスでは50kgの軽量を生かし逃げ切りV。
忘れたころに激走再び。

ウインイクシード(Win Exceed)

ウインイクシード・8歳牡馬
父:マンハッタンカフェ
母:イクスキューズ
母父: ボストンハーバー
主な勝鞍:2019年・ワールドオールスタージョッキーズ第2戦
馬名の由来:冠名+限界を超える

2019年の2着馬で昨年は3着。
その後、中山記念でも3着に入るなど中山コースは走る。

ロザムール(Rose Amour)

ロザムール・6歳牝馬
父:ローズキングダム
母:グレートテン
母父:Caerleon
主な勝鞍:2020年・常総ステークス
馬名の由来:愛のバラ(仏)

中山牝馬ステークスや七夕賞で2着の実績あり。
昨年の中山金杯でも14番人気ながら4着に入って見せた。

スカーフェイス(Scar Face)

スカーフェイス・6歳牡馬
父:ハーツクライ
母:スプリングサンダー
母父:クロフネ
主な勝鞍:2021年・岸和田ステークス
馬名の由来:顔に傷のある

レッドガラン(Red Galant)

レッドガラン・7歳牡馬
父:ロードカナロア
母:ダンスオンザルーフ
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2020年・大阪城ステークス
馬名の由来:冠名+優雅に(音楽用語)。優雅にターフを舞う。母名より連想

大崩れがないタイプ。

スポンサーリンク

主な回避馬

ステラヴェローチェ(Stella Veloce)

ステラヴェローチェ・4歳牡馬
父:バゴ
母:オーマイベイビー
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2021年・神戸新聞杯
馬名の由来:星(伊)+速い(伊)

登録のあった中山金杯を回避し、日経新春杯に向かう。

中山金杯2022の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2022年・中山金杯の予想オッズはこのように予想しています。
重賞で2度の2着があるヒートオンビートが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ヒートオンビート(3.0)
  2. トーセンスーリヤ(5.5)
  3. ヴィクティファルス(6.5)
  4. ウインイクシード(14.0)
  5. ロザムール(20.0)
  6. シャムロックヒル(26.0)
  7. タガノディアマンテ(46.5)
  8. レッドガラン(☆)
  9. スカーフェイス(☆)
  10. アールスター(☆)
  11. ジェットモーション(☆)
  12. ブレステイキング(☆)
  13. アトミックフォース(☆)
  14. オウケンムーン(☆)
  15. サトノクロニクル(☆)
  16. コスモカレンドゥラ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

中山金杯の日程・賞金

第71回 中山金杯(Nakayama Kimpai)

中山金杯2020 トリオンフ

2022年1月5日(水)中山競馬場
格:G3 1着賞金:4,100万円
年齢:4歳以上 距離:2,000m(芝・右)

同日には中京競馬場で京都金杯が開催される。
京都金杯は2022年1月5日に中京競馬場で行われる関西新年一発目のマイル重賞。京都金杯は2022年で第60回を迎え、昨年はケイデンスコールが優勝した。京都金杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

中山金杯・プレイバック

中山金杯2019 ウインブライト

2019年の中山金杯を制したのは『ウインブライト(Win Bright)』。トップハンデをものともせず鮮やかに差し切り、重賞4勝目を飾った。その後、香港でG1を2勝するなど個性的な活躍を見せファンを驚かせることとなる。
2着には1/2馬身差でステイフーリッシュ、さらにクビ差の3着にはタニノフランケルが入った。

中山金杯(GIII)

1着:ウインブライト
2着:ステイフーリッシュ(1/2馬身)
3着:タニノフランケル(クビ)
4着:アドマイヤリード(ハナ)
5着:タイムフライヤー(クビ)

勝ちタイム:1.59.2
優勝騎手:松岡 正海
馬場:良

2019年・中山金杯の全着順、動画、コメントもチェック!
中山金杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の中山金杯の着順は1着:ウインブライト、2着:ステイフーリッシュ、3着:タニノフランケルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする