【名古屋グランプリ2022】結果・動画/ペイシャエスがハナ差の接戦を制す

名古屋グランプリ2022 ペイシャエス

名古屋グランプリ2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の名古屋GPの着順は1着:ペイシャエス、2着:ヴァンヤール、3着:ラーゴムとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年の名古屋グランプリはペイシャエスがハナ差の接戦を制す

2022年12月8日(木) | 名古屋 | 15:45 発走
第22回 名古屋グランプリ(JpnII)ダート・右 2100m
Nagoya Grand Prix (Jpn2)

スポンサーリンク

2022年・名古屋グランプリの動画

関連記事
昨年の名古屋グランプリはヴェルテックスが制していた。
名古屋グランプリ2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の名古屋GPの着順は1着:ヴェルテックス、2着:ケイアイパープル、3着:ダンビュライトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・名古屋グランプリの結果

スポンサーリンク

1着:ペイシャエス
2着:ヴァンヤール(ハナ)
3着:ラーゴム(3馬身)
4着:ケイアイパープル(5馬身)
5着:クリンチャー(3馬身)
6着:タニノタビト
7着:セイカメテオポリス
8着:ナムラアラシ
9着:タカジョー
10着:シンコーマーチャン
11着:ウインハイラント
12着:アンタンスルフレ

勝ちタイム:2:15.1
優勝騎手:菅原 明良
馬場:良

関連記事
G1・東京大賞典をにぎわす馬は?
東京大賞典は2022年12月29日に大井競馬場で行われるダートレースの総決算の一戦。東京大賞典は2022年で第68回を迎え、昨年はオメガパフュームが制した。東京大賞典の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

1着 ペイシャエス(菅原明良騎手)
「前にいた馬(ヴァンヤール)がすごく手応えが良くて、マークしていたんですけど、直線向くまで(相手は)持ったままで、こっちは手応えが怪しく促しながらの競馬でしたけど、何とかかわしてくれればいいなと思って乗っていました。勝つことができなくて、悔しい思いをさせていたので、勝つことができてうれしく思います。(名古屋競馬場は)施設がきれいで競馬場は乗りやすくて、ペイシャエスは初めての競馬場で砂が深かったのでどういう走りができるかなと思ったんですけど、勝ててよかったです。外枠だったので、いい位置取れるなと、思っていたので、前めでいつものように運べればと思っていました。最後はかわせたかな、と思った。(ペイシャエスは)これからも成長していけると思いますし、G1の舞台でもいい成績を残せるように、僕自身も精進していきたいと思います」

勝ち馬プロフィール

名古屋グランプリ2022 ペイシャエス

ペイシャエス(Peisha Es)牡3/栗毛 小西 一男 (美浦)
父:エスポワールシチー 母:リサプシュケ 母父:ワイルドラッシュ
馬名の由来:冠名+父名より

関連記事
ペイシャエスは前走のJBCクラシックで3着と健闘していた
JBCクラシック2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のJBCクラシックの着順は1着:テーオーケインズ、2着:クラウンプライド、3着:ペイシャエスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。