【小倉記念2019】結果・動画/メールドグラースが差し切り重賞三連勝

小倉記念2019 メールドグラース

小倉記念2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の小倉記念の着順は1着:メールドグラース、2着:カデナ、3着:ノーブルマーズとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

トップハンデも何のその!2019年の小倉記念はメールドグラースが差し切り重賞三連勝

2019年8月4日(日) | 2回小倉4日 | 15:35 発走
第55回 小倉記念(GIII)芝・右 2000m
Kokura Kinen (G3)

スポンサーリンク

2019年・小倉記念の動画

関連記事
昨年の小倉記念はトリオンフが制していた。

2019年・小倉記念の結果

1着:メールドグラース
2着:カデナ(クビ)
3着:ノーブルマーズ(3/4馬身)
4着:タニノフランケル(ハナ)
5着:クリノヤマトノオー(1/2馬身)
6着:アウトライアーズ
7着:アイスバブル
8着:レトロロック
9着:シャイニービーム
10着:カフェブリッツ
11着:アイスストーム
12着:アドマイヤアルバ
13着:ストロングタイタン

勝ちタイム:1.58.8
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

レース後のコメント

1着 メールドグラース(川田将雅騎手)
「ゲートを出る直前に変な格好をして、いいスタートが切れませんでしたが、道中は人気馬を見る形でスムーズに進めることができました。(勝負どころで)馬群が密集していたので大外しか行くところがなく、そこに進路をとりました。ここまで4連勝して馬が自信を持っている感じで、楽ではありませんでしたが、能力で勝ち切ってくれたレースだったと思います」

2着 カデナ(北村友一騎手)
「以前に乗ったときよりすごくよくなっていました。1、2コーナーを楽に回れましたし、ためればためるだけ切れるという感じでした」

(中竹和也調教師)
「惜しかった。直線でスッと前があいていれば…と思うけど、そこは差し馬の宿命」

3着 ノーブルマーズ(高倉稜騎手)
「メールドグラースの末脚がすごいことは分かっていたので、ちょっとでも前で流れに乗って、と思っていた。うまく3番手で運べたし、この馬もしっかり脚は使っている。直線で少し気を抜いたけど、久々にいい形で運べました」

4着 タニノフランケル(松若風馬騎手)
「逃げる形が理想ですが、自分から動ける位置で運べました。手応えの割にはよく頑張っていると思います」

5着 クリノヤマトノオー(和田竜二騎手)
「手応えの割には、はじけてくれなかった。レースぶりは悪くなかったんだけどね」

6着 アウトライアーズ(丸田恭介騎手)
「馬の調子はよかったですが、下手に乗ってしまいました」

7着 アイスバブル(福永祐一騎手)
「エンジンのかかりが遅いと聞いていたので、4コーナーで外へ出し、促していったんだけどねえ。直線はついていけませんでした」

8着 レトロロック(松山弘平騎手)
「ペースが落ち着いてしまって、窮屈な競馬に。もう少し流れてほしかったです」

9着 シャイニービーム(西村淳也騎手)
「重賞でしたが、最後までじわじわと伸びてくれました」

10着 カフェブリッツ(藤井勘一郎騎手)
「勝ち馬からそう大きく離されていません。距離はもう少しあってもよさそうな感じでした」

11着 アイスストーム(武豊騎手)
「ポジションはすごくいいところで、流れも悪くなかった。それなのに4コーナーで一気に手応えがなくなってしまった。ここ2回ほど走れなかった」

12着 アドマイヤアルバ(幸英明騎手)
「外を回るロスの多い競馬に。うまく立ち回れませんでした」

13着 ストロングタイタン(浜中俊騎手)
「スタートはよく、いいペースでしたが、急に止まってしまいました」

勝ち馬プロフィール

小倉記念2019 メールドグラース

メールドグラース(Mer de Glace)牡4/黒鹿毛 清水 久詞(栗東)
父:ルーラーシップ 母:グレイシアブルー 母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:フランスのメール・ド・グラース氷河より。母名より連想

関連記事
メールドグラースは新潟大賞典、鳴尾記念に続き重賞三連勝となった。

新潟大賞典2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の新潟大賞典の着順は1着:メールドグラース、2着:ミッキースワロー、3着:ロシュフォールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
鳴尾記念2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の鳴尾記念の着順は1着:メールドグラース、2着:ブラックスピネル、3着:ステイフーリッシュとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。