【白山大賞典2022】結果・動画/ケイアイパープルが早め先頭から押し切る

白山大賞典2022 ケイアイパープル

白山大賞典2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の白山大賞典の着順は1着:ケイアイパープル、2着:ラーゴム、3着:カフジオクタゴンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年の白山大賞典はケイアイパープルが早め先頭から押し切る

2022年10月4日(火) | 金沢 | 16:10発走
第42回 白山大賞典(JpnIII)ダート・右 2100m
Hakusan Daishoten(Jpn3)

スポンサーリンク

2022年・白山大賞典の動画

関連記事
昨年の白山大賞典はメイショウカズサが制していた。
白山大賞典2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の白山大賞典の着順は1着:メイショウカズサ、2着:ミューチャリー、3着:スワーヴアラミスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・白山大賞典の結果

スポンサーリンク

1着:ケイアイパープル
2着:ラーゴム(2-1/2馬身)
3着:カフジオクタゴン(アタマ)
4着:セイカメテオポリス(2-1/2馬身)
5着:ブリッツファング(1-1/2馬身)
6着:メイショウカズサ
7着:ミスティネイル
8着:ネオアマゾネス
9着:トウショウデュエル
10着:マイネルヘルツアス
11着:ハクサンアマゾネス
12着:ナラ

勝ちタイム:2:13.1
優勝騎手:藤岡 康太
馬場:良

関連記事
Jpn1・JBCクラシックをにぎわす馬は?
JBCクラシックは2022年11月3日に盛岡競馬場で行われる秋の中距離ダートG1戦。JBCクラシックは2022年で第22回を迎え、昨年はミューチャリーが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

1着 ケイアイパープル(藤岡康太騎手)
「スタートの初速があまりつかない馬ですが、揉まれない競馬がしたいと思っていました。外に誘導することが出来て、良い形だと思いました。早めからそういう形になりましたが、いつも手応え以上に最後まで頑張ってくれる馬なので、早めの競馬を意識して動いていきました。しっかりと最後まで伸びてくれました。追い切りから具合の良さを感じていて、期待通りの走りをしてくれました。一戦ごとに力をつけていて、(今後が)楽しみです。中央の多頭数で密集した競馬よりも、地方の馬群がバラける競馬が理想ですね。(前回は急遽騎乗できなくなったものの)今回、また騎乗依頼をいただいて、結果で応えることができて良かったです。多くのファンの皆様に応援していただき、ありがとうございます。今後もケイアイパープルの応援、よろしくお願い致します」

(村山明調教師)
「騎手は癖をわかっていて、1コーナーのあたりでも遅れないように、3コーナーでメイショウカズサが動いても遅れないようにしてくれました。差してくる馬がどうかと思いましたが、追い上げる方も大変そうでしたからね。オープン馬同士で揉まれて強くなりましたね。このあとは(新装の名古屋2100mで行われる)名古屋グランプリへ向かい、来年は佐賀記念から名古屋大賞典を考えています」

3着 ラーゴム(鮫島克駿騎手)
「コーナーでズブさを見せる馬で、気をつけていたんですが、置かれ気味になりました。展開がバラけてからは伸びてきてくれました。しぶとく最後まで頑張っていると思います」

4着 セイカメテオポリス(本田正重騎手)
「半馬身くらいの出負けになりました。砂が違うせいか、キックバックを嫌がったのは想定外でした。普通に走れていればよかったんですが……」

5着 ブリッツファング(池添謙一騎手)
「今後を考えて砂を被せてもいいかと思ったんですが、想像以上に砂を嫌がりました。(1周目の)正面で肩ムチ、その後の向こう正面からはムチを入れる形になりましたからね。内が重いのはわかっていましたが、勝負どころでは距離ロスを避けて内に行くしかなくなりました。初めて揉まれる競馬をして、揉まれ弱さを見せましたが、この経験が次に生きればと思います」

勝ち馬プロフィール

白山大賞典2022 ケイアイパープル

ケイアイパープル(Keiai Purple)牡6/鹿毛 村山 明(栗東)
父:パイロ 母:アルヴェナ 母父:Seeking the Gold
馬名の由来:冠名+色名

関連記事
ケイアイパープルにとって今回の重賞勝利は2022年の佐賀記念以来2勝目
佐賀記念2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の佐賀記念の着順は1着:ケイアイパープル、2着:アメリカンフェイス、3着:メイショウカズサとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。