【中京記念2024】出走予定馬・騎手/今年は小倉芝1800m戦

中京記念2023 セルバーグ

中京記念2024の出走予定馬・騎手の情報です。中京記念は2024年7月21日に小倉競馬場で行われる中距離G3戦。2024年で第72回を迎え、昨年はセルバーグが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

今年は小倉芝1800m戦

2024年7月21日(日) | 3回小倉8日 | 15:35 発走
第72回 中京記念(GIII)芝・右 1800m
Chukyo Kinen (G3)

2024年・中京記念の出走予定馬たち

出走予定馬(7月12日)

小倉大賞典2024 エピファニー

2024年の中京記念の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。

  • アスクワイルドモア(小沢大仁)
  • アナゴサン(松若風馬)
  • アルナシーム(横山典弘)
  • エスコーラ(坂井瑠星)
  • エピファニー(杉原誠人)
  • エルトンバローズ(西村淳也)
  • カテドラル(幸英明)
  • セオ(岩田康誠)
  • セルバーグ(和田竜二)
  • ソレイユヴィータ(未定)
  • タガノパッション(M.デムーロ)
  • テーオーシリウス(西塚洸二)
  • ニホンピロキーフ(田口貫太)
  • ボーデン(団野大成)
  • ロングラン(松山弘平)
  • ワールドリバイバル(小牧太)
関連記事
武豊騎手はこの週は札幌競馬場で騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(7/13・7/14)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
スポンサーリンク

出走予定馬・ピックアップ

ラジオNIKKEI賞2023 エルトンバローズ

小倉競馬場で行われるG3「中京記念」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

エルトンバローズ(Elton Barows)

エルトンバローズ・4歳牡馬
父:ディープブリランテ
母:ショウナンカラット
母父:ブライアンズタイム
主な勝鞍:2023年・毎日王冠
馬名の由来:人名より+冠名

昨年の毎日王冠以降勝利から遠ざかっているが、強豪に揉まれた経験は大きな財産。
G3戦で再浮上のきっかけをつかめ。

セオ(Theo)

セオ・4歳牡馬
父:スピルバーグ
母:ルーラ
母父:Oasis Dream
主な勝鞍:2024年・都大路ステークス
馬名の由来:男子名。父名からの連想

3勝クラスの立雲峡ステークス、リステッドクラスの都大路ステークスを連勝中。
先行力があり、初めてとなる小倉コースでもうまく立ち回れそう。

セルバーグ(Selberg)

セルバーグ・5歳牡馬
父:エピファネイア
母:エナチャン
母父:キンシャサノキセキ
主な勝鞍:2023年・中京記念
馬名の由来:人名より

昨年は中京芝1600m戦の中京記念を逃げきって重賞初制覇を果たした。
小倉芝1800m戦は今年の小倉大賞典で3着に入っており克服可能な条件。
2012年、2013年を勝利したフラガラッハ以来の連覇を狙う。

エピファニー(Epiphany)

エピファニー・5歳牡馬
父:エピファネイア
母:ルールブリタニア
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2024年・小倉大賞典
馬名の由来:公現祭。父名より連想

中京記念と同条件(小倉芝1800m)で開催された今年の小倉大賞典覇者。
小回りコースの上手さは証明済みなだけに、流れが向くことを祈りたい。

他にも…

中京記念にはマイラーズカップで3着だったニホンピロキーフや小倉大賞典2着のロングラン、エプソムカップ5着のアルナシームなども出走を予定しています。

中京記念は2024年7月21日(日)の15時35分発走予定です。

中京記念2024の日程・賞金

スポンサーリンク
中京記念

中京記念2022 ベレヌス

日程・発走予定時刻
2024年7月21日(日)15時35分発走予定

場所・距離
小倉競馬場・芝・1800m


G3

1着賞金
4,100万円

スポンサーリンク

中京記念・プレイバック

中京記念2023 セルバーグ

2023年・中京記念(GIII)

1着:セルバーグ
2着:ディヴィーナ(1-1/2馬身)
3着:ルージュスティリア(1-1/2馬身)
4着:ウイングレイテスト(ハナ)
5着:サブライムアンセム(1馬身)

勝ちタイム:1:33.0
優勝騎手:松山 弘平
馬場:良

動画・全着順をチェック!
中京記念2023の結果・動画をまとめた記事です。2023年の中京記念の着順は1着:セルバーグ、2着:ディヴィーナ、3着:ルージュスティリアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

レース後のコメント
1着 セルバーグ(松山弘平騎手)
「いい枠を引けましたし、馬場も結構悪くなっていたので、長くしぶとく脚を使う、持続力のあるセルバーグには向いていました。最後まで強い競馬をしてくれました。馬場や枠、展開など、すべてがいい方に向いてくれました。これからもやってくれる馬だと思います」

関連記事
今後も注目のレースが続く!
アイビスサマーダッシュは2024年7月28日に新潟競馬場の直線コースで行われる1000m戦。アイビスサマーダッシュは2024年で第24回を迎え、昨年はオールアットワンスが優勝した。アイビスSDの出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
札幌記念は2024年8月18日に札幌競馬場で行われる夏のビッグレース。札幌記念は2024年で第60回を迎え、昨年はプログノーシスが制した。札幌記念の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。