【カペラステークス2018】出走予定馬・予想オッズ/砂の上で速さを競う

スポンサーリンク

カペラステークス 2017 ディオスコリダー

カペラステークス2018出走予定馬・予想オッズの情報です。カペラSには22頭が出走登録を済ませています。出走予定馬にはキタサンミカヅキやコパノキッキングなどが名を連ねています。ダートでの電撃戦を制すのは。

カペラステークス/砂の上で速さを競う

2018年12月9日(日) | 5回中山4日 | 15:20 発走
第11回 カペラステークス(GIII)ダート・右 1200m
Capella Stakes (G3)

スポンサーリンク

カペラステークス・出走予定馬

2018年のカペラステークスに22頭が登録を済ませております。
フルゲートは16頭となっています。

地方馬
  • キタサンミカヅキ(森泰斗)58.0kg
賞金上位馬
  • ネロ(瀧川寿希也)56.0kg
  • ウインムート(松山弘平)56.0kg
  • キングズガード(内田博幸)56.0kg
  • オールドベイリー(中井裕二)56.0kg
  • コパノキッキング(柴田大知)55.0kg
  • ノボバカラ(勝浦正樹)56.0kg
  • オウケンビリーヴ(三浦皇成)55.0kg
  • ナンチンノン(国分恭介)56.0kg
  • サイタスリーレッド(津村明秀)56.0kg
  • タテヤマ(大野拓弥)56.0kg
  • ダノングッド(田中勝春)56.0kg
  • ハットラブ(横山典弘)54.0kg
  • ブラゾンドゥリス(藤田菜七子)56.0kg
  • ヴェンジェンス(石川裕紀人)56.0kg
  • ヒカリブランデー(江田照男)56.0kg
除外対象馬
  • ニットウスバル(未定)56.0kg
  • ワンダーリーデル(未定)56.0kg
  • コウエイエンブレム(未定)56.0kg
  • プロトコル(柴田善臣)56.0kg
  • ハヤブサマカオー(未定)55.0kg
  • クイーンズテソーロ(木幡巧也)53.0kg

出走予定馬・ピックアップ

中山競馬場で行われるダートG3「カペラステークス」。
今年は22頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

コパノキッキング(Copano Kicking)

コパノキッキング

コパノキッキング・3歳せん馬
7戦5勝 [5-1-0-1]
父:Spring At Last
母:Celadon
母父:ゴールドヘイロー
馬名の由来:冠名+キックする
前走:オータムリーフステークス・1着(1番人気)
(鞍上予定:柴田大知)

連勝の勢いは本物「コパノキッキング」

これまで7戦5勝・2着1回と好成績を残してきたコパノキッキング。
逃げても差しても勝っており、自分のペースで競馬がしやすいタイプといえる。

気になるのは直線の坂がある中山コースでのレースという点だ。
コパノキッキングにとって初の中山コースであり、これまで敗れた2戦はいずれも坂がある阪神コースだった。

苦手を克服した先には栄光が待ち受ける。
ライバルを蹴飛ばして一気に重賞制覇を目指す。

キタサンミカヅキ(Kitasan Mikazuki)

東京盃 2018 キタサンミカヅキ

キタサンミカヅキ・8歳牡馬
53戦11勝 [11-11-11-20]
父:キングヘイロー
母:キタサンジュエリー
母父:サクラバクシンオー
馬名の由来:冠名+三日月
前走:JBCスプリント・3着(5番人気)
(鞍上予定:森泰斗)

実績はメンバー随一「キタサンミカヅキ」

今年の東京盃を制し、JBCスプリントでも3着に入るなどダート短距離界でトップクラスの成績を残している。
8歳になった今年は特に充実した成績を残しており、【3-3-2-0】と馬券圏内を外していない。

他馬より重い58kgではあるが、戦ってきた相手を考えれば負けられない一戦となるだろう。

ピックアップレース
オールドベイリー(Old Bailey)

オールドベイリー

オールドベイリー・4歳牡馬
13戦6勝 [6-0-2-5]
父:To Honor and Serve
母:Passion Du Coeur
母父:Distorted Humor
馬名の由来:英国の中央刑事裁判所の名称
前走:室町ステークス・1着(2番人気)
(鞍上予定:中井裕二)

充実一途「オールドベイリー」

今年はダートの1200m戦で4勝を挙げるなど、とんとん拍子で出世してきた。
前走も力強い末脚でライバルを差し切り初のオープン特別戦勝利を収めた。

中山コースが合いそうな感じも評価したい。
さらなる飛躍のためにも結果が欲しいところ。

ブラゾンドゥリス(Blason de Lis)

ブラゾンドゥリス

ブラゾンドゥリス・6歳牡馬
30戦7勝 [7-7-3-13]
父:ノボジャック
母:ブライアンズソノ
母父:マヤノトップガン
馬名の由来:ユリの紋章(仏)。母母母名ロジータより連想
前走:霜月ステークス・14着(8番人気)
(鞍上予定:藤田菜七子)

鞍上に初重賞を「ブラゾンドゥリス」

2017年に交流重賞の黒船賞を制し、かしわ記念でも5着に入った経験があるブラゾンドゥリス。
近走は不振にあえいでいるが、今回は初コンビを組む藤田菜七子騎手が跨ることが発表されており注目が集まりそう。

通算51勝を挙げ、経験が伴ってきた藤田騎手がどんな競馬をするか注目したい。

ピックアップレース

他にも条件戦を連勝してきた「タテヤマ」や短距離重賞の常連「キングズガード」、芝ダートの二刀流「ネロ」も出走を予定しています。

カペラステークスは2018年12月9日(日)の15時20分発走予定です。

予想オッズ

2018年・カペラステークスの予想オッズは下記に予想しています。
三歳馬のコパノキッキングが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. コパノキッキング(2.5)
  2. キタサンミカヅキ(3.5)
  3. オールドベイリー(5.5)
  4. ネロ(8.0)
  5. タテヤマ(10.0)
  6. キングズガード(13.0)
  7. ハットラブ(16.0)
  8. ブラゾンドゥリス(25.0)
  9. ダノングッド(27.0)
  10. サイタスリーレッド(35.0)
  11. オウケンビリーヴ(40.0)
  12. ウインムート(45.0)
  13. ノボバカラ(☆)
  14. ヴェンジェンス(☆)
  15. ナンチンノン(☆)
  16. ヒカリブランデー(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

日程・賞金

カペラステークス 2016 ノボバカラ

カペラステークス

日程・発走予定時刻
2018年12月9日(日)15時20分発走予定

場所・距離
中山競馬場・ダート・1200m


G3

1着賞金
3,600万円

プレイバック

2017年12月10日(日)カペラステークス(GIII)

1着:ディオスコリダー
2着:スノードラゴン(1/2馬身)
3着:ブルドッグボス(1-1/4馬身)
4着:ドラゴンゲート(1-1/4馬身)
5着:ニットウスバル(クビ)

勝ちタイム:1.11.0
優勝騎手:津村 明秀
馬場:良

2017年・カペラステークス

カペラステークス 2017 ディオスコリダー

【カペラステークス 2017】動画・結果/ディオスコリダーが重賞初制覇

「カペラステークス 2017」の動画・結果です。カペラステークスの結果は1着:ディオスコリダー、2着:スノードラゴン、3着:ブルドッグボス。「ディオスコリダー」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

レース後のコメント
1着 ディオスコリダー(津村明秀騎手)
「初めて騎乗しましたが、力があると思っていたので強気に行けました。大外枠でも外にふられないよう、ベストポジションをとれました。手応えがあり、自分で動く形。3歳馬で古馬をたおしたのですから力があります。まだまだ強くなります」

コメント