【高松宮記念2020】出走予定馬・予想オッズ・賞金/春の最速王が決まる

【高松宮記念2020】出走予定馬・予想オッズ・賞金/春の最速王が決まる

高松宮記念2019 ミスターメロディ

高松宮記念は2020年3月29日に中京競馬場で行われる春のG1戦の始まりを告げる戦い。2020年で第50回を迎え、スピード自慢が集結する。昨年はミスターメロディが制した。高松宮記念の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。

尾張の地で春の最速王が決まる
スポンサーリンク

2020年・高松宮記念の結果は!?

高松宮記念2020 モズスーパーフレア

2020年の高松宮記念を制したのは『モズスーパーフレア(Mozu Superflare)』。ゴール前の大接戦を制し人馬共にG1初制覇を果たした。
2着にはハナ差でグランアレグリア、さらにアタマ差の3着にはダイアトニックが入った。
1着入線だったクリノガウディーが直線で内側に斜行し他馬の走行を妨害したため4着に降着となった。

高松宮記念(GI)

1着:モズスーパーフレア
2着:グランアレグリア(ハナ)
3着:ダイアトニック(アタマ)
4着:クリノガウディー(1着降着)
5着:シヴァージ(2馬身)

勝ちタイム:1.08.7
優勝騎手:松若 風馬
馬場:重

2020年・高松宮記念の全着順、コメントもチェック!
高松宮記念2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の高松宮記念の着順は1着:モズスーパーフレア、2着:グランアレグリア、3着:ダイアトニックとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・高松宮記念の出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
高松宮記念の枠順決定!(3月27日)

高松宮記念2020 枠順

2020年・高松宮記念の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではタワーオブロンドンが5枠9番、グランアレグリアは4枠8番、ダノンスマッシュは3枠6番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

高松宮記念の前日最終オッズは?!(3月28日)

高松宮記念2020 前日最終オッズ

3月28日にJRAから発表された高松宮記念の前日最終オッズです。
1番人気はグランアレグリアで3.7倍、2番人気はダノンスマッシュが4.0倍、3番人気にはタワーオブロンドンが5.5倍で続いています。
馬券に絡むのは人気馬か、穴馬か。
あなたの決断は?

高松宮記念2020・出走馬の調教後の馬体重(3月26日)

高松宮記念2020 調教後の馬体重

2020年3月26日にJRAより高松宮記念出走馬の調教後における馬体重が発表されました。

輸送などでこの馬体重からさらに増減があることが予想されます。
当日の馬体重もしっかりチェックしてください。

2020年・高松宮記念の追い切り・コメントをチェック!
高松宮記念2020の追い切り・コメントの記事です。高松宮記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(3月26日)

2020年・高松宮記念の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

  • アイラブテーラー(武豊
  • アウィルアウェイ(松山弘平)
  • グランアレグリア(池添謙一)
  • クリノガウディー(和田竜二)
  • グルーヴィット(岩田康誠)
  • シヴァージ(藤岡佑介)
  • ステルヴィオ(丸山元気)
  • セイウンコウセイ(幸英明)
  • ダイアトニック(北村友一)
  • ダイメイプリンセス(秋山真一郎)
  • ダノンスマッシュ(川田将雅)
  • タワーオブロンドン(福永祐一)
  • ティーハーフ(国分優作)
  • ナックビーナス(田辺裕信)
  • ノームコア(横山典弘)
  • モズアスコット(M.デムーロ)
  • モズスーパーフレア(松若風馬)
  • ラブカンプー(酒井学)
回避馬&除外馬
  • キングハート(菱田裕二)
  • ゴールドクイーン(未定)
  • ソウルスターリング(未定)
  • ナインテイルズ(野中悠太郎)
  • ナランフレグ(丸田恭介)
  • ミスターメロディ(未定)
  • ライトオンキュー(未定)
高松宮記念・注目馬ピックアップ

2020年・高松宮記念の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

タワーオブロンドン(Tower of London)

スプリンターズステークス2019 タワーオブロンドン

タワーオブロンドン・5歳牡馬
父:Raven’s Pass
母:スノーパイン
母父:Dalakhani
主な勝鞍:2019年・スプリンターズステークス
馬名の由来:ロンドン塔

昨年秋のスプリント王者。
今年の短距離界の主役候補筆頭だ。
鞍上にはドバイ遠征を取りやめた福永騎手が予定されている。

グランアレグリア(Gran Alegria)

グランアレグリア

グランアレグリア・4歳牝馬
父:ディープインパクト
母:タピッツフライ
母父:Tapit
主な勝鞍:2019年・桜花賞
馬名の由来:大歓声(西)

昨年の最優秀3歳牝馬が電撃戦に初参戦。
1200mでどんな走りを見せてくれるか。
鞍上には池添騎手を迎える予定だ。

モズアスコット(Mozu Ascot)

フェブラリーステークス2020 モズアスコット

モズアスコット・6歳牡馬
父:Frankel
母:India
母父:ヘネシー
主な勝鞍:2020年・フェブラリーステークス
馬名の由来:冠名+イギリスの競馬場の名前

オーストラリア遠征を取りやめたモズアスコットが高松宮記念に電撃参戦する。
芝ダートG1を制した二刀流が1200mに対応できるかに注目が集まる。

ノームコア(Normcore)

富士ステークス2019 ノームコア

ノームコア・5歳牝馬
父:ハービンジャー
母:クロノロジスト
母父:クロフネ
主な勝鞍:2019年・ヴィクトリアマイル
馬名の由来:究極の普通

昨年のマイル女王が左回り戦を求め初の1200m戦に挑む。
新コンビ・横山典弘騎手の手腕にも注目が集まる。

ダノンスマッシュ(Danon Smash)

ダノンスマッシュ

ダノンスマッシュ・5歳牡馬
父:ロードカナロア
母:スピニングワイルドキャット
母父:ハードスパン
主な勝鞍:2019年・シルクロードステークス
馬名の由来:冠名+打ち砕く。相手を打ち砕く強烈な走りを期待して

父のロードカナロアは5歳時に高松宮記念初制覇。
偉大な父の足跡をたどれ。
鞍上には川田騎手がドバイワールドカップ騎乗のため三浦皇成騎手を迎えるとのことだったが中止の影響で引き続き川田騎手が跨ることが発表された。

アウィルアウェイ(A Will a Way)

シルクロードステークス2020 アウィルアウェイ

アウィルアウェイ・4歳牝馬
父:ジャスタウェイ
母:ウィルパワー
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2020年・シルクロードステークス
馬名の由来:意思+道

シルクロードステークスで重賞初制覇を果たし新短距離女王に名乗りを上げた。
松山騎手との新コンビでG1制覇を狙う。

モズスーパーフレア(Mozu Superflare)

モズスーパーフレア

モズスーパーフレア・5歳牝馬
父:Speightstown
母:Christies Treasure
母父:Belong to Me
主な勝鞍:2019年・オーシャンステークス
馬名の由来:冠名+恒星の表面で起こるエネルギーの大爆発

昨年の高松宮記念では本調子で挑めず15着と大敗。
リベンジを狙う。

アイラブテーラー(I Love Tailor)

アイラブテーラー

アイラブテーラー・4歳牝馬
父:トーセンラー
母:タケショウレジーナ
母父:ダンスインザダーク
主な勝鞍:2020年・淀短距離ステークス
馬名の由来:愛してる+冠名

淀短距離ステークスを快勝し7戦5勝・2着2回とパーフェクト連対を継続した。
中京コースでどんな走りを見せてくれるか。
鞍上には和田騎手を迎える予定だったが引き続き武豊騎手が手綱を取る。

ナックビーナス(Nac Venus)

【葵ステークス 2016】動画・結果/ナックビーナスが内から鋭く抜け出す

ナックビーナス・7歳牝馬
父:ダイワメジャー
母:レディトゥプリーズ
母父:More Than Ready
主な勝鞍:2018年・キーンランドカップ
馬名の由来:冠名+美の女神

安定感ある走りが武器もG1では少し足らない印象。

セイウンコウセイ(Seiun Kosei)

セイウンコウセイ

セイウンコウセイ・7歳牡馬
父:アドマイヤムーン
母:オブザーヴァント
母父:Capote
主な勝鞍:2017年・高松宮記念
馬名の由来:冠名+恒星

2017年優勝、2019年2着と高松宮記念との相性は抜群。
2度目の頂点なるか。

ダイメイプリンセス(Daimei Princess)

アイビスサマーダッシュ 2018 ダイメイプリンセス

ダイメイプリンセス・7歳牝馬
父:キングヘイロー
母:ダイメイダーク
母父:ダンスインザダーク
主な勝鞍:2018年・アイビスサマーダッシュ
馬名の由来:冠名+王女

主な回避馬

ミスターメロディ(Mr Melody)

高松宮記念2019 ミスターメロディ

ミスターメロディ・5歳牡馬
父:Scat Daddy
母:Trusty Lady
母父:Deputy Minister
主な勝鞍:2019年・高松宮記念
馬名の由来:曲名

前年度の覇者は連覇を目指さずにドバイで行われるアルクオーツスプリントに参戦を表明するもドバイ開催が中止となった。

アルクオーツスプリント
アルクオーツスプリントは2020年3月28日にドバイ・メイダン競馬場で行われる世界の短距離馬が集う一戦。アルクオーツスプリントは2020年で第14回を迎え、昨年はブルーポイントが制した。出走予定馬・オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。
ライトオンキュー(Right on Cue)

京阪杯2019 ライトオンキュー

ライトオンキュー・5歳牡馬
父:Shamardal
母:グレイトタイミング
母父:Raven’s Pass
主な勝鞍:2019年・京阪杯
馬名の由来:思った通りに

京阪杯で重賞初制覇した快速馬もミスターメロディと同じくアルクオーツスプリントに参戦を表明も残念ながら中止に。

前哨戦

シルクロードステークス

1着:アウィルアウェイ
2着:エイティーンガール(クビ)
3着:ナランフレグ(クビ)

勝ちタイム:1.09.0
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

阪急杯

1着:ベストアクター
2着:フィアーノロマーノ(クビ+1/2馬身)
3着:ダイアトニック(2着降着)

勝ちタイム:1.20.3
優勝騎手:浜中 俊
馬場:良

オーシャンステークス

1着:ダノンスマッシュ
2着:ナックビーナス(1-1/2馬身)
3着:タワーオブロンドン(3馬身)

勝ちタイム:1.07.4
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

高松宮記念2020の予想オッズ

予想オッズ

2020年・高松宮記念の予想オッズはこのように予想しています。
昨年秋のスプリント王者・タワーオブロンドンが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

予想オッズ
  1. タワーオブロンドン(2.5)
  2. グランアレグリア(3.5)
  3. ダノンスマッシュ(4.5)
  4. ダイアトニック(8.0)
  5. モズアスコット(10.0)
  6. モズスーパーフレア(13.0)
  7. ノームコア(15.0)
  8. セイウンコウセイ(22.0)
  9. アウィルアウェイ(25.0)
  10. アイラブテーラー(30.0)
  11. ステルヴィオ(40.0)
  12. ナックビーナス(45.0)
  13. グルーヴィット(☆)
  14. シヴァージ(☆)
  15. クリノガウディー(☆)
  16. ダイメイプリンセス(☆)
  17. ティーハーフ(☆)
  18. ラブカンプー(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

高松宮記念の日程・賞金

【高松宮記念 2016】動画・結果/ビッグアーサーが勝利し悲願のビッグタイトルを獲得

第50回 高松宮記念(Takamatsunomiya Kinen)

2020年3月29日(日)中京競馬場
格:G1 1着本賞金:1億1,000万円
年齢:4歳以上 距離:1,200m(芝・左)

中京競馬場で行われる芝のG1戦、高松宮記念。春の古馬短距離路線のチャンピオン決定戦の位置づけとなっている。

1996年から1200mで行われており、距離短縮されてからはキンシャサノキセキが唯一の連覇の経験がある。

G1戦ということもあって、過去の勝ち馬には時代を彩ったスピード自慢の名が並ぶ。近年ではカレンチャンやロードカナロア、コパノリチャードなど多くの短距離重賞を制した馬がいる。

2015年には香港から遠征してきたエアロヴェロシティが勝利したのも記憶に新しい。

高松宮記念・プレイバック

高松宮記念2019 ミスターメロディ

2019年の高松宮記念を制したのは「ミスターメロディ(Mr Melody)」。好枠を生かした完璧なレース運びで春の電撃王の座を射止めた。

2019年 高松宮記念(GI)

1着:ミスターメロディ
2着:セイウンコウセイ(1/2馬身)
3着:ショウナンアンセム(アタマ)
4着:ダノンスマッシュ(1/2馬身)
5着:ティーハーフ(1/2馬身)

勝ちタイム:1.07.3
優勝騎手:福永 祐一
馬場:良

2019年・高松宮記念
高松宮記念2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の高松宮記念の着順は1着:ミスターメロディ、2着:セイウンコウセイ、3着:ショウナンアンセムとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする