【阪急杯2022】出走予定馬・結果/短距離戦線の頂点を目指し

阪急杯2021 レシステンシア

阪急杯は2022年2月27日に阪神競馬場で行われる短距離重賞。阪急杯は2022年で第66回を迎え、昨年はレシステンシアが優勝した。阪急杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

短距離戦線の頂点を目指し
スポンサーリンク

2022年・阪急杯の結果は!?

阪急杯2022 ダイアトニック

2022年の阪急杯を制したのは『ダイアトニック(Diatonic)』。内から鮮やかに差し切り重賞3勝目を挙げた。

阪急杯(G3)

1着:ダイアトニック
2着:トゥラヴェスーラ(クビ)
3着:サンライズオネスト(2馬身)
4着:リレーションシップ(1-1/4馬身)
5着:グレイイングリーン(クビ)

勝ちタイム:1.19.9
優勝騎手:岩田 康誠
馬場:良

2022年・阪急杯の全着順、動画、コメントもチェック!
阪急杯2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の阪急杯の着順は1着:ダイアトニック、2着:トゥラヴェスーラ、3着:サンライズオネストとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・阪急杯の出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
阪急杯の枠順決定!(2月25日)

阪急杯2022 枠順

2022年・阪急杯の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではタイセイビジョンが6枠9番、ダイアトニックは6枠10番、クリノガウディーは8枠14番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2022年・阪急杯の追い切り・コメントをチェック!
阪急杯2022の追い切り・コメントの記事です。阪急杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(2月24日)

2022年の阪急杯の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

出走馬&騎手確定
  • ヴィジュネル(藤岡康太)
  • エイティーンガール(秋山真一郎)
  • クリノガウディー(福永祐一)
  • グルーヴィット(団野大成)
  • グレイイングリーン(岩田望来)
  • ザイツィンガー(酒井学)
  • サンライズオネスト(武豊
  • ダイアトニック (岩田康誠)
  • タイセイビジョン(幸英明)
  • トゥラヴェスーラ(鮫島克駿)
  • ミッキーブリランテ(和田竜二)
  • モントライゼ(藤岡佑介)
  • リレーションシップ(松田大作)
  • リンゴアメ(国分優作)
回避馬
  • コントラチェック(未定)
  • マリーナ(未定)
阪急杯・注目馬ピックアップ

2022年・阪急杯の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ダイアトニック(Diatonic)

ダイアトニック・7歳牡馬
父:ロードカナロア
母:トゥハーモニー
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2019年・スワンステークス
馬名の由来:7音構成の音階。母名より連想

2021年は順調さを欠きわずか1戦に終わった。
それでも今年初戦となった京都金杯では0.1秒差の4着に入っており、まだまだ力があるところは見せてくれている。

モントライゼ(Mondreise)

モントライゼ・4歳牡馬
父:ダイワメジャー
母:ムーングロウ
母父:Nayef
主な勝鞍:2020年・京王杯2歳ステークス
馬名の由来:月旅行(独)。母名より連想

昨年はファルコンステークスこそ3着に入ったものの、他の2戦は馬券に絡めず不本意なシーズンとなった。
仕切り直しの一戦で持ち前のスピードを見せてほしい。

サンライズオネスト(Sunrise Honest)

サンライズオネスト・5歳牡馬
父:ダイワメジャー
母:サイモンドルチェ
母父:ジャングルポケット
主な勝鞍:2022年・カーバンクルステークス
馬名の由来:冠名+誠実、実直

今年初戦となったカーバンクルステークスを制しオープンクラス初勝利を挙げた。
1年半ぶりとなる武豊騎手とのコンビで重賞初制覇を狙う。

クリノガウディー(Kurino Gaudi)

クリノガウディー・6歳牡馬
父:スクリーンヒーロー
母:クリノビリオネア
母父:ディアブロ
主な勝鞍:2021年・安土城ステークス
馬名の由来:冠名+人名より

昨年はオープンクラスを2勝するも、二桁着順が4回あるなど好不調の波が激しかった。
3度目の阪急杯挑戦でいい結果が欲しいところ。

ミッキーブリランテ(Mikki Brillante)

ミッキーブリランテ・6歳牡馬
父:ディープブリランテ
母:エピックラヴ
母父:Dansili
主な勝鞍:2021年・ニューイヤーステークス
馬名の由来:冠名+父名の一部

昨年の2着馬。
近走は不振。

グレイイングリーン(Gray in Green)

グレイイングリーン・4歳牡馬
父:ディープインパクト
母:リトルゲルダ
母父:Closing Argument
主な勝鞍:2022年・新春ステークス
馬名の由来:芦毛の馬体と芝の色合い、その映える様子

1400mは【4-1-2-0】と得意舞台。

トゥラヴェスーラ(Travesura)

トゥラヴェスーラ・7歳牡馬
父:ドリームジャーニー
母:ジャジャマーチャン
母父:アドマイヤコジーン
主な勝鞍:2021年・淀短距離ステークス
馬名の由来:腕白小僧(西)

昨年の京王杯スプリングカップ(2着)以来の実戦。
実戦勘さえ戻っていれば。

リレーションシップ(Relationship)

リレーションシップ・5歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:カラフルブラッサム
母父:ハーツクライ
主な勝鞍:2021年・戎橋ステークス
馬名の由来:関連、結び付き

スポンサーリンク

阪急杯2022の予想オッズ

予想オッズ

予想オッズ

2022年・阪急杯の予想オッズはこのように予想しています。
前走の阪神カップで4着に入った重賞2勝馬タイセイビジョンが1番人気に支持されると予想します。
上位5頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. タイセイビジョン(4.0)
  2. ダイアトニック(4.5)
  3. クリノガウディー(5.5)
  4. グレイイングリーン(6.5)
  5. エイティーンガール(7.5)
  6. モントライゼ(10.5)
  7. サンライズオネスト(16.0)
  8. トゥラヴェスーラ(19.0)
  9. ミッキーブリランテ(33.0)
  10. グルーヴィット(36.5)
  11. ヴィジュネル(48.0)
  12. リレーションシップ(☆)
  13. マリーナ(☆)
  14. リンゴアメ(☆)
  15. ザイツィンガー(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

阪急杯の日程・賞金

第66回 阪急杯(Hankyu Hai)

阪急杯2020 ベストアクター

2022年2月27日(日)阪神競馬場
格:G3 1着本賞金:4,300万円
年齢:4歳以上 距離:1,400m(芝・右)

1着馬にはG1・高松宮記念の優先出走権が与えられる。

高松宮記念
高松宮記念は2023年3月26日に中京競馬場で行われる春のG1戦の始まりを告げる戦い。2023年で第53回を迎え、スピード自慢が集結する。昨年はナランフレグが制した。高松宮記念の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

阪急杯・プレイバック

阪急杯2013 ロードカナロア

2013年の阪急杯を制したのは『ロードカナロア(Lord Kanaloa)』。勝利経験のない1400m戦でも危なげない走りでライバルを撃破。この年はその後にG1を4勝し、年度代表馬に輝く活躍を見せた。
2着には3/4馬身差でマジンプロスパー、さらにクビ差の3着にはオリービンが入った。

阪急杯(GIII)

1着:ロードカナロア
2着:マジンプロスパー(3/4馬身)
3着:オリービン(クビ)
4着:サンカルロ(クビ)
5着:シュプリームギフト(1/2馬身)

勝ちタイム:1.21.0
勝利騎手:岩田 康誠
馬場:良

2013年・阪急杯の全着順・動画・コメントをチェック!
阪急杯2013の結果・動画をまとめた記事です。2013年の阪急杯の着順は1着:ロードカナロア、2着:マジンプロスパー、3着:オリービンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする