【東京盃2020】出走予定馬・予想オッズ・結果/巧遅は拙速に如かず

東京盃2019 コパノキッキング

東京盃は2020年10月7日に大井競馬場で行われる短距離の交流重賞。東京盃は2020年で第54回を迎え、昨年はコパノキッキングが勝利を収めた。出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

巧遅は拙速に如かず
スポンサーリンク

2020年・東京盃の結果は!?

東京盃2020 ジャスティン

2020年の東京盃を制したのは『ジャスティン(Justin)』。先行策から直線で抜け出し、重賞2勝目を飾った。

東京盃(Jpn2)

1着:ジャスティン
2着:ブルドッグボス(クビ)
3着:コパノキッキング(1/2馬身)
4着:ラプタス(1-1/4馬身)
5着:サブノジュニア(クビ)

勝ちタイム:1.10.8
優勝騎手:戸崎 圭太
馬場:良

2020年・東京盃の全着順、動画、コメントもチェック!
東京盃2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の東京盃の着順は1着:ジャスティン、2着:ブルドッグボス、3着:コパノキッキングとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・東京盃の出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
東京盃の枠順決定!(10月4日)

東京盃2020 枠順

2020年・東京盃の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではマテラスカイが6枠11番、コパノキッキングは4枠7番、ジャスティンは2枠3番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

東京盃・注目馬ピックアップ

2020年・東京盃の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

コパノキッキング(Copano Kicking)

コパノキッキング・5歳せん馬
父:Spring At Last
母:セラドン
母父:ゴールドヘイロー
主な勝鞍:2019年・東京盃
馬名の由来:冠名+キックする

前年は4馬身の差をつけ圧勝。
連覇は至上命題。
今年も藤田菜七子騎手が騎乗するぞ。

マテラスカイ(Matera Sky)

マテラスカイ・6歳牡馬
父:Speightstown
母:Mostaqeleh
母父:Rahy
主な勝鞍:2020年・クラスターカップ
馬名の由来:冠名+空

アメリカのBCスプリント参戦をあきらめ東京盃からJBCスプリントへ進む予定。
鞍上には久々となるルメール騎手を迎える。

ラプタス(Raptus)

ラプタス・4歳せん馬
父:ディープブリランテ
母:エアラホーヤ
母父:ボストンハーバー
主な勝鞍:2020年・かきつばた記念
馬名の由来:衝動。ファンに衝動を与えられる魅力を持つ馬になることを願って

今年に入り交流重賞を2勝するもいずれも1400m戦。
1200mへの対応がカギ。

ジャスティン(Justin)

ジャスティン・4歳牡馬
父:オルフェーヴル
母:シナスタジア
母父:Gone West
主な勝鞍:2020年・東京スプリント
馬名の由来:人名より

東京スプリントではコパノキッキングらを下し重賞初制覇。
先手を奪えればここでも。

ヤマニンアンプリメ(Yamanin Imprime)

ヤマニンアンプリメ・6歳牝馬
父:シニスターミニスター
母:ヤマニンエリプス
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2019年・JBCレディスクラシック
馬名の由来:冠名+印刷する(仏)

今年は未勝利も近走は復調気配。
鞍上には引き続き川田将雅騎手が跨る予定。

ブルドッグボス(Bulldog Boss)

ブルドッグボス・8歳牡馬
父:ダイワメジャー
母:リファールカンヌ
母父:デインヒル
主な勝鞍:2019年・JBCスプリント
馬名の由来:犬の品種名+ボス

8歳になった今年も重い斤量を背負いながらも好走を続ける。
昨年2着のリベンジへ。

サブノジュニア(Sabuno Junior)

サブノジュニア・6歳牡馬
父:サウスヴィグラス
母:サブノイナズマ
母父:カコイーシーズ
主な勝鞍:2020年・アフター5スター賞
馬名の由来:冠名+年下の

今年は東京スプリントで2着に入るなど本格化。
3連勝の勢いは本物。

東京盃2020の予想オッズ

予想オッズ

予想オッズ

2020年・東京盃の予想オッズはこのように予想しています。
3年ぶりにルメール騎手が跨る快速馬マテラスカイが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. マテラスカイ(2.0)
  2. コパノキッキング(2.5)
  3. ブルドッグボス(4.5)
  4. ジャスティン(8.0)
  5. ヤマニンアンプリメ(15.0)
  6. サブノジュニア(25.0)
  7. ラプタス(30.0)
  8. トロヴァオ(☆)
  9. マッチレスヒーロー(☆)
  10. カプリフレイバー(☆)
  11. サイタスリーレッド(☆)
  12. フランシスコダイゴ(☆)
  13. ジョウラン(☆)
  14. クルセイズスピリツ(☆)
  15. ブロンディーヴァ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

東京盃の日程・賞金

第54回 東京盃(Tokyo Hai)

東京盃 2018 キタサンミカヅキ

2020年10月7日(水)大井競馬場
格:Jpn2 1着本賞金:3,500万円
年齢:3歳以上 距離:1,200m(ダート・右)

東京盃は大井競馬場で行われるダートグレード競争。
2012年にラブミーチャンが勝利し、2017年&2018年にキタサンミカヅキが連覇するなど地方馬も健闘している。

東京盃・プレイバック

東京盃2019 コパノキッキング

2019年の東京盃を制したのは「コパノキッキング(Copano Kicking)」。スタートから促して先手を主張すると直線では後続を突き放し圧勝。藤田菜七子騎手に重賞制覇をプレゼントした。

2019年・東京盃(JpnII)

1着:コパノキッキング
2着:ブルドッグボス(4馬身)
3着:サクセスエナジー(3/4馬身)
4着:ショコラブラン(1-1/4馬身)
5着:キャンドルグラス(クビ)

勝ちタイム:1.10.7
優勝騎手:藤田 菜七子
馬場:良

2019年・東京盃
東京盃2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の東京盃の着順は1着:コパノキッキング、2着:ブルドッグボス、3着:サクセスエナジーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする