【新人騎手2020】4人の新人騎手が競馬界に新たな風を吹き込む

【新人騎手2020】4人の新人騎手が競馬界に新たな風を吹き込む

新人騎手2020

新人騎手2020に関する記事です。2020年にデビューした新人騎手は秋山稔樹、泉谷楓真、小林脩斗、原優介の4人。ベテラン騎手や外国人ジョッキーが勝ち星を伸ばし続ける競馬界でどんな活躍を見せてくれるか。

厳しい時代に新風を吹き込め!
スポンサーリンク

2020年にデビューする新人騎手4人をご紹介!

2020年に新たにJRAの騎手になったのは秋山稔樹騎手、泉谷楓真騎手、小林脩斗騎手、原優介騎手の4人。
未来のトップジョッキー候補たちの「騎手になったきっかけ」や「目標とする騎手」などを紹介します。
新人騎手の個性を掴み、今後の活躍を一緒に夢見よう!

秋山稔樹騎手

スポンサーリンク
秋山稔樹(あきやまとしき)

生年月日:2001年9月12日
身長:155.0cm 体重:45.0kg
血液型:A型 星座:乙女座
所属:美浦 所属厩舎:蛯名 利弘
(JRAを参照)

騎手になったきっかけ

「父が競馬ファンで、小さい頃から競馬場に行く中で、競馬や騎手に憧れを持つようになりました。」

どんな騎手になりたいか(目標とする騎手)

「目標とする騎手は武豊騎手で、馬と折り合わせる技術に優れていると思うからです。謙虚さと感謝の気持ちを忘れず、馬のことを第一に考えた騎手になりたいです。」

今後の抱負

「GⅠレースだけでなく、GⅡ・GⅢを勝てる騎手になりたいですが、まずは目の前の1勝を目標にしたいと思います。」

秋山稔樹騎手・初勝利

秋山稔樹

2020年3月15日・中山1レース
ラブエスポー(3番人気・6.1倍)

レース後のコメント
「ゴールを過ぎてから戻ってくるまで実感が湧きませんでしたが、色々な方に「おめでとう」と言われて初めて実感が湧き、今はとてもほっとしています。(自分の)デビュー戦で騎乗した馬に続けて騎乗させていただいたため、馬の癖なども知っていましたし、馬の力を信じて騎乗しました。まだまだ未熟で、力のある馬に騎乗させていただかなければ良い結果を残せませんでしたが、技術を磨いて一つでも上の着順を目指せるよう頑張っていきたいと思うので、これからも応援よろしくお願いします。」

泉谷楓真騎手

泉谷楓真(いずみやふうま)

生年月日:2001年12月18日
身長:168.0cm 体重:47.1kg
血液型:B型 星座:射手座
所属:栗東 所属厩舎:本田 優
(JRAを参照)

騎手になったきっかけ

「小学生のとき、小倉競馬場で競馬を見て、騎手に憧れを持ちました。」

どんな騎手になりたいか(目標とする騎手)

「目標とする騎手は四位洋文騎手で、馬に負担をかけない騎乗がすごいと思います。常に向上心を持ち、技術向上に励んでいきたいです。」

今後の抱負

「技術の向上に励みながら、一頭一頭に思い入れを持って乗っていきたいと思います。」

泉谷楓真騎手・初勝利

泉谷楓真

2020年3月1日・阪神1レース
メイショウヒバリ(6番人気・17.5倍)

レース後のコメント
「緊張はしませんでしたが、ゲートが開いて少し慌てました。道中もあまりうまく乗ることができませんでした。馬のおかげで勝たせてもらいましたが、最後は勝ったか負けたかわからず不安でした。経験がないのにいい馬に乗せていただいた調教師やオーナーに感謝しなければいけません。これからは厳しい世界で努力して一流の騎手になれるようにがんばります。日々努力怠らず精進していきますので応援よろしくお願いします。」

小林脩斗騎手

小林脩斗(こばやししゅうと)

生年月日:2001年11月8日
身長:165.1cm 体重:45.8kg
血液型:O型 星座:蠍座
所属:美浦 所属厩舎:奥平 雅士
(JRAを参照)

騎手になったきっかけ

「父(小林久晃元騎手)が騎手だったので、父に憧れ乗馬を始めました。乗馬の楽しみや馬との一体感を感じ、騎手を志すようになりました。」

どんな騎手になりたいか(目標とする騎手)

「憧れの騎手はJ.モレイラ騎手です。高い技術を身につける努力をしていきたいです。」

今後の抱負

「高い技術を身につけ、厩舎関係者の方々の信頼を勝ち得たいです。最多勝利新人騎手を獲得し、世界で活躍する騎手にになりたいです。」

小林脩斗騎手・初勝利

小林脩斗

2020年3月21日・中山2レース
アイアムイチオシ(6番人気・17.9倍)

レース後のコメント
「まだ勝利の実感は湧きませんが、ゴールした時に先輩からおめでとうと声を掛けられ、勝てたんだなと思いました。スタートを少しうまく出しすぎてしまったため、レースの反省点はありますが、最後まで馬が頑張ってくれました。ゴールの瞬間は無我夢中で必死に追っている感じでした。厩舎実習からずっとお世話になっている奥平厩舎の馬で勝つことができて嬉しいです。競馬学校の受験から沢山サポートしてくれた父や、育ててくれた母にこうして初勝利を届けることができて嬉しいです。まだまだ未熟で技術不足なところはありますが、1鞍1鞍大切にして日々精進し、1勝1勝を積み重ねていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。」

原優介騎手

原優介(はらゆうすけ)

生年月日:2000年6月10日
身長:158.1cm 体重:47.0kg
血液型:B型 星座:双子座
所属:美浦 所属厩舎:武井 亮
(JRAを参照)

騎手になったきっかけ

「小さな体で活躍できるアスリートを探す中で、騎手という職業を知り、自分に合っているのではないかと思い、目指すようになりました。」

どんな騎手になりたいか(目標とする騎手)

「憧れの騎手は津村明秀騎手です。騎乗技術だけでなく、笑顔での挨拶などの人柄も尊敬しています。固定観念にとらわれず、一頭一頭の個性を引き出せる騎手になりたいです。」

今後の抱負

「まずは初勝利を目指したいですし、今年はフェアプレー賞を獲得したいです。そして、重賞やGⅠを目指していきたいです。」

原優介・初勝利

2020年4月5日・中山12レース
タイキダイヤモンド(13番人気・53.2倍)

レース後のコメント

「これまで数多くチャンスをいただいてきたのに、自分の技術不足によりなかなかものにできませんでしたが、今日こうやって勝てる馬に乗せてもらえたことに感謝しています。道中余力はあったのですが、危なっかしい騎乗をしてしまい、周りの騎手に少し迷惑をかけてしまいました。勝てたのは馬の力のおかげですし、技術を磨かないといけないと思いました。今まで人気の馬に多く乗せていただいたのに結果を残せなかったのですが、これからは1つでも多く勝てるよう頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いします。」

近年の若手騎手の活躍は…

近年では2014年にデビューした松若風馬騎手がG1・高松宮記念を制したり、2016年デビューの藤田菜七子騎手が女性騎手最多勝記録を更新し、コパノキッキングとのコンビで重賞を制したりなど活躍中。
武豊騎手をはじめとするベテラン騎手がまだまだトップクラスで活躍し、外国人ジョッキーも大舞台で勝ち続けている。
新人騎手に厳しい時代だが、どんどん活躍する騎手が出てきてほしいところです。

武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(9/26・9/27)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
ルメール騎手の2020年の騎乗予定・成績をまとめた記事です。C.ルメール騎手は3年連続で全国リーディングを獲得するなど大活躍中。先週の成績・結果や今週の想定・騎乗予定などすべてをチェックしよう。

シェアする