【府中牝馬ステークス 2017】出走予定馬・日程・賞金/美しき牝馬の熱戦

スポンサーリンク

府中牝馬ステークス2015 ノボリディアーナ 動画・結果

2017年10月14日に東京競馬場で行われる注目牝馬が集うレース「府中牝馬ステークス」。2017年で第65回を迎える。昨年はクイーンズリングが優勝した。2017年はどの馬が勝利するのか。府中牝馬ステークスの出走予定馬・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

美しき牝馬の熱戦

スポンサーリンク

出走予定馬・有力馬候補

出走予定馬・予想オッズ

2017年・府中牝馬ステークスの出走予定馬・予想オッズ・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

【府中牝馬ステークス 2016】動画・結果/クイーンズリング抜け出し重賞3勝目を挙げる

【府中牝馬ステークス 2017】出走予定馬・予想オッズ/キャリアウーマンが集う

「府中牝馬ステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。府中牝馬Sの出走登録は17頭。ヴィブロスやクイーンズリングなどが出走予定です。国内外で活躍するキャリアを積んだ牝馬が集結。前哨戦から女の戦いが勃発する。

2017年・府中牝馬ステークスの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

・ヴィブロス(Vivlos)

ドバイターフ 2017 ヴィブロス

ヴィブロス・4歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
主な勝鞍:2017年・ドバイターフ
馬名の由来:ギリシャの地名より

世界を制したヴィブロスが府中牝馬ステークスに参戦する。
昨年の秋には秋華賞を制し、今年はドバイで行われた世界の中距離チャンピオンを決めるドバイターフに挑戦。
下馬評は決して高くなかったが、見事な決め手で世界の頂点を手にした。
帰国後はここを目標に調整されており、いきなり世界を制した実力を見せてくれそう。ドバイを沸かせた牝馬から目が離せない。

・アドマイヤリード(Admire Lead)

ヴィクトリアマイル 2017 アドマイヤリード

アドマイヤリード・4歳牝馬
父:ステイゴールド
母:ベルアリュールII
母父:Numerous
主な勝鞍:2017年・ヴィクトリアM
馬名の由来:冠名+先頭

春のマイル女王に輝いたアドマイヤリード。
ヴィクトリアマイルでは狭い馬の間を突き破るように伸びて初のビッグタイトルを手にした。
その後はクイーンステークスに挑むも末脚不発で6着と大敗を喫した。
今回は初コンビとなる戸崎騎手が手綱を握る。得意の東京で巻き返しを狙う。

・クイーンズリング(Queens Ring)

クイーンズリング

クイーンズリング・5歳牝馬
父:マンハッタンカフェ
母:アクアリング
母父:Anabaa
主な勝鞍:2016年・エリザベス女王杯
馬名の由来:マンハッタンの隣にある地名+母系より

昨年の府中牝馬ステークス覇者のクイーンズリングが今年も参戦。
昨年はここを制した勢いそのままにエリザベス女王杯も制した。
春の二戦が物足らない結果に終わっただけに、秋のリベンジに燃えているはず。

・デンコウアンジュ(Denko Ange)

デンコウアンジュ

デンコウアンジュ・4歳牝馬
父:メイショウサムソン
母:デンコウラッキー
母父:マリエンバード
主な勝鞍:2015年・アルテミスS
馬名の由来:冠名+天使(仏)

ヴィクトリアマイルでは13番人気の低評価を覆し2着と激走したデンコウアンジュ。
相性のいい東京コースで再び人気馬に食らいつく。

・トーセンビクトリー(Tosen Victory)

トーセンビクトリー

トーセンビクトリー・5歳牝馬
父:キングカメハメハ
母:トゥザヴィクトリー
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2017年・中山牝馬S
馬名の由来:冠名+勝利

全6勝中4勝を1800mを挙げ、初重賞制覇も1800m戦の中山牝馬ステークスだったようにこの距離は得意としている。
前走のクイーンステークス(1800m)も上がり最速タイのタイムで2着と結果を残した。強力なライバル相手にどこまでやれるか。

・クインズミラーグロ(Queen’s Milagro)

クインズミラーグロ

クインズミラーグロ・5歳牝馬
父:マンハッタンカフェ
母:ジャストトゥートゥー
母父:In Excess
主な勝鞍:2015年・紫苑S
馬名の由来:冠名+奇跡(西)

ここ5戦連続で重賞馬券内に来ているクインズミラーグロ。ただ、どれも勝ち切れていない。そろそろタイトルがほしいところ。

・クロコスミア(Crocosmia)

クロコスミア

クロコスミア・4歳牝馬
父:ステイゴールド
母:デヴェロッペ
母父:ボストンハーバー
主な勝鞍:2017年・WAJS第2戦
馬名の由来:花の名。花言葉は気品ある精神

前走のワールドオールスタージョッキーズ第2戦では後続を3馬身千切り圧勝した。阪神牝馬ステークスやクイーンステークスでも4着に入るなど重賞でも通用する力を持ち合わせている。今の充実度ならここでもやれる。

・ワンブレスアウェイ(One Breath Away)

ワンブレスアウェイ

ワンブレスアウェイ・4歳牝馬
父:ステイゴールド
母:ストレイキャット
母父:Storm Cat
主な勝鞍:2017年・阿武隈S
馬名の由来:一瞬のうちに

ここ9戦連続で馬券内と安定した成績を残す。条件戦連勝の勢いでどこまで実績ある牝馬と戦えるか。

追い切り・コメント

2017年・府中牝馬ステークスの追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後の関係者のコメントを書いております。

府中牝馬ステークス 2017 追い切り

【府中牝馬ステークス 2017】追い切り・コメント/抜群の動きを見せたのは

「府中牝馬ステークス 2017」の追い切り・コメントの情報です。府中牝馬Sに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

日程・賞金

第65回 府中牝馬ステークス(Fuchu Himba Stakes)
2017年10月14日(土)東京競馬場
格:G2 1着本賞金:5,500万円
年齢:3歳以上牝馬 距離:1,800m(芝・左)

府中牝馬ステークス プレイバック

2016年の府中牝馬ステークスを制したのは「クイーンズリング(Queens Ring)」。秋初戦で最高の結果を残した。

2016年10月15日(土)府中牝馬ステークス(GII)

1着:クイーンズリング
2着:マジックタイム(1-1/2馬身)
3着:スマートレイアー(1/2馬身)
4着:アスカビレン(1/2馬身)
5着:シュンドルボン(3/4馬身)

勝ちタイム:1.46.6
勝利騎手:M.デムーロ
馬場:良

2016年・府中牝馬ステークス

【府中牝馬ステークス 2016】動画・結果/クイーンズリング抜け出し重賞3勝目を挙げる

【府中牝馬ステークス 2016】動画・結果/クイーンズリング抜け出し重賞3勝目を挙げる

「府中牝馬ステークス 2016」の動画・結果です。府中牝馬ステークスの結果は1着:クイーンズリング、2着:マジックタイム、3着:スマートレイアー。「クイーンズリング」が勝利した府中牝馬ステークスの詳しい結果、動画をご覧ください。