【府中牝馬ステークス2022】出走予定馬・日程・賞金/美しき牝馬の熱戦

府中牝馬ステークス2021 シャドウディーヴァ

府中牝馬ステークスは2022年10月15日に東京競馬場で行われる注目牝馬が集うレース。府中牝馬ステークスは2022年で第70回を迎え、昨年はシャドウディーヴァが優勝した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

美しき牝馬の熱戦
スポンサーリンク

2022年・府中牝馬ステークスの出走予定馬をチェック

府中牝馬ステークス・注目馬ピックアップ

2022年・府中牝馬ステークスの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

アカイイト(Akai Ito)

アカイイト・5歳牝馬
父:キズナ
母:ウアジェト
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2021年・エリザベス女王杯
馬名の由来:赤い糸。父名より連想

昨年は府中牝馬ステークス(7着)をステップにエリザベス女王杯制覇につなげた。
この秋も牝馬路線の主役は譲れない。

ローザノワール(Rosa Noir)

ローザノワール・6歳牝馬
父:マンハッタンカフェ
母:ダノンスズラン
母父:Awesome Again
主な勝鞍:2021年・ディセンバーステークス
馬名の由来:バラ(伊)+黒(仏)。黒いバラ

ヴィクトリアマイル4着やクイーンステークス3着など逃げて粘る競馬が板についてきた。
昨年(11着)とは違う姿を見せられそう。

イズジョーノキセキ(Izu Jo no Kiseki)

イズジョーノキセキ・5歳牝馬
父:エピファネイア
母:キングダンサー
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2022年・垂水ステークス
馬名の由来:馬主名より+人名より+奇跡

昨年のエリザベス女王杯で5着の実績あり。
前走の垂水ステークスを制し条件クラスを突破した。

府中牝馬ステークスの日程・賞金

スポンサーリンク
第70回 府中牝馬ステークス(Fuchu Himba Stakes)

府中牝馬ステークス2020 サラキア

2022年10月15日(土)東京競馬場
格:G2 1着本賞金:5,500万円
年齢:3歳以上牝馬 距離:1,800m(芝・左)

府中牝馬ステークスの1着馬にはG1・エリザベス女王杯への優先出走権が与えられる。

エリザベス女王杯
エリザベス女王杯は2022年11月13日に阪神競馬場で行われる秋の最強牝馬決定戦。エリザベス女王杯は2022年で第47回を迎え、昨年はアカイイトが制した。エリザベス女王杯の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

府中牝馬ステークス・プレイバック

府中牝馬ステークス 2018 ディアドラ

2018年の府中牝馬ステークスを制したのは『ディアドラ(Deirdre)』。上がり32秒3の決め手でライバルたちを差し切り4つ目の重賞タイトルを手にした。その後は海外を主戦場にしG1・ナッソーステークスを制し、凱旋門賞挑戦することとなる。
2着にはクビ差でリスグラシュー、さらに1/2馬身差の3着にはフロンテアクイーンが入った。

府中牝馬ステークス(GII)

1着:ディアドラ
2着:リスグラシュー(クビ)
3着:フロンテアクイーン(1/2馬身)
4着:ジュールポレール(1-1/4馬身)
5着:クロコスミア(1-1/4馬身)

勝ちタイム:1.44.7
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

2018年・府中牝馬ステークスの全着順・動画・コメントもチェック!
府中牝馬ステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:ディアドラ、2着:リスグラシュー、3着:フロンテアクイーンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする