【凱旋門賞2019】出走予定馬・日程・賞金/悲願の日本馬制覇なるか

凱旋門賞 2017 エネイブル

凱旋門賞は2019年10月6日にフランス・ロンシャン競馬場で行われるヨーロッパの芝・最強馬決定戦。凱旋門賞は2019年で第98回を迎える。昨年はエネイブルが連覇を果たした。出走予定馬・オッズ・賞金・日程などをチェックしてみよう。

悲願の日本馬制覇なるか

2019年・凱旋門賞の出走予定馬をチェック

2019年・凱旋門賞の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

日本馬

フィエールマン(Fierement)

フィエールマン

フィエールマン・4歳牡馬
父:ディープインパクト
母:リュヌドール
母父:Green Tune
主な勝鞍:2019年・天皇賞春
馬名の由来:気高く、勇ましく(音楽用語)

菊花賞、天皇賞春という日本が誇る長距離G1戦を制している長距離王。
札幌記念から凱旋門賞挑戦を正式表明。
鞍上はルメール騎手とのこと。

ロジャーバローズ(Roger Barows)

ロジャーバローズ

ロジャーバローズ・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:リトルブック
母父:Librettist
主な勝鞍:2019年・日本ダービー
馬名の由来:人名より+冠名

登録段階では重賞勝ちがなかったが、見事日本ダービーを制し世代の頂点に立ったロジャーバローズ。
こちらも正式に出走を表明。
父ディープインパクトが果たせなかった悲願達成なるか。

キセキ(Kiseki)

菊花賞 2017 キセキ

キセキ・5歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:ブリッツフィナーレ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2017年・菊花賞
馬名の由来:奇跡

宝塚記念では惜しくも2着に敗れたものの、凱旋門賞出走のゴーサインが出た。
角居はロジャーバローズとの2頭出しとなる。
欧州で前哨戦を使って本番に向かう予定となっている。

ブラストワンピース(Blast Onepiece)

有馬記念2018 ブラストワンピース

ブラストワンピース・4歳牡馬
父:ハービンジャー
母:ツルマルワンピース
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2018年・有馬記念
馬名の由来:突風+母名の一部

今後のレースの選択肢を広げるために凱旋門賞に登録するとのこと。
札幌記念の結果次第で参戦もありうる?

ノーワン(No One)

フィリーズレビュー2019 ノーワン

ノーワン・3歳牝馬
父:ハーツクライ
母:プレイガール
母父:Caerleon
主な勝鞍:2019年・フィリーズレビュー
馬名の由来:曲名より。チャンピオンになって欲しい願いを込めて

凱旋門賞登録を済ました3歳牝馬。
斤量差を生かせば一発も?

外国馬

エネイブル(Enable)

凱旋門賞 2017 エネイブル

エネイブル・5歳牝馬
父:Nathaniel
母:Concentric
母父:Sadler’s Wells
主な勝鞍:2018年・凱旋門賞

凱旋門賞3連覇の大偉業に挑む最強牝馬。
日本馬にとって最大のライバルとなる。

シーオブクラス(Sea of Class)

愛オークス 2018 シーオブクラス

シーオブクラス・4歳牝馬
父:Sea The Stars
母:Holy Moon
母父:Hernando
主な勝鞍:2018年・ヨークシャーオークス

昨年の凱旋門賞2着馬。
今年こそ悲願を。

主な回避馬

アーモンドアイ(Almond Eye)

ドバイターフ2019 アーモンドアイ

アーモンドアイ・4歳牝馬
父:ロードカナロア
母:フサイチパンドラ
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2019年・ドバイターフ
馬名の由来:美人とされる顔の目の形

一時は凱旋門賞を目標にするとの発表もあったが今年の凱旋門賞の登録を見送った。
コース・環境などの条件面を鑑みて「ベストのレース選択ではない」という結論に至ったとのこと。
ロンシャンでの走りが見てみたかったが・・・。

サートゥルナーリア(Saturnalia)

ホープフルステークス2018 サートゥルナーリア

サートゥルナーリア・3歳牡馬
父:ロードカナロア
母:シーザリオ
母父:スペシャルウィーク
主な勝鞍:2019年・皐月賞
馬名の由来:公現祭での行事の基礎ともなった古代ローマの祭り。母名より連想

無敗で皐月賞馬に輝いたが日本ダービーでは4着に敗れた。
フランス遠征は白紙に。

リオンリオン(Lion Lion)

青葉賞2019 リオンリオン

リオンリオン・3歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:アゲヒバリ
母父:クロフネ
主な勝鞍:2019年・青葉賞
馬名の由来:ライオン(仏)

ダービー敗戦により凱旋門賞挑戦は白紙。
秋は神戸新聞杯などのトライアルから始動し菊花賞を目指す予定とのこと。

凱旋門賞2019のオッズは?

予想オッズ

2019年の凱旋門賞のブックメーカーが発表しているオッズです。

  • Enable(4.0)
  • Sea Of Class(8.0)
  • Too Darn Hot(17.0)
  • Masar(21.0)
  • Saturnalia(21.0)
  • Old Persian(26.0)
  • Ghaiyyath(26.0)
  • Blast Onepiece(34.0)
  • Kiseki(34.0)
  • Fierement(34.0)
  • Persian King(41.0)
  • Anthony Van Dyck(51.0)

(William Hill参照 2019年4月17日現在)

5月の段階では1番人気はエネイブルが抜けた評価を受けています。
日本馬ではサートゥルナーリアやブラストワンピース、キセキ、フィエールマンが名を連ねています。

凱旋門賞のテレビ放送・馬券について

いらすとや 競馬 ボーダーライン

まだ凱旋門賞のテレビ放送・馬券については正式に発表されておりません。
日本馬が参戦することが決まればテレビ放送と馬券発売があるので楽しみに待ちましょう。

凱旋門賞の賞金・日程

【凱旋門賞 2016】動画・結果/ファウンドが優勝・マカヒキは馬群に沈む

第98回 凱旋門賞(Qatar Prix de l’Arc de Triomphe)
2019年10月6日(日)フランス・ロンシャン競馬場
総賞金:5,000,000ユーロ(約6億5,000万円)
1着賞金:2,857,000ユーロ(約3億8,000万円)
年齢:3歳以上 牡・牝 距離:2,400m(芝・右)

これまで多くの日本馬が挑戦してきた。
過去の日本馬の最高着順は2着。
1999年のエルコンドルパサー、2010年のナカヤマフェスタ、2012年・2013年のオルフェーヴルが2着に入っていた。

近年では2012年のオルフェーヴルの2着がもっとも勝利に近づいた年だった。
直線半ばで勝利を確信した人が多かったはず。
今年こそ日本馬の勝利を!

2012年・凱旋門賞
凱旋門賞 2012の動画・結果です。フランスで行われた凱旋門賞の結果は1着:Solemia(ソレミア)、2着:Orfevre(オルフェーヴル)、3着:Masterstroke。ソレミアが勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

プレイバック

凱旋門賞 2017 エネイブル

2017年の凱旋門賞を制したのは「エネイブル(Enable)」。一瞬で後続を引き離し圧勝で大一番を制した。日本から参戦したサトノダイヤモンドは15着、サトノノブレスは16着でした。

2017年10月1日 凱旋門賞(Qatar Prix de l’Arc de Triomphe)

1着:Enable・エネイブル
2着:Cloth of Stars(2-1/2馬身)
3着:Ulysses(1-1/4馬身)
4着:Order Of St George(1-1/2馬身)
5着:Brametot(1-1/4馬身)

15着:Satono Diamond・サトノダイヤモンド
16着:Satono Noblesse・サトノノブレス

勝ちタイム:2.28.69
勝利騎手:Frankie Dettori

2017年・凱旋門賞
「凱旋門賞 2017」の動画・結果です。フランスで行われた凱旋門賞の結果は1着:Enable(エネイブル)、2着:Cloth of Stars、3着:Ulysses。「エネイブル」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

シェアする