【兵庫ジュニアグランプリ2020】出走予定馬・日程・賞金/意気揚々と

兵庫ジュニアグランプリ2019 テイエムサウスダン

兵庫ジュニアグランプリは2020年12月2日に園田競馬場で行われる二歳短距離ダートJpn2戦。兵庫ジュニアグランプリは2020年で第22回を迎え、昨年はテイエムサウスダンが優勝した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

意気揚々と
スポンサーリンク

2020年・兵庫ジュニアグランプリの出走予定馬をチェック

兵庫ジュニアグランプリ・注目馬ピックアップ

2020年・兵庫ジュニアグランプリの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

デュアリスト(Dualist)

デュアリスト・2歳牡馬
父:ミッキーアイル
母:デュアルストーリー
母父:エンドスウィープ
主な勝鞍:2020年・ヤマボウシ賞
馬名の由来:二元論の支持者

ヤマボウシ賞を7馬身差で圧勝。
父譲りのスピードは脅威。

ゼンノアンジュ(Zenno Ange)

ゼンノアンジュ・2歳牝馬
父:ヘニーヒューズ
母:ウインアンジェラス
母父:Bertolini
主な勝鞍:2020年・なでしこ賞
馬名の由来:冠名+天使(仏)

なでしこ賞を5馬身の差をつけ圧勝。
牝馬ながら雄大な馬格が魅力。

ルーチェドーロ(Luce d’Oro)

ルーチェドーロ・2歳牡馬
父:マクフィ
母:アラフネ
母父:クロフネ
主な勝鞍:2020年・2歳新馬
馬名の由来:金の光(伊)。本馬の毛色より連想

前走のJBC2歳優駿は距離が長かったのか10着と大敗。
距離短縮は間違いなくプラス。

ミコブラック(Miko Black)

ミコブラック・2歳牝馬
父:パイロ
母:ペニーブラック
母父:Redoute’s Choice
主な勝鞍:2020年・2歳未勝利
馬名の由来:冠名+黒

交流重賞のエーデルワイス賞で2着の実績あり。

トランセンデンス(Transcendence)

トランセンデンス・2歳牡馬
父:トランセンド
母:タントタント
母父:シニスターミニスター
主な勝鞍:2020年・JRA認定フレッシュ
馬名の由来:超越

JBC2歳優駿では13番人気ながら2着と波乱を演出した。

兵庫ジュニアグランプリの日程・賞金

スポンサーリンク
第22回 兵庫ジュニアグランプリ(Hyogo Junior Grand Prix)

兵庫ジュニアグランプリ 2018 デルマルーヴル

2020年12月2日(水)園田競馬場
格:Jpn2 1着本賞金:2,500万円
年齢:2歳 距離:1,400m(ダート・右)

兵庫ジュニアグランプリ・プレイバック

兵庫ジュニアグランプリ2019 テイエムサウスダン

2019年の兵庫ジュニアグランプリを制したのは『テイエムサウスダン(T M South Dan)』。好位からの抜け出す競馬で重賞初制覇を果たした。
2着には1-1/2馬身差でメイショウテンスイ、さらに1-1/4馬身差の3着にはファシネートゼットが入った。

兵庫ジュニアグランプリ(JpnII)

1着:テイエムサウスダン
2着:メイショウテンスイ(1-1/2馬身)
3着:ファシネートゼット(1-1/4馬身)
4着:スティールペガサス(3/4馬身)
5着:ゲンパチマイティー(3/4馬身)

勝ちタイム:1.28.0
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

2019年・兵庫ジュニアグランプリ
兵庫ジュニアグランプリ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の兵庫ジュニアグランプリの着順は1着:テイエムサウスダン、2着:メイショウテンスイ、3着:ファシネートゼットとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする