【ユニコーンステークス2024】出走予定馬・騎手・賞金/ダート路線の改革

ユニコーンステークス2023 ペリエール

ユニコーンステークスは2024年4月27日に京都競馬場で行われる三歳ダートG3戦。ユニコーンSは2024年で第29回を迎え、昨年はペリエールが制した。ユニコーンステークスの出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

ダート路線の改革

2024年・ユニコーンステークスの出走予定馬をチェック

出走予定馬(4月19日)

2024年のユニコーンステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

  • アラレタバシル(野中悠太郎)
  • エイカイソウル(坂井瑠星)
  • オウケンシルヴァー(未定)
  • カゼノランナー(藤岡佑介)
  • クロドラバール(西村淳也)
  • コトホドサヨウニ(城戸義政)
  • サトノエピック(横山和生)
  • サンライズソレイユ(未定)
  • スナークラファエロ(小沢大仁)
  • ノットイナフ(幸英明)
  • ハーバーライト(和田竜二)
  • ピュアキアン(吉田豊)
  • マルチャレアル(団野大成)
  • ミッキーファイト(戸崎圭太)
  • ムルソー(川田将雅
  • ラオラシオン(岩田望来)
  • ラムジェット(三浦皇成)
ユニコーンステークス・注目馬ピックアップ

2024年・ユニコーンステークスの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ミッキーファイト(Mikki Fight)

ミッキーファイト・3歳牡馬
父:ドレフォン
母:スペシャルグルーヴ
母父:スペシャルウィーク
主な勝鞍:2023年・2歳1勝クラス
馬名の由来:冠名+がんばれ

前走の1勝クラスでは後の雲取賞勝ち馬のブルーサンを5馬身千切っての勝利なだけに価値が高い。
今年初戦でどんな走りを見せてくれるか。

ムルソー(Meursault)

ムルソー・3歳牡馬
父:レイデオロ
母:ラユロット
母父:エンパイアメーカー
主な勝鞍:2024年・3歳1勝クラス
馬名の由来:フランスの地名

芝での新馬戦こそ大敗したが、ダート転向後は大差、8馬身差と圧勝での連勝。
重賞も通過点の可能性あり。

サトノエピック(Satono Epic)

サトノエピック・3歳牡馬
父:キタサンブラック
母:ランドオーバーシー
母父:Bellamy Road
主な勝鞍:2024年・3歳1勝クラス
馬名の由来:冠名+叙事詩(歴史的な出来事や英雄の話を書いた詩)

ダート転向後は無傷の2連勝。
前走は馬込みで砂を被っても動じず勝利を収めた。

アラレタバシル(Arare Tabashiru)

アラレタバシル・3歳牡馬
父:ケープブランコ
母:クサナギノツルギ
母父:デュランダル
主な勝鞍:2024年・3歳1勝クラス
馬名の由来:霰たばしる。源実朝の和歌より

伏竜ステークスでは内からグイグイ伸びてアタマ差の2着と好走。
距離は1900m戦でも問題なさそう。

マルチャレアル(Marcha Real)

マルチャレアル・3歳牡馬
父:リアルインパクト
母:ヴィートマルシェ
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2024年・3歳1勝クラス
馬名の由来:スペインの国歌の国王行進曲。母名より連想

京都コースは2戦2勝と相性良し。
先行して押し切るタイプ。

ユニコーンステークスの日程・賞金

スポンサーリンク
第29回 ユニコーンステークス(Unicorn Stakes)

ユニコーンステークス2022 ペイシャエス

2024年4月27日(土)京都競馬場
格:G3 1着本賞金:3,700万円
年齢:3歳 距離:1,900m(ダート・右)

スポンサーリンク

ユニコーンステークス・プレイバック

ユニコーンステークス2020 カフェファラオ

2020年のユニコーンステークスを制したのは『カフェファラオ(Cafe Pharoah)』。好スタートを決めるとそのまま2番手で追走。直線でゆっくり追いだされると後続をみるみる置き去りにし、5馬身差をつける圧勝劇。無傷の3連勝で重賞初勝利を果たした。
その後もフェブラリーステークスを連覇するなどダート界を牽引する一頭となっていった。

ユニコーンステークス(G3)

1着:カフェファラオ
2着:デュードヴァン(5馬身)
3着:ケンシンコウ(1-3/4馬身)
4着:サンダーブリッツ(1馬身)
5着:キタノオクトパス(クビ)

勝ちタイム:1.34.9
優勝騎手:D.レーン
馬場:稍重

2020年・ユニコーンステークスの全着順、動画、コメントもチェック!
ユニコーンステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のユニコーンステークスの着順は1着:カフェファラオ、2着:デュードヴァン、3着:ケンシンコウとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする