【ペガサスワールドカップ2020】出走予定馬・オッズ・賞金/賞金減額の影響は?

ペガサスワールドカップ2019 シティオブライト

ペガサスワールドカップは2020年1月25日にアメリカ・ガルフストリームパーク競馬場で行われるダート戦。ペガサスワールドカップは2020年で第4回を迎え、今年から賞金が900万ドルから300万ドルに減額される。出走予定馬・オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。

賞金減額の影響は?
スポンサーリンク

2020年・ペガサスワールドカップの結果は!?

ペガサスワールドカップ2020 ムーチョグスト

2020年のペガサスワールドカップを制したのは『ムーチョグスト(Mucho Gusto)』。直線の入り口で先頭に立つと後は一人旅。圧勝でG1勝利を飾った。

ペガサスワールドカップ(GI)

1着:Mucho Gusto・ムーチョグスト
2着:Mr Freeze
3着:War Story

勝ちタイム:1.48.85
勝利騎手:Irad Ortiz Jr
馬場:Fast

ペガサスワールドカップ2020の結果・動画です。アメリカで行われたペガサスワールドカップの着順は1着:Mucho Gusto(ムーチョグスト)、2着:Mr Freeze、3着:War Storyとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2020年・ペガサスワールドカップの出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
ペガサスワールドカップの枠順決定!(1月23日)

ペガサスワールドカップ2020 枠順

2020年・ペガサスワールドカップの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではオマハビーチは5番、ハイヤーパワーは6番、ムーチョグストは10番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

ペガサスワールドカップの注目馬をピックアップ!

2020年・ペガサスワールドカップの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

オマハビーチ(Omaha Beach)

オマハビーチ

オマハビーチ・4歳牡馬
父:War Front
母:Charming
母父:Seeking the Gold
主な成績:2019年・ブリーダーズカップダートマイル(2着)

こちらも4歳世代トップクラスの力の持ち主。
1800m戦はG1・アーカンソーダービーで勝っており距離も問題なし。

ハイヤーパワー(Higher Power)

パシフィッククラシック2019 ハイアーパワー

ハイヤーパワー・5歳牡馬
父:Medaglia d’Oro
母:Alternate
母父:Seattle Slew
主な成績:2019年・パシフィッククラシック(1着)

昨年のパシフィッククラシックを5馬身半差で圧勝した力の持ち主。
ブリーダーズカップクラシックでも3着に入るなどアメリカでもトップクラスの実力。

ムーチョグスト(Mucho Gusto)

ハスケル招待ステークス2019 マキシマムセキュリティ

ムーチョグスト・4歳牡馬
父:Mucho Macho Man
母:Itsagiantcauseway
母父:Giant’s Causeway
主な成績:2019年・ハスケル招待ステークス(2着)

ハスケル招待ステークス2着やトラヴァーズステークス3着など中距離G1で惜しい競馬を続けている。

タックス(Tax)

タックス

タックス・4歳せん馬
父:Arch
母:Toll
母父:Giant’s Causeway
主な成績:2019年・ジムダンディステークス(1着)

G1ではベルモントステークス4着が最高も、1800m戦ならジムダンディステークスやウィザーズステークスを制しておりチャンスあり。

ペガサスワールドカップ2020のオッズは?

予想オッズ

2020年のペガサスワールドカップのブックメーカーが発表しているオッズです。

  • Omaha Beach(1.83)
  • Higher Power(6.0)
  • mucho gusto(6.5)
  • Tax(13.0)
  • Diamond Oops(15.0)
  • Mr Freeze(26.0)
  • Seeking The Soul(26.0)
  • War Story(26.0)
  • True Timber(26.0)
  • Bodexpress(29.0)
  • Tenfold(34.0)

(Bet365参照・1月24日現在)

ペガサスワールドカップの日程・賞金

ペガサスワールドカップ 2018 ガンランナー

第4回 ペガサスワールドカップ(Pegasus World Cup)

2020年1月25日(土)アメリカ・ガルフストリームパーク競馬場
格:G1 総賞金:300万ドル(約3億2000万円)
年齢:4歳以上 距離:1,800m(ダート・左)

ペガサスワールドカップ・プレイバック

ペガサスワールドカップ2019 シティオブライト

2019年のペガサスワールドカップを制したのは「シティオブライト(City Of Light)」。水が浮く不良馬場を苦にせず直線では一人旅。後続に5馬身以上の差をつけ圧勝した。

2019年 ペガサスワールドカップ(Pegasus World Cup)

1着:City Of Light・シティオブライト
2着:Seeking The Soul(5-3/4馬身)
3着:Accelerate(1-3/4馬身)
4着:Bravazo(4-3/4馬身)
5着:Audible(クビ)

勝ちタイム:1.47.71
勝利騎手:Javier Castellano
馬場:Sloppy

2019年・ペガサスワールドカップ
アメリカで行われたペガサスワールドカップ2019の結果・動画です。ペガサスワールドCの着順は1着:City Of Light(シティオブライト)、2着:Seeking The Soul、3着:Accelerateとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

シェアする