【ペガサスワールドカップ 2018】出走予定馬・オッズ・賞金/世界最高賞金をめぐる争い

「ペガサスワールドカップ」は2018年1月27日にアメリカ・ガルフストリームパーク競馬場で行われる世界最高賞金の一戦。ペガサスワールドカップは2018年が第二回開催となる。昨年はアロゲートが優勝した。ペガサスWCの出走予定馬・オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。

動画・結果

2018年のペガサスワールドカップを制したのは「ガンランナー(Gun Runner)」。道中2番手から早め先頭に立ち、直線では力強くライバルたちをねじ伏せ完勝。ラストランを勝利で飾った。

動画・結果

ペガサスワールドカップ 2018 ガンランナー

【ペガサスワールドカップ 2018】動画・結果/ガンランナーが有終の美を飾る

「ペガサスワールドカップ 2018」の動画・結果です。ペガサスWCの結果は1着:Gun Runner(ガンランナー)、2着:West Coast、3着:Gunnevera。「ガンランナー」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

枠順

2018年・ペガサスワールドカップの枠順が発表されました。

ペガサスワールドカップ 2018 枠順

断然人気が予想され、ペガサスワールドカップを最後に種牡馬となる予定のガンランナーは6番ゲート、ブリーダーズカップクラシック3着からの巻き返しを狙うウエストコーストは2番ゲート、デットーリ騎手とのコンビを組むトーストオブニューヨークは9番ゲートからの発走となる。日本での馬券の販売はありません。

出走予定馬

2018年・ペガサスワールドカップの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

・ガンランナー(Gun Runner)

ガンランナー

ガンランナー・5歳牡馬

父:Candy Ride
母:Quiet Giant
母父:Giant’s Causeway

主な成績:2017年・BCクラシック(1着)

2018年のペガサスワールドカップでもっとも注目を集める存在なのはガンランナーだ。現在G1を4連勝中。前走のブリーダーズカップクラシックでは後続を2馬身以上離しての圧勝劇を見せた。
このレースを最後に引退の予定。ラストランを勝利で飾ることができるか。

・コレクテッド(Collected)

パシフィッククラシック 2017 コレクテッド

コレクテッド・5歳牡馬

父:City Zip
母:Helena Bay
母父:Johannesburg

主な成績:2017年・パシフィッククラシック(1着)

昨年のパシフィッククラシックではアロゲートを下しG1初制覇を果たしたコレクテッド。得意のサンタアニタパーク競馬場で逆転を狙う。

・ウエストコースト(West Coast)

トラヴァーズステークス 2017 ウェストコースト

ウエストコースト・4歳牡馬

父:Flatter
母:Caressing
母父:Honour And Glory

主な成績:2017年・トラヴァーズステークス(1着)

2017年のトラヴァーズステークス、ペンシルベニアダービーをともに圧勝し一気にスターダムへ駆けあがったウエストコースト。ブリーダーズカップでは先輩たちの後塵を拝したがリベンジの時がやってきた。一気に世代交代を目指す。

・トーストオブニューヨーク(Toast of New York)

トーストオブニューヨーク

トーストオブニューヨーク・7歳牡馬

父:Thewayyouare
母:Claire Soleil
母父:Syncline

主な成績:2014年・UAEダービー(1着)

2014年のUAEダービー勝ち馬・トーストオブニューヨークが再び大舞台に帰ってくる。
2014年のブリーダーズカップクラシック2着後に腱の負傷により引退。種牡馬入りしたものの2017年12月の一般戦で現役復帰を果たした。3年ぶりのレースを制しまだまだやれるところを見せた。一線級相手にどこまでやれるか注目が集まる。

オッズ

  • Gun Runner(1.2)
  • Collected(6.0)
  • West Coast(9.0)
  • Sharp Azteca(9.0)
  • Toast Of New York(17.0)
  • Gunnevera(21.0)
  • Stellar Wind(26.0)
  • Seeking The Soul(34.0)
  • Giant Expectations(34.0)
  • Game Over(51.0)
  • War Story(67.0)
  • Giuseppe The Great(67.0)
  • Fear The Cowboy(67.0)
  • Singing Bullet(101.0)

(Bet365参照・1月25日現在)

ガンランナーが断然の主役候補。ファンの期待に応えられるのか。

日程・賞金

第2回 ペガサスワールドカップ(Pegasus World Cup)
2018年1月27日(土)アメリカ・ガルフストリームパーク競馬場
格:G1 総賞金:1600万ドル(約18億円)
年齢:4歳以上 距離:1,800m(ダート・左)

プレイバック

2017年のペガサスワールドカップを制したのは「アロゲート(Arrogate)」。後続を5馬身近く引き離す圧勝劇で世界最高賞金の一戦を制した。今後の「アロゲート時代」の到来を予感させる闘いとなった。

2017年1月28日 ペガサスワールドカップ

1着:Arrogate(アロゲート)
2着:Shaman Ghost(4-3/4馬身)
3着:Neolithic(3-1/2馬身)
4着:Keen Ice(2-3/4馬身)
5着:War Story(2-1/4馬身)

勝ちタイム:1.47.61
勝利騎手:Mike E Smith

2017年・ペガサスワールドカップ

【ペガサスワールドカップ 2017】動画・結果/アロゲートが圧勝で初代王者に君臨する

【ペガサスワールドカップ 2017】動画・結果/アロゲートが圧勝で初代王者に君臨する

「ペガサスワールドカップ 2017」の動画・結果です。アメリカで行われたペガサスワールドカップの結果は1着:Arrogate(アロゲート)、2着:Shaman Ghost、3着:Neolithic。「アロゲート」が勝利した2017年のペガサスワールドカップの詳細をご覧ください。

シェアする