【フィリーズレビュー2023】出走予定馬・日程・賞金/華やかさと儚さ

フィリーズレビュー2022 サブライムアンセム

フィリーズレビューは2023年3月12日に阪神競馬場で行われ、桜の舞台を目指す牝馬たちのトライアル戦。フィリーズレビューは2023年で第57回を迎え、昨年はサブライムアンセムが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

華やかさと儚さ
スポンサーリンク

2023年・フィリーズレビューの出走予定馬をチェック

フィリーズレビュー・注目馬ピックアップ

2023年・フィリーズレビューの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ブトンドール(Bouton d’Or)

ブトンドール・3歳牝馬
父:ビッグアーサー
母:プリンセスロック
母父:スウィフトカレント
主な勝鞍:2022年・函館2歳ステークス
馬名の由来:金のボタン(仏)

2022年の函館2歳ステークス勝ち馬で、阪神芝1400mで開催されたファンタジーステークスでも2着の実績あり。
距離的に桜花賞よりここが勝負となりそう。

リバーラ(Rivara)

リバーラ・3歳牝馬
父:キンシャサノキセキ
母:インドリヤ
母父:Stormy Atlantic
主な勝鞍:2022年・ファンタジーステークス
馬名の由来:イタリアの自治体名

同舞台で開催されたファンタジーステークスでは10番人気をあざ笑うように軽快に逃げ切り重賞初Vを果たした。
再現なるか。

イティネラートル(Itinerator)

イティネラートル・3歳牝馬
父:キズナ
母:ジプシーハイウェイ
母父:High Chaparral
主な勝鞍:2022年・りんどう賞
馬名の由来:旅人(ラテン語)

阪神芝1400m戦はりんどう賞で3馬身千切って勝った舞台。
リズム良く逃げられれば。

フィリーズレビューの日程・賞金

スポンサーリンク
第57回 フィリーズレビュー(Fillies’ Revue)

フィリーズレビュー2021 シゲルピンクルビー

2023年3月12日(日)阪神競馬場
格:G2 1着本賞金:5,200万円
年齢:3歳牝馬 距離:1,400m(芝・右)

フィリーズレビューは3着までの馬に桜花賞の優先出走権が付与されるトライアル戦。
過去の勝ち馬にはキョウエイマーチやラインクラフトといった後の桜花賞馬や、メイショウマンボといったオークス馬が名を連ねている。

桜花賞
桜花賞は2023年4月9日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2023年で第83回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はスターズオンアースが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

フィリーズレビュー・プレイバック

フィリーズレビュー2013 メイショウマンボ

2013年のフィリーズレビューを制したのは「メイショウマンボ(Meisho Mambo)」。4コーナーから早めに動いて、直線でもそのまま脚を伸ばして差し切りV。この勝利がうれしい重賞初勝利となった。
この後は武幸四郎騎手とのコンビでオークス、秋華賞、エリザベス女王杯を制し、2013年のJRA最優秀3歳牝馬に輝くこととなる。

フィリーズレビュー (GII)

1着:メイショウマンボ
2着:ナンシーシャイン(1-1/4馬身)
3着:ティズトレメンダス(1/2馬身)
4着:ノーブルコロネット(ハナ)
5着:シーブリーズライフ(クビ)

勝ちタイム:1.22.1
勝利騎手:川田 将雅
馬場:良

2013年・フィリーズレビューの全着順・動画・コメントをチェック!
フィリーズレビュー2013の動画・結果をまとめた記事です。2013年のフィリーズレビューの結果は1着:メイショウマンボ、2着:ナンシーシャイン、3着:ティズトレメンダスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする