【フィリーズレビュー2020】出走予定馬・予想オッズ・賞金/華やかさと儚さ

【フィリーズレビュー2020】出走予定馬・予想オッズ・賞金/華やかさと儚さ

フィリーズレビュー2019 ノーワン

フィリーズレビューは2020年3月15日に阪神競馬場で行われ、桜の舞台を目指す牝馬たちのトライアル戦。フィリーズレビューは2020年で第54回を迎え、昨年はノーワンとプールヴィルが同着で制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。

華やかさと儚さ
スポンサーリンク

2020年・フィリーズレビューの出走予定馬をチェック

フィリーズレビューの枠順決定!(3月13日)

フィリーズレビュー2020 枠順

2020年・フィリーズレビューの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではアヌラーダプラが7枠14番、カリオストロは1枠1番、ヤマカツマーメイドは4枠7番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2020年・フィリーズレビューの追い切り・コメントをチェック!
フィリーズレビュー2020の追い切り・コメントの記事です。フィリーズレビューの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(3月12日)

2020年・フィリーズレビューの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

  • アヌラーダプラ(三浦皇成)
  • ヴァラークラウン(古川吉洋)
  • エヴァジョーネ(和田竜二)
  • エーポス(岩田康誠)
  • カリオストロ(松山弘平)
  • クーファイザナミ(A.シュタルケ)
  • ケープコッド(M.デムーロ)
  • ソフィアバローズ(菱田裕二)
  • ソーユーフォリア(浜中俊)
  • ナイントゥファイブ(松田大作)
  • パフェムリ(西村淳也)
  • フェアレストアイル(坂井瑠星)
  • マテンロウディーバ(藤岡佑介)
  • ミズリーナ(武豊
  • メルテッドハニー(斎藤新)
  • ヤマカツマーメイド(池添謙一)
  • ラボエーム(秋山真一郎)
  • ルーチェデラヴィタ(幸英明)
除外馬&回避馬
  • インザムービー(未定)
  • クリノプレミアム(未定)
  • シャレード(未定)
  • ソングオブザハート(未定)
  • デンタルバルーン(西村淳也)
  • ヒメノカリス(未定)
  • ボンボヤージ(川須栄彦)
  • ヤマニンエルモサ(藤懸貴志)
フィリーズレビュー・注目馬ピックアップ

2020年・フィリーズレビューの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ヤマカツマーメイド(Yamakatsu Mermaid)

ヤマカツマーメイド・3歳牝馬
父:ロードカナロア
母:ヤマカツマリリン
母父:グラスワンダー
主な勝鞍:2019年・りんどう賞
馬名の由来:冠名+人魚

阪神ジュベナイルフィリーズ5着の実績が光る。
1400mの方が競馬がしやすそう。

ケープコッド(Cape Cod)

ケープコッド・3歳牝馬
父:ダイワメジャー
母:ハーロンベイ
母父:Elusive Quality
主な勝鞍:2019年・クリスマスローズステークス
馬名の由来:マサチューセッツ州に存在する半島の名前

オープン特別を2勝しており賞金的にはクラシック参戦が可能。
これまで1200mの実績しかないところが気がかりではあるが。

ルーチェデラヴィタ(Luce della Vita)

ルーチェデラヴィタ・3歳牝馬
父:キズナ
母:トウカイライフ
母父:トウカイテイオー
主な勝鞍:2019年・コスモス賞
馬名の由来:人生の光(伊)

コスモス賞で2勝目を挙げているキズナ産駒。
鞍上に藤田菜七子騎手を迎える予定だったが骨折で白紙に。

マテンロウディーバ(Matenro Diva)

マテンロウディーバ・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ライトニングパール
母父:Marju
主な勝鞍:2019年・2歳新馬
馬名の由来:摩天楼+歌姫

前走の紅梅ステークスでは上がり最速タイムで追い上げるも3着。
もう取りこぼしは許されない。

アヌラーダプラ(Anuradhapura)

アヌラーダプラ・3歳牝馬
父:キングカメハメハ
母:ポロンナルワ
母父:Rahy
主な勝鞍:2019年・2歳1勝クラス
馬名の由来:スリランカ北中部州にある古都名。母名より連想

フェアリーステークスでは1番人気に支持されるも6着に沈んだ。
末脚生きる流れになれば。

ソーユーフォリア(So Euphoria)

ソーユーフォリア・3歳牝馬
父:エピファネイア
母:シードオブハピネス
母父:ゼンノロブロイ
主な勝鞍:2019年・2歳未勝利
馬名の由来:とても幸せ

主な回避馬

ヒメノカリス(Hymenocallis)

ヒメノカリス・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ドバイマジェスティ
母父:Essence of Dubai
主な勝鞍:2020年・3歳未勝利
馬名の由来:ドバイのブルジュ・ハリファのデザインの基になった砂漠の花

11日の追い切り後に発熱し、投薬治療を受けた。
武豊騎手とのコンビで参戦予定だったが回避することとなった。

フィリーズレビュー2020の予想オッズ

スポンサーリンク

予想オッズ

2020年・フィリーズレビューの予想オッズはこのように予想しています。
G1馬の兄を持つ良血馬ヒメノカリスが1番人気に支持されると予想します。
上位5頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

予想オッズ
  1. ヒメノカリス(3.0)
  2. アヌラーダプラ(3.5)
  3. ヤマカツマーメイド(4.5)
  4. カリオストロ(5.5)
  5. ケープコッド(6.5)
  6. マテンロウディーバ(18.0)
  7. ルーチェデラヴィタ(25.0)
  8. クリノプレミアム(33.0)
  9. フェアレストアイル(45.0)
  10. ソーユーフォリア(☆)
  11. ヴァラークラウン(☆)
  12. クーファイザナミ(☆)
  13. エヴァジョーネ(☆)
  14. エーポス(☆)
  15. シャレード(☆)
  16. インザムービー(☆)
  17. パフェムリ(☆)
  18. デンタルバルーン(☆)
  19. ソフィアバローズ(☆)
  20. ソングオブザハート(☆)
  21. ミズリーナ(☆)
  22. ナイントゥファイブ(☆)
  23. ヤマニンエルモサ(☆)
  24. ラボエーム(☆)
  25. メルテッドハニー(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

フィリーズレビュー2020の日程・賞金

フィリーズレビュー 2018 リバティハイツ

第54回 フィリーズレビュー(Fillies’ Revue)

2020年3月15日(日)阪神競馬場
格:G2 1着本賞金:5,200万円
年齢:3歳牝馬 距離:1,400m(芝・右)

フィリーズレビューは3着までの馬に桜花賞の優先出走権が付与されるトライアル戦。
過去の勝ち馬にはキョウエイマーチやラインクラフトといった後の桜花賞馬や、メイショウマンボといったオークス馬が名を連ねている。

桜花賞
桜花賞は2020年4月12日に阪神競馬場で行われる3歳牝馬クラシックの1戦目。2020年で第80回を迎え、今年も桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はグランアレグリアが制した。桜花賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。

フィリーズレビュー・プレイバック

フィリーズレビュー2019

2019年のフィリーズレビューを制したのは「ノーワン(No One)プールヴィル(Pourville)」。勢いよく伸びてきた2頭が同着で勝利を分け合った。

フィリーズレビュー (GII)

1着同着:ノーワン
1着同着:プールヴィル(同着)
3着:ジュランビル(1/2馬身)
4着:イベリス(アタマ)
5着:メイショウケイメイ(3/4馬身)

勝ちタイム:1.22.0
優勝騎手:坂井 瑠星、秋山 真一郎
馬場:稍重

2019年・フィリーズレビュー
フィリーズレビュー2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のフィリーズレビューの着順は1着同着:ノーワン、1着同着:プールヴィル、3着:ジュランビルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする