【スパーキングレディーカップ2020】出走予定馬・予想オッズ・賞金/火花を散らす戦い

【スパーキングレディーカップ2020】出走予定馬・予想オッズ・賞金/火花を散らす戦い

スパーキングレディーカップ2019 ファッショニスタ

スパーキングレディーカップは2020年7月15日に川崎競馬場で行われる牝馬限定の交流重賞。スパーキングレディーカップは2020年で第24回を迎え、昨年はファッショニスタが勝利を収めた。出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

火花を散らす戦い
スポンサーリンク

2020年・スパーキングレディーカップの出走予定馬をチェック

スパーキングレディーカップの枠順決定!(7月12日)

スパーキングレディーカップ2020 枠順

2020年・スパーキングレディーカップの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではファッショニスタが1枠1番、メモリーコウは5枠5番、メイクハッピーは8枠10番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

スパーキングレディーカップ・注目馬ピックアップ

2020年・スパーキングレディーカップの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ファッショニスタ(Fashionista)

ファッショニスタ・6歳牝馬
父:ストリートセンス
母:アクアリスト
母父:コロナドズクエスト
主な勝鞍:2019年・スパーキングレディーカップ
馬名の由来:最新ファッションに通じている人物

昨年は後続に4馬身の差をつける圧勝。
重賞を初めて制した思い出の舞台で必勝を誓う。

メイクハッピー(Make Happy)

メイクハッピー・4歳牝馬
父:Square Eddie
母:Silar Rules
母父:Ten Most Wanted
主な勝鞍:2020年・下総ステークス
馬名の由来:幸せにする

3勝クラスの下総ステークスでは牡馬相手に勝利。
全日本2歳優駿で4着に入った実力は如何に?

メモリーコウ(Memory Ko)

メモリーコウ・5歳牝馬
父:エスポワールシチー
母:メモリーキャップ
母父:キャプテンスティーヴ
主な勝鞍:2019年・観月橋ステークス
馬名の由来:冠名+人名より

マリーンカップ2着やTCK女王盃3着など重賞でも通用するところを見せている。

ワンダーアマービレ(Wonder Amabile)

ワンダーアマービレ・6歳牝馬
父:サマーバード
母:ワンダービーナス
母父:バゴ
主な勝鞍:2020年・天満橋ステークス
馬名の由来:冠名+愛嬌のある(伊)

なかなか初勝利を上げれず地方移籍の経験のある苦労娘。
35戦を費やし遂に条件クラスを突破した。
初の重賞戦でどこまで喰らいつけるか。

サルサディオーネ(Salsa Dione)

サルサディオーネ・6歳牝馬
父:ゴールドアリュール
母:サルサクイーン
母父:リンドシェーバー
主な勝鞍:2020年・マリーンカップ
馬名の由来:母名の一部+ギリシャ神話の天空の女神

今年のマリーンカップで重賞初勝利。
昨年2着の悔しさをバネに。

サラーブ(Sarab)

サラーブ・5歳牝馬
父:ルーラーシップ
母:サマーハ
母父:シングスピール
主な勝鞍:2019年・ポプラ特別
馬名の由来:蜃気楼(アラビア語)

マイルはベストな距離。
地元の名手、森泰斗騎手を背に大駆けを狙う。

スパーキングレディーカップ2020の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2020年・スパーキングレディーカップの予想オッズはこのように予想しています。
昨年の覇者で、再び川田騎手とのコンビで挑むファッショニスタが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ファッショニスタ(1.6)
  2. メイクハッピー(3.5)
  3. メモリーコウ(6.0)
  4. サルサディオーネ(6.5)
  5. ワンダーアマービレ(20.0)
  6. サラーブ(30.0)
  7. マルカンセンサー(☆)
  8. ピコタン(☆)
  9. ナムラアヴィ(☆)
  10. フラワーオアシス(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スパーキングレディーカップの日程・賞金

スパーキングレディーカップ 2018 リエノテソーロ

第24回 スパーキングレディーカップ(Sparking Lady Cup)

2020年7月15日(水)川崎競馬場
格:Jpn3 1着本賞金:2,500万円
年齢:3歳以上牝馬 距離:1,600m(ダート・左)

スパーキングレディーカップは川崎競馬場で行われるダートグレード競争。
例年JRA勢が強く、地方勢が優勝したのは2008年のトーセンジョウオーまで遡らなければならない。

スパーキングレディーカップ・プレイバック

スパーキングレディーカップ2019 ファッショニスタ

2019年のスパーキングレディーカップを制したのは「ファッショニスタ(Fashionista)」。2番手からうまく流れに乗ると直線では独走。後続に4馬身の差をつける圧勝で重賞タイトルを手にした。

2019年・スパーキングレディーカップ(JpnIII)

1着:ファッショニスタ
2着:サルサディオーネ(4馬身)
3着:ローレライ(6馬身)
4着:マドラスチェック(クビ)
5着:マルカンセンサー(クビ)

勝ちタイム:1.40.6
優勝騎手:川田将雅
馬場:不良

2019年・スパーキングレディーカップ
スパーキングレディーカップ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のスパーキングレディーCの着順は1着:ファッショニスタ、2着:サルサディオーネ、3着:ローレライとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする