【オーバルスプリント2020】出走予定馬・予想オッズ・結果/地方馬の活躍目立つ

オーバルスプリント2019 ノブワイルド

オーバルスプリントは2020年9月22日に浦和競馬場で行われる短距離の交流重賞。オーバルスプリントは2020年で第31回を迎え、昨年はノブワイルドが勝利を収めた。出走予定馬・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

地方馬の活躍目立つ
スポンサーリンク

2020年・オーバルスプリントの結果は!?

オーバルスプリント2020 サクセスエナジー

2020年のオーバルスプリントを制したのは『サクセスエナジー(Success Energy)』。58kgの斤量を感じさせない力強い走りでゴール板を駆け抜け4つ目の重賞タイトルを獲得した。

オーバルスプリント(Jpn3)

1着:サクセスエナジー
2着:ベストマッチョ(2馬身)
3着:ノブワイルド(ハナ)
4着:サヴィ(2-1/2馬身)
5着:トップウイナー(3/4馬身)

勝ちタイム:1.26.7
優勝騎手:松山 弘平
馬場:良

2020年・オーバルスプリントの全着順、動画、コメントもチェック!
オーバルスプリント2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のオーバルスプリントの着順は1着:サクセスエナジー、2着:ベストマッチョ、3着:ノブワイルドとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・オーバルスプリントの出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
オーバルスプリントの枠順決定!(9月19日)

オーバルスプリント2020 枠順

2020年・オーバルスプリントの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではサヴィが4枠4番、ノブワイルドは3枠3番、サクセスエナジーは8枠10番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

オーバルスプリント・注目馬ピックアップ

2020年・オーバルスプリントの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

サヴィ(Savvy)

サヴィ・6歳牡馬
父:ストリートセンス
母:ヴィヴァヴォーチェ
母父:アルカセット
主な勝鞍:2020年・サマーチャンピオン
馬名の由来:知る

サマーチャンピオンで重賞初制覇。
6歳にして成長著しい。

トップウイナー(Top Winner)

トップウイナー・4歳牡馬
父:バゴ
母:トップアクトレス
母父:テイエムオペラオー
主な勝鞍:2020年・欅ステークス
馬名の由来:冠名+勝利者

今年に入りシドニートロフィーを制し条件戦をクリアし、欅ステークスでオープンクラスも勝利した。
重賞初制覇なるか。

サクセスエナジー(Success Energy)

サクセスエナジー・6歳牡馬
父:キンシャサノキセキ
母:サクセスアイニー
母父:ジャングルポケット
主な勝鞍:2018年・さきたま杯
馬名の由来:冠名+エネルギー

1400m戦で重賞3勝。
得意の形にもちこめれば。

ノブワイルド(Nobu Wild)

ノブワイルド・8歳牡馬
父:ヴァーミリアン
母:コウエイベスト
母父:アンバーシャダイ
主な勝鞍:2019年・オーバルスプリント
馬名の由来:冠名+野生の

連覇中のディフェンディングチャンピオン。
史上初の3連覇なるか。

ベストマッチョ(Best Macho)

ベストマッチョ・7歳せん馬
父:Macho Uno
母:Encore
母父:Storm Cat
主な勝鞍:2020年・プラチナカップ
馬名の由来:最高の逞しさ

移籍2戦目となったプラチナカップを快勝。
さらなる逞しさを身に着けJRA勢を迎え撃つ。

オーバルスプリント2020の予想オッズ

予想オッズ

予想オッズ

2020年・オーバルスプリントの予想オッズはこのように予想しています。
前走のサマーチャンピオンで重賞初制覇を果たしたサヴィが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. サヴィ(2.5)
  2. ノブワイルド(3.5)
  3. サクセスエナジー(4.5)
  4. トップウイナー(6.0)
  5. ベストマッチョ(10.0)
  6. ナラ(☆)
  7. ブラックジョー(☆)
  8. スティンライクビー(☆)
  9. キングルアウ(☆)
  10. マイネルネーベル(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

オーバルスプリントの日程・賞金

第31回 オーバルスプリント(Tele Tama Hai Oval Sprint)

オーバルスプリント 2018 ノブワイルド

2020年9月22日(祝・火)浦和競馬場
格:Jpn3 1着本賞金:2,100万円
年齢:3歳以上 距離:1,400m(ダート・左)

オーバルスプリントは浦和競馬場で行われるダートグレード競争。
2011年から交流競走になったのだが、これまでに地方馬が3勝するなど健闘している。

オーバルスプリント・プレイバック

オーバルスプリント2019 ノブワイルド

2019年のオーバルスプリントを制したのは「ノブワイルド(Nobu Wild)」。後続を寄せ付けない逃げで他馬を圧倒し、連覇達成となった。

2019年・オーバルスプリント(JpnIII)

1着:ノブワイルド
2着:ワイドファラオ(1-1/2馬身)
3着:ヤマニンアンプリメ(1-1/2馬身)
4着:ノボバカラ(クビ)
5着:サクセスエナジー(1馬身)

勝ちタイム:1.25.3
優勝騎手:左海 誠二
馬場:稍重

2019年・サマーチャンピオンの全着順、動画、コメントもチェック!
オーバルスプリント2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のオーバルスプリントの着順は1着:ノブワイルド、2着:ワイドファラオ、3着:ヤマニンアンプリメとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする