【きさらぎ賞2022】出走予定馬・日程・賞金/寒さの中に春の芽吹きを

きさらぎ賞2021 ラーゴム

きさらぎ賞は2022年2月6日に中京競馬場で行われる3歳限定の中距離重賞戦。きさらぎ賞は2022年で第62回を迎え、昨年はラーゴムが優勝した。きさらぎ賞の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

寒さの中に春の芽吹きを
スポンサーリンク

2022年・きさらぎ賞の出走予定馬をチェック

きさらぎ賞・注目馬ピックアップ
出走予定馬(1月22日)

2022年のきさらぎ賞の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

  • アスクワイルドモア()
  • エアアネモイ()
  • ショウナンマグマ()
  • ストロングウィル(松山弘平)
  • セルケト()
  • ダンテスヴュー(川田将雅
  • トーセンヴァンノ()
  • フォースクエア()
  • マテンロウレオ()

2022年・きさらぎ賞の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ダンテスヴュー(Dante’s View)

ダンテスヴュー・3歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:クロウキャニオン
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2021年・2歳未勝利
馬名の由来:デスバレーの景勝地

半兄ストーンリッジ、ヨーホーレイクの2頭はきさらぎ賞で2着に敗れている。
兄たちのリベンジへ。
鞍上は引き続き川田騎手が跨る。

ストロングウィル(Strong Will)

ストロングウィル・3歳牡馬
父:シルバーステート
母:カワイコチャン
母父:ゴールドヘイロー
主な勝鞍:2021年・2歳未勝利
馬名の由来:強い意志

1.7倍の人気に応え阪神2000mの未勝利戦を快勝。
松山騎手とのコンビで重賞初勝利を狙う。

マテンロウレオ(Matenro Leo)

マテンロウレオ・3歳牡馬
父:ハーツクライ
母:サラトガヴィーナス
母父:ブライアンズタイム
主な勝鞍:2021年・2歳新馬
馬名の由来:摩天楼+星座の名

G1初挑戦となったホープフルステークスでは0.5秒差の6着。

アスクワイルドモア(Ask Wild More)

アスクワイルドモア・3歳牡馬
父:キズナ
母:ラセレシオン
母父:ゼンノロブロイ
主な勝鞍:2021年・2歳未勝利
馬名の由来:冠名+もっとワイルドに

札幌2歳ステークス2着馬。
G1初挑戦となったホープフルステークスでは後方から脚を伸ばすも10着どまり。

エアアネモイ(Air Anemoi)

エアアネモイ・3歳牡馬
父:Point of Entry
母:Nokaze
母父:エンパイアメーカー
主な勝鞍:2021年・2歳新馬
馬名の由来:冠名+ギリシャ神話の風の神たち

新馬戦は逃げて上がり最速タイムを計測し、3馬身差の圧勝。
まだまだ良くなりそう。

セルケト(Serket)

セルケト・3歳牝馬
父:ディープブリランテ
母:セルキス
母父:Monsun
主な勝鞍:2022年・3歳未勝利
馬名の由来:古代エジプト神話の女神。呼吸させる者の意

中京芝2000mの未勝利戦を勝ち上がってきた。

フォースクエア(Foursquare)

フォースクエア・3歳牡馬
父:エピファネイア
母:テネイシャス
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2021年・2歳新馬
馬名の由来:確固とした勝利への意志。母名より連想

きさらぎ賞の日程・賞金

スポンサーリンク
第62回 きさらぎ賞(Kisaragi Sho)

きさらぎ賞2020 コルテジア

2022年2月6日(日)中京競馬場
格:G3 1着賞金:4,000万円
年齢:3歳 距離:2,000m(芝・左)

スポンサーリンク

きさらぎ賞・プレイバック

きさらぎ賞2016 サトノダイヤモンド

2016年のきさらぎ賞を制したのは『サトノダイヤモンド(Satono Diamond)』。1.2倍の人気に応える走りで他馬を圧倒。後続に3馬身半の差をつけ重賞初勝利を飾った。
その後、菊花賞、有馬記念を制し2016年の最優秀3歳牡馬を獲得することとなる。

きさらぎ賞(GIII)

1着:サトノダイヤモンド
2着:レプランシュ(3-1/2馬身)
3着:ロイカバード(アタマ)
4着:ノガロ(1-3/4馬身)
5着:オンザロックス(5馬身)

勝ちタイム:1.46.9
勝利騎手:C.ルメール
馬場:良

2016年・きさらぎ賞の全着順、動画、コメントもチェック!
きさらぎ賞2016の結果・動画をまとめた記事です。2016年・きさらぎ賞の結果は1着:サトノダイヤモンド、2着:レプランシュ、3着:ロイカバードとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする