【JBC2歳優駿2020】出走予定馬・日程・賞金/新たな歴史が始まる

北海道2歳優駿2019 キメラヴェリテ

JBC2歳優駿は2020年11月3日に門別競馬場で行われる二歳限定の交流重賞。JBC2歳優駿は2020年で第1回を迎える新設重賞となっている。出走予定馬・賞金・日程・過去の結果などをチェックしてみよう。

新たな歴史が始まる
スポンサーリンク

2020年・JBC2歳優駿の出走予定馬をチェック

JBC2歳優駿・注目馬ピックアップ

2020年・JBC2歳優駿の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

レイニーデイ(Rainy Day)

レイニーデイ・2歳牡馬
父:ジャスタウェイ
母:マスターチアフル
母父:ボストンハーバー
主な勝鞍:2020年・2歳未勝利
馬名の由来:今日も雨だった

初ダート戦となった未勝利戦では逃げて上がり最速タイムで駆け抜け後続に5馬身の差をつけレコードタイムで圧勝。
適性はかなり高い。

タイセイアゲイン(Taisei Again)

タイセイアゲイン・2歳牡馬
父:パイロ
母:アーバンレジェンド
母父:アグネスタキオン
主な勝鞍:2020年・プラタナス賞
馬名の由来:冠名+もう一度

プラタナス賞を制し2勝目を挙げた。
無敗で底を見せていない。

プライムデイ(Prime Day)

プライムデイ・2歳牡馬
父:キズナ
母:ベストオブミー
母父:ブライアンズタイム
主な勝鞍:2020年・2歳未勝利
馬名の由来:特別な日

未勝利戦を大差で圧勝したものの、プラタナス賞は9着と大敗。

カズカポレイ(Kazu Kapolei)

カズカポレイ・2歳牡馬
父:ドゥラメンテ
母:プリティカポレイ
母父:クロフネ
主な勝鞍:2020年・2歳未勝利
馬名の由来:冠名+ハワイの地名。母名より連想

新潟1800m戦の未勝利戦を8馬身差で勝利。

ブライトフラッグ(Bright Flag)

ブライトフラッグ・2歳牡馬
父:ヴィクトワールピサ
母:ブライトアバンダンス
母父:Quiet American
主な勝鞍:2020年・ブリーダーズゴールドジュニアカップ
馬名の由来:輝く旗。母名より連想

ブリーダーズゴールドジュニアカップを1番人気で逃げ切った地元の注目馬。
地の利を生かして。

JBC2歳優駿の日程・賞金

スポンサーリンク
第1回 JBC2歳優駿(JBC Nisai Yushun)

北海道2歳優駿 2018 ウィンターフェル

2020年11月3日(祝・火)門別競馬場
格:Jpn3 1着本賞金:3,000万円
年齢:2歳 距離:1,800m(ダート・右)

JBC2歳優駿は門別競馬場で行われるダートグレード競争。
昨年までは北海道2歳優駿の名で開催されていたが、2020年からJBC2歳優駿に名称が変更された(回次は北海道2歳優駿を引き継がず、2020年が第1回となる)。

同日に開催されるJBCクラシックなどJBC3競走は大井競馬場で開催される。

JBC2歳優駿・プレイバック

北海道2歳優駿2019 キメラヴェリテ

2019年の北海道2歳優駿(現・JBC2歳優駿)を制したのは「キメラヴェリテ(Chimera Verite)」。スタートから先手を主張しハナを奪うと、直線でもしぶとい脚を使い逃げ切りV。うれしい重賞初制覇を果たした。
2着には1-1/2馬身差でアベニンドリーム、さらにハナ差の3着にはピオノノが入った。

2019年・北海道2歳優駿

1着:キメラヴェリテ
2着:アベニンドリーム(1-1/2馬身)
3着:ピオノノ(ハナ)
4着:アジュバント(2馬身)
5着:マイネルアストリア(2馬身)

勝ちタイム:1.56.2
優勝騎手:福永 祐一
馬場:良

2019年・北海道2歳優駿の全着順、動画、コメントをチェック!
北海道2歳優駿2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の北海道2歳優駿の着順は1着:キメラヴェリテ、2着:アベニンドリーム、3着:ピオノノとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする