【日経新春杯2019予想オッズ】グローリーヴェイズが人気の中心

グローリーヴェイズ

日経新春杯2019の予想オッズをまとめた記事です。2019年・日経新春杯の上位人気予想はグローリーヴェイズ、メイショウテッコン、ムイトオブリガードの3頭と考えています。春を占うハンデ重賞の予想オッズはこれだ!

日経新春杯/グローリーヴェイズが人気の中心

2019年1月13日(日) | 1回京都4日 | 15:45 発走
第66回 日経新春杯(GII)芝・右 2400m
Nikkei Shinshun Hai (G2)

日経新春杯2019の予想オッズ

出走予定馬

2019年・日経新春杯の出走予定馬・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には出走予定馬の中からピックアップした注目馬も書いております。

日経新春杯2019の出走予定馬・騎手の情報です。2019年の日経新春杯の出走予定馬にはガンコやメイショウテッコンなどが名を連ねています。G2戦ながらハンデキャップ競争。例年は人気馬が強いが今年は…。

2019年・日経新春杯の予想オッズはこのように予想しています。
きさらぎ賞2着や菊花賞5着など京都コースの重賞で好走してきたグローリーヴェイズが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. グローリーヴェイズ(2.5)
  2. メイショウテッコン(3.5)
  3. ムイトオブリガード(4.0)
  4. アフリカンゴールド(7.5)
  5. ルックトゥワイス(12.0)
  6. ガンコ(16.0)
  7. シュペルミエール(20.0)
  8. ウインテンダネス(22.0)
  9. ノーブルマーズ(25.0)
  10. ロードヴァンドール(35.0)
  11. サラス(☆)
  12. アイトーン(☆)
  13. ダッシングブレイズ(☆)
  14. エーティーサンダー(☆)
  15. ケントオー(☆)
  16. マサハヤドリーム(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

関連記事
今週行われる重賞の追い切り記事もチェックだ!

日経新春杯2019の追い切り・コメントの記事です。日経新春杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
フェアリーステークス2019の追い切り・コメントの記事です。フェアリーステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

日経新春杯の上位人気馬

4コーナー

日経新春杯で上位人気が予想される馬はこちら!

グローリーヴェイズ(Glory Vase)

グローリーヴェイズ・4歳牡馬
6戦2勝 [2-2-0-2]
父:ディープインパクト
母:メジロツボネ
母父:スウェプトオーヴァーボード
馬名の由来:栄光のつぼ。母名より連想
前走:菊花賞・5着(12番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

デムーロ騎手を背に55kgのハンデで出られるのは大きい。
ディープ産駒らしい鋭い切れ味が京都で炸裂するか。

メイショウテッコン(Meisho Tekkon)

メイショウテッコン・4歳牡馬
9戦4勝 [4-0-1-4]
父:マンハッタンカフェ
母:エーシンベロシティ
母父:Lemon Drop Kid
馬名の由来:冠名+鉄魂
前走:菊花賞・14着(5番人気)
(鞍上予定:武豊)

前走はスタートが決まらず競馬にならなかった。
武豊騎手との再コンビにも注目が集まる。

ムイトオブリガード(Muito Obrigado)

ムイトオブリガード・5歳牡馬
16戦5勝 [5-4-1-6]
父:ルーラーシップ
母:ピサノグラフ
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:どうもありがとう(ポルトガル語)
前走:アルゼンチン共和国杯・2着(1番人気)
(鞍上予定:川田将雅)

前走のアルゼンチン共和国杯では1番人気に支持されるもスローペースに泣き前を捕えきれず2着に敗れた。
レースの流れがカギを握りそうだ。

10年間の人気別データ

日経新春杯2019 オッズデータ

日経新春杯は過去10年、1番人気は【3-4-1-2】と複勝率80%。
1~4番人気に広げてみても【7.9.6.18】で連対率40%とハンデ戦らしくなく、人気馬がきっちり馬券に絡んでいる。

中穴の激走は少ないが、二桁人気は2勝を含む4頭が馬券に絡んでおり、穴馬にも注意を払いたい。

関連記事
他の重賞レース記事を忘れずチェック!

フェアリーステークス2019の出走予定馬・騎手・予想オッズの情報です。2019年のフェアリーステークスの出走予定馬にはコントラチェックやタニノミッションなどが名を連ねています。10年で3連単10万越えが6回と荒れる重賞。今年も荒れるのか。
京成杯2019の出走予定馬・騎手の情報です。2019年の京成杯の出走予定馬にはシークレットランやランフォザローゼスなどが名を連ねています。クラシックに乗るためにも賞金を加算したい馬たちが集結。

日経新春杯のオッズデータ

ここでは日経新春杯の過去のデータを振り返ってみます。
過去の歴史から思わぬ穴馬の傾向が見つかるかも!?

10年間、1番人気薄で勝った馬

2009年・テイエムプリキュア(単勝 3,440円:11番人気)
鳴尾記念(阪神・芝1800m)13着 ⇒ 愛知杯(中京・芝2000m)18着からの参戦

10年間、3着以内に来た馬の中で人気順で1番人気薄だった馬

2010年・レッドアゲート(単勝 12,260円:12番人気・3着)
カシオペアステークス(京都・芝1800m)8着 ⇒ アンドロメダステークス(京都・芝2000m)16着からの参戦

10年間、最低配当だった3連単

2011年(良馬場)・3,250円(7番人気)
1着:ルーラーシップ(2番人気 3.2倍)
2着:ヒルノダムール(3番人気 5.5倍)
3着:ローズキングダム(1番人気 2.0倍)

10年間、最高配当だった3連単

2009年(良馬場)・213,570円(637番人気)
1着:テイエムプリキュア(11番人気 34.4倍)
2着:ナムラマース(3番人気 5.4倍)
3着:タガノエルシコ(4番人気 6.3倍)

1番人気だったヒカルカザブエは7着、2番人気だったアドマイヤモナークは5着に敗れた。

日程・賞金

日経新春杯 2018 パフォーマプロミス

日経新春杯

日程・発走予定時刻
2019年1月13日(日)15時45分発走予定

場所・距離
京都競馬場・芝・2400m


G2

1着賞金
5,700万円