【武蔵野ステークス2019】結果・動画/ワンダーリーデルが差し切り重賞初制覇

武蔵野ステークス2019 ワンダーリーデル

武蔵野ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の武蔵野ステークスの着順は1着:ワンダーリーデル、2着:タイムフライヤー、3着:ダノンフェイスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年の武蔵野ステークスはワンダーリーデルが差し切り重賞初制覇

2019年11月9日(土) | 5回東京3日 | 15:30 発走
第24回 武蔵野ステークス(GIII)ダート・左 1600m
Musashino Stakes (G3)

スポンサーリンク

2019年・武蔵野ステークスの動画

関連記事

昨年の武蔵野ステークスはサンライズノヴァが制していた。

武蔵野ステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:サンライズノヴァ、2着:クインズサターン、3着:ナムラミラクルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年・武蔵野ステークスの結果

1着:ワンダーリーデル
2着:タイムフライヤー(1-1/4馬身)
3着:ダノンフェイス(1/2馬身)
4着:ダンツゴウユウ(1-1/2馬身)
5着:サンライズノヴァ(3/4馬身)
6着:アードラー
7着:デュープロセス
8着:カフジテイク
9着:ドリームキラリ
10着:グルーヴィット
11着:エアアルマス
12着:フェニックスマーク
13着:アディラート
14着:スウィングビート
15着:マジカルスペル
16着:ミキノトランペット

勝ちタイム:1.34.6
優勝騎手:横山 典弘
馬場:良

関連記事

G1・チャンピオンズカップをにぎわす馬は?

チャンピオンズカップは2019年12月1日に中京競馬場で行われる秋の中距離ダート王を決める一戦。チャンピオンズカップは2019年で第20回を迎え、昨年はルヴァンスレーヴが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

1着 ワンダーリーデル(横山典弘騎手)
「強かったね。自在性のある馬だなとみていたけど、ベストのポジションから行けたし、思っていた以上にはじけてくれた。堅実に走ってくれるし、距離も心配ないと思う」

2着 タイムフライヤー(藤岡佑介騎手)
「前走が2000メートルで力んだので前に馬を置いて行くという指示。終止リラックスしていて勝ち馬が外にふくれたところを内から。勝ちパターンと思ったが、勝ち馬の決め手が上だった」

3着 ダノンフェイス(大野拓弥騎手)
「1回使って状態が上がっていた。展開も向いたが、しっかり反応していい競馬ができた」

4着 ダンツゴウユウ(北村宏司騎手)
「内枠なので内を狙った。開くまで待つ時間があったが、開いたら伸びた」

5着 サンライズノヴァ(森泰斗騎手)
「スタートは良くいい位置だったが、最後は斤量59キロが堪えていたと思う」

6着 アードラー(松若風馬騎手)
「1600メートルなので中団でと思ったが後ろになってしまった。しまいはしっかり伸びている」

7着 デュープロセス(C.ルメール騎手)
「3角からブレーキを掛けていたし、あんまり頑張らなかった」

8着 カフジテイク(福永祐一騎手)
「いつもよりスタートが良く、行き脚がついた分、しまいの脚がいつもほど使えなかった」

9着 ドリームキラリ(坂井瑠星騎手)
「自分の形で行けたがいつもほどの粘りがなかった」

10着 グルーヴィット(C.スミヨン騎手)
「現状はまだ古馬一線級相手には経験不足。古馬のペースに力を削がれた」

11着 エアアルマス(川田将雅騎手)
「砂を被るとどうしてもこうなってしまう。内枠が当たった時点で厳しい競馬になってしまった」

12着 フェニックスマーク(吉田豊騎手)
「初めての芝スタート、1600メートルで跳びが大きい馬で手綱を持って行けなかった」

13着 アディラート(石橋脩騎手)
「ゲートで座っちゃって出遅れた。この馬の競馬ができなかった」

14着 スウィングビート(田辺裕信騎手)
「上手く流れに乗っていったが、途中で脚を使った分、最後が甘くなった」

15着 マジカルスペル(内田博幸騎手)
「砂を被らないレースをと思ったが後ろからつつかれて息が入らなかった」

16着 ミキノトランペット(田中勝春騎手)
「早めに来られて厳しくなった」

勝ち馬プロフィール

ワンダーリーデル(Wonder Lider)牡6/鹿毛 安田 翔伍(栗東)
父:スタチューオブリバティ 母:アストレアピース 母父:マヤノトップガン
馬名の由来:冠名+リーダー(西)

関連記事

ワンダーリーデルはこれまで重賞では今年の根岸ステークスの5着が最高着順だった。

根岸ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の根岸ステークスの着順は1着:コパノキッキング、2着:ユラノト、3着:クインズサターンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。