【京都新聞杯2019】結果・動画/レッドジェニアルが差し切り波乱を演出

京都新聞杯2019 レッドジェニアル

京都新聞杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の京都新聞杯の着順は1着:レッドジェニアル、2着:ロジャーバローズ、3着:サトノソロモンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年の京都新聞杯はレッドジェニアルが差し切り波乱を演出

2019年5月4日(土) | 3回京都5日 | 15:35 発走
第67回 京都新聞杯(GII)芝・右 2200m
Kyoto Shimbun Hai (G2)

スポンサーリンク

2019年・京都新聞杯の動画

関連記事
昨年の京都新聞杯はステイフーリッシュが制していた。

京都新聞杯 2018の動画・結果です。京都新聞杯の結果は1着:ステイフーリッシュ、2着:アドマイヤアルバ、3着:シャルドネゴールド。「ステイフーリッシュ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・京都新聞杯の結果

1着:レッドジェニアル
2着:ロジャーバローズ(クビ)
3着:サトノソロモン(2-1/2馬身)
4着:ナイママ(ハナ)
5着:タガノディアマンテ(1-1/4馬身)
6着:ブレイキングドーン
7着:ヒーリングマインド
8着:オールイズウェル
9着:モズベッロ
10着:ヴァンケドミンゴ
11着:トーセンスカイ
12着:ハバナウインド
13着:フランクリン
14着:ヤマカツシシマル

勝ちタイム:2.11.9
優勝騎手:酒井 学
馬場:良

関連記事
ここから日本ダービーに出走してくる馬は?

日本ダービーは2019年5月26日に東京競馬場で行われる3歳馬の頂点を決める競馬の祭典。日本ダービーは2019年で第86回を迎える。昨年はワグネリアンが優勝した。日本ダービーの出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

1着 レッドジェニアル(酒井学騎手)
「壁をつくって、リラックスする位置で運んだ。4コーナーを曲がる時の手応えも良かったし、手応え通りに伸びてくれた。次はダービーに臨むと思う。大舞台になるけど、今日のようなしっかりした脚を使えば頑張ってくれると思う」

2着 ロジャーバローズ(浜中俊騎手)
「イレ込まず、我慢できていました。無理せずハナに行けましたし、直線半ばでは“押し切れるか”と思ったんですが…。勝ち馬の決め手にやられてしまいました」

3着 サトノソロモン(B.アヴドゥラ騎手)
「調教に2度乗ってつかんでいた感触より伸びてくれた。まだ子供っぽいのでこれからよくなると思います」

4着 ナイママ(柴田大知騎手)
「意識して位置を取りに行きました。道中の手応えもよかったんですが、最後は決め手で見劣った感じです」

5着 タガノディアマンテ(松山弘平騎手)
「スタートが良く、いいポジションで流れに乗れました。折り合いをと思っていましたが、3番手でも出して行ったわけではなく馬なりであのポジションにつけられました。いい競馬でした。前残りの馬場でペース的にも有利でいい形かと思いましたが、最後の1ハロンで止まってしまいました」

6着 ブレイキングドーン(福永祐一騎手)
「来そうな手応えでしたが伸びませんでした。前半は行かなかったです。いい時に比べて踏み込みが甘いと思います。いつもなら差し込んでいるのですが……」

7着 ヒーリングマインド(池添謙一騎手)
「ずっと外を回らされる形で、きつかったです」

8着 オールイズウェル(藤岡佑介騎手)
「折り合いがついて思い通りの位置で運べました。それで伸びなかったのは若干距離が長いのかもしれません。ただ、馬自身は使いながらよくなっています」

9着 モズベッロ(藤井勘一郎騎手)
「いい脚を長く使うと思っていたので上がっていきましたが、直線はフワフワしていました」

10着 ヴァンケドミンゴ(藤岡康太騎手)
「道中はこの馬本来のハミ掛かりが見られませんでした。促しながらの追走でした。使ってきていますし、疲れが見えているように思います」

11着 トーセンスカイ(武豊騎手)
「いい位置を取れたけどね。完成するのはまだまだ先だと思う」

13着 フランクリン(北村友一騎手)
「調教の時から乗り味はすごく良かったです。しかし、ノドを気にしていました。距離が延びてどうかと思いましたが、バテてしまいました」

勝ち馬プロフィール

京都新聞杯2019 レッドジェニアル

レッドジェニアル(Red Genial)牡3/黒鹿毛 高橋 義忠(栗東)
父:キングカメハメハ 母:レッドアゲート 母父:マンハッタンカフェ
馬名の由来:冠名+素晴らしい(仏)。王道を突き進む快進撃を期待して