【JBC2歳優駿2022】結果・動画/ゴライコウが突き抜け圧勝

JBC2歳優駿2022 ゴライコウ

JBC2歳優駿2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のJBC2歳優駿の着順は1着:ゴライコウ、2着:ベルピット、3着:リアルミーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年のJBC2歳優駿はゴライコウが突き抜け圧勝

2022年11月3日(木) | 門別 | 18:00 発走
第3回 JBC2歳優駿(JpnIII)ダート・右 1800m
JBC Nisai Yushun (Jpn3)

スポンサーリンク

2022年・JBC2歳優駿の動画

関連記事
昨年のJBC2歳優駿はアイスジャイアントが制していた。
JBC2歳優駿2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のJBC2歳優駿の着順は1着:アイスジャイアント、2着:ナッジ、3着:リコーヴィクターとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・JBC2歳優駿の結果

スポンサーリンク

1着:ゴライコウ
2着:ベルピット(2-1/2馬身)
3着:リアルミー(1-1/2馬身)
4着:オーマイグッネス(3/4馬身)
5着:タイガーチャージ(1-1/2馬身)
6着:テレパシー
7着:エコロアレス
8着:ナチュラルリバー
9着:スギノプリンセス
10着:リストン
11着:リアルガー
12着:ラッキーストーリー
13着:ゴッドインパルス

勝ちタイム:1:53.5
優勝騎手:石川 倭
馬場:重

スポンサーリンク

レース後のコメント

JBC2歳優駿2022 ゴライコウ

1着 ゴライコウ(石川倭騎手)
「ものすごくうれしいですし、この馬に乗せてもらっていることに感謝します。馬にも余裕があって、向こう正面で外に切り返す判断をしました。キックバックを嫌がるところがあったので、能力を信じて外に出しました。追い切りに乗って癖はつかめていましたし、自信を持ってレースに向かえました。今後もっと良くなっていくと思います」

勝ち馬プロフィール

JBC2歳優駿2022 ゴライコウ

ゴライコウ(Goraiko)牡2/鹿毛 新谷 功一 (栗東)
父:ホッコータルマエ 母:プロフェシーライツ 母父:アフリート
馬名の由来:御来光。父名の「タルマエ」から樽前山と母名の「予言+光」より