【エンプレス杯2022】結果・動画/ショウナンナデシコが内から鮮やかに抜け出す

エンプレス杯2022 ショウナンナデシコ

エンプレス杯2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のエンプレス杯の着順は1着:ショウナンナデシコ、2着:サルサディオーネ、3着:レーヌブランシュとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年のエンプレス杯はショウナンナデシコが内から鮮やかに抜け出す

2022年3月2日(水) | 川崎 | 16:30 発走
第68回 エンプレス杯(JpnII)ダート・左 2100m
Empress Hai (Jpn2)

スポンサーリンク

2022年・エンプレス杯の動画

関連記事
昨年のエンプレス杯はマルシュロレーヌが制していた。
エンプレス杯2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のエンプレス杯の着順は1着:マルシュロレーヌ、2着:サルサディオーネ、3着:マドラスチェックとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・エンプレス杯の結果

スポンサーリンク

1着:ショウナンナデシコ
2着:サルサディオーネ(1-1/2馬身)
3着:レーヌブランシュ(クビ)
4着:クリノフラッシュ(3馬身)
5着:プリティーチャンス(3馬身)
6着:ウェルドーン
7着:ダイアナブライト
8着:メモリーコウ
9着:サルサレイア
10着:シャイニングアカリ
11着:カイカセンゲン
12着:グレートコマンダー
13着:ナラ

勝ちタイム:2.15.7
優勝騎手:吉田 隼人
馬場:良

関連記事
次の交流重賞は名古屋大賞典!
名古屋大賞典は2022年3月10日に名古屋競馬場で行われるダートグレード競争。名古屋大賞典は2022年で第45回を迎え、昨年はクリンチャーが勝利を収めた。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

エンプレス杯2022 ショウナンナデシコ

1着 ショウナンナデシコ(吉田隼人騎手)
「ポジションを取った時に行きたがりましたけど、後ろで我慢することを覚えたので、1ハロン過ぎで落ち着きました。逃げた馬は強いのでピタリとつけて、最後は進路をこじ開けてくれました。馬に助けられました。我慢することを覚えて、しまい脚を使うのも覚えてくれています。力をつけているので、もっといい競馬ができます。1番人気だったので、ホッとしました」

2着 サルサディオーネ(矢野貴之騎手)
「勝った馬の切れ味が良かったけど、2着に頑張ってくれて、良く走ってくれた」

3着 レーヌブランシュ(川田将雅騎手)
「良く頑張りました」

4着 クリノフラッシュ(福永祐一騎手)
「スタートも上手に出て理想的な競馬ができた。少し距離が長いのかな。十分にやれることを見せられた」

5着 プリティーチャンス(岩田望来騎手)
「いいポジションで競馬ができたけど、最後で伸びなかったのは残念。この距離くらいが限界かな。次のレースに楽しみある」

6着 ウェルドーン(武豊騎手)
「スタートはよくなかった。砂をかぶっても大丈夫。狭いところを走っていて、気を使ったのかな。復調してきている」

8着 メモリーコウ(和田譲治騎手)
「しまいはジリジリと伸びていた。今後が楽しみ」

11着 カイカセンゲン(張田昂騎手)
「もう少し距離があってもいい」

勝ち馬プロフィール

エンプレス杯2022 ショウナンナデシコ

ショウナンナデシコ(Shonan Nadeshiko)牝5/栗毛 須貝 尚介(栗東)
父:オルフェーヴル 母:ショウナンマオ 母父:ダイワメジャー
馬名の由来:冠名+撫子

関連記事
ショウナンナデシコは前走のTCK女王盃で2着だった
TCK女王盃2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のTCK女王盃の着順は1着:テオレーマ、2着:ショウナンナデシコ、3着:ブランクチェックとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。