【東京新聞杯2022】出走予定馬・日程・賞金/明日への架け橋

東京新聞杯2021 カラテ

東京新聞杯は2022年2月6日に東京競馬場で行われるマイル重賞。東京新聞杯は2022年で第72回を迎え、昨年はカラテが優勝した。東京新聞杯の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

明日への架け橋
スポンサーリンク

2022年・東京新聞杯の出走予定馬をチェック

東京新聞杯・注目馬ピックアップ
出走予定馬(1月21日)

2022年の東京新聞杯の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

  • アオイクレアトール()
  • イルーシヴパンサー()
  • ヴァンランディ()
  • ヴェロックス()
  • カテドラル(戸崎圭太)
  • カラテ()
  • カレンシュトラウス()
  • グランデマーレ(丸山元気)
  • クリノプレミアム()
  • ケイデンスコール()
  • ゴールデンシロップ()
  • シュリ()
  • ディアンドル()
  • ドナアトラエンテ()
  • ファインルージュ()
  • プリンスリターン()
  • ホープフルサイン()
  • マルターズディオサ()

2022年・東京新聞杯の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

カラテ(Karate)

カラテ・6歳牡馬
父:トゥザグローリー
母:レディーノパンチ
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2021年・東京新聞杯
馬名の由来:空手

昨年は3連勝で東京新聞杯を制し重賞初制覇を果たした。
今年初戦となったニューイヤーステークスでも58kgを背負いながら上がり最速で勝つなど好調キープ。

ファインルージュ(Fine Rouge)

ファインルージュ・4歳牝馬
父:キズナ
母:パシオンルージュ
母父:ボストンハーバー
主な勝鞍:2021年・紫苑ステークス
馬名の由来:元気+母名の一部

3歳時はフェアリーステークスと紫苑ステークスを制すも、G1では秋華賞2着、桜花賞3着とあと一歩ビッグタイトルに手が届かなかった。
今年こそ飛躍の年に。

マルターズディオサ(Maltese Diosa)

マルターズディオサ・5歳牝馬
父:キズナ
母:トップオブドーラ
母父:Grand Slam
主な勝鞍:2020年・チューリップ賞
馬名の由来:冠名+女神(西)

東京コースは府中牝馬ステークスで3着の実績あり。
1年半ぶりの勝利へ。

プリンスリターン(Prince Return)

プリンスリターン・5歳牡馬
父:ストロングリターン
母:プリンセスプライド
母父:マンハッタンカフェ
主な勝鞍:2021年・ポートアイランドステークス
馬名の由来:王子+戻る

リステッドクラス3連勝と勢いは本物。
時は満ちた。

ケイデンスコール(Cadence Call)

ケイデンスコール・6歳牡馬
父:ロードカナロア
母:インダクティ
母父:ハーツクライ
主な勝鞍:2021年・マイラーズカップ
馬名の由来:軍隊で訓練時に唱和される行進曲、訓練歌

重賞3勝はメンバーを見渡してもトップクラスの実績。
G3戦なら見直したい。

カテドラル(Catedral)

カテドラル・6歳牡馬
父:ハーツクライ
母:アビラ
母父:ロックオブジブラルタル
主な勝鞍:2021年・京成杯オータムハンデ
馬名の由来:ロマネスク、ゴシック様式を兼ね備えるスペイン、アビラの大聖堂

重賞初制覇を果たすなど昨年は充実した1年を過ごせた。
昨年2着のリベンジを果たし2022年のスタートダッシュを決めたい。

ドナアトラエンテ(Donna Attraente)

ドナアトラエンテ・6歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ドナブリーニ
母父:Bertolini
主な勝鞍:2021年・初富士ステークス
馬名の由来:魅力的な女(伊)

得意の左回りで逆襲だ。

ヴェロックス(Velox)

ヴェロックス・6歳牡馬
父:ジャスタウェイ
母:セルキス
母父:Monsun
主な勝鞍:2019年・若葉ステークス
馬名の由来:素早い(ラテン語)

昨年1年は1度も馬券にからめなかった。
このまま終わってほしくないが…

アオイクレアトール(Aoi Creator)

アオイクレアトール・5歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:ハイエストホワイト
母父:アグネスタキオン
主な勝鞍:2021年・紅葉ステークス
馬名の由来:冠名+創造者(ラテン語)

デビュー以降13戦して掲示板を外したのは1度のみの堅実派。
東京コースは全4勝中3勝を挙げている得意舞台。

イルーシヴパンサー(Elusive Panther)

イルーシヴパンサー・4歳牡馬
父:ハーツクライ
母:イルーシヴキャット
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2021年・ノベンバーステークス
馬名の由来:母名の一部+豹

条件クラスを3連勝で卒業。
勢いそのままにG3タイトルも手に入れろ。

カレンシュトラウス(Curren Strauss)

カレンシュトラウス・5歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:アグネスワルツ
母父:ゼンノロブロイ
主な勝鞍:2021年・桑名ステークス
馬名の由来:冠名+人名より。母名より連想

3連勝で挑んだ京成杯オータムハンデでは+10kgの影響があってか12着に沈んだ。
ここが正念場。

ヴァンランディ(Vanlandi)

ヴァンランディ・6歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:ハッピーパス
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2020年・元町ステークス
馬名の由来:北欧神話に登場する王の名前

今回が初のマイル戦。
調教師生活が残りわずかな藤沢和雄先生に重賞をプレゼントできるか。

東京新聞杯の日程・賞金

スポンサーリンク
第72回 東京新聞杯(Tokyo Shimbun Hai)

東京新聞杯2019 インディチャンプ

2022年2月6日(日)東京競馬場
格:G3 1着本賞金:4,100万円
年齢:4歳以上 距離:1,600m(芝・左)

スポンサーリンク

東京新聞杯・プレイバック

東京新聞杯 2018 リスグラシュー

2018年の東京新聞杯を制したのは『リスグラシュー(Lys Gracieux)』。荒ぶる気性をうまく抑え込みながらレースを進め、直線では馬群を縫って抜け出し優勝。リスグラシューはこの後、国内外のG1を4勝し2019年の年度代表馬に輝く活躍をすることになる。
2着には1馬身差でサトノアレス、さらにクビ差の3着にはダイワキャグニーが入った。

東京新聞杯(GIII)

1着:リスグラシュー
2着:サトノアレス(1馬身)
3着:ダイワキャグニー(クビ)
4着:デンコウアンジュ(1/2馬身)
5着:ディバインコード(クビ)

勝ちタイム:1.34.1
優勝騎手:武豊
馬場:良

2018年・東京新聞杯の全着順、コメントもチェック!
東京新聞杯2018の動画・結果です。東京新聞杯の結果は1着:リスグラシュー、2着:サトノアレス、3着:ダイワキャグニーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする