【東京大賞典2022】出走予定馬・騎手・賞金/今年の締めの大一番

東京大賞典2021 オメガパフューム

東京大賞典は2022年12月29日に大井競馬場で行われるダートレースの総決算の一戦。東京大賞典は2022年で第68回を迎え、昨年はオメガパフュームが制した。東京大賞典の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

今年の締めの大一番
スポンサーリンク

2022年・東京大賞典の出走予定馬をチェック

地方競馬をやるなら楽天競馬



地方競馬をやるなら楽天競馬が絶対オススメです!
基本的に単勝・複勝の賭け式はポイント還元キャンペーンの対象外となりますが(名古屋競馬場および高知競馬場では、ワイドも対象外)、それ以外は馬券購入に応じた楽天ポイントの還元があります。
他にも日替わりポイント還元キャンペーンなどもありますので是非活用してみてください。

東京大賞典の枠順決定!(12月25日)

東京大賞典2022 枠順

2022年・東京大賞典の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではメイショウハリオが4枠5番、ノットゥルノは2枠2番、ショウナンナデシコは5枠8番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

東京大賞典・注目馬ピックアップ

2022年・東京大賞典の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

メイショウハリオ(Meisho Hario)

メイショウハリオ・5歳牡馬
父:パイロ
母:メイショウオウヒ
母父:マンハッタンカフェ
主な勝鞍:2022年・帝王賞
馬名の由来:冠名+世界一速いハリオアマツバメより
騎手:浜中俊

帝王賞ではチュウワウィザード、オメガパフューム、テーオーケインズといった超一流馬を蹴散らしビッグタイトルを獲得した。
東京大賞典を制し大井の帝王の座を手中にしたい。

ノットゥルノ(Notturno)

ノットゥルノ・3歳牡馬
父:ハーツクライ
母:シェイクズセレナーデ
母父:Unbridled’s Song
主な勝鞍:2022年・ジャパンダートダービー
馬名の由来:夜想曲(伊)
騎手:武豊

今年の3歳ダート王。
G1を制した大井で2つ目のビッグタイトルを。

ショウナンナデシコ(Shonan Nadeshiko)

ショウナンナデシコ・5歳牝馬
父:オルフェーヴル
母:ショウナンマオ
母父:ダイワメジャー
主な勝鞍:2022年・かしわ記念
馬名の由来:冠名+撫子
騎手:横山武史

かしわ記念を含む交流重賞4連勝したかと思えば、ここ3戦は1番人気を裏切り3着と悔しい結果が続く。
年末の大一番で勢いを取り戻したい。

サンライズホープ(Sunrise Hope)

サンライズホープ・5歳牡馬
父:マジェスティックウォリアー
母:オーパスクイーン
母父:スペシャルウィーク
主な勝鞍:2022年・みやこステークス
馬名の由来:冠名+希望
騎手:幸英明

みやこステークスをアタマ差で制し2つ目の重賞タイトルを手にした。
ここ2戦は決め手を生かす展開がハマっている。

レッドガラン(Red Galant)

レッドガラン・7歳牡馬
父:ロードカナロア
母:ダンスオンザルーフ
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2022年・中山金杯
馬名の由来:冠名+優雅に(音楽用語)。優雅にターフを舞う。母名より連想
騎手:岩田康誠

初のダート戦となった前走のチャンピオンズカップは1.0秒差の11着。
2度目のチャレンジで前進できるか。

ウシュバテソーロ(Ushba Tesoro)

ウシュバテソーロ・5歳牡馬
父:オルフェーヴル
母:ミルフィアタッチ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2022年・カノープスステークス
馬名の由来:山の名+冠名
騎手:横山和生

オープンクラスのブラジルカップ、カノープスステークスを連勝。
ここが重賞初挑戦となる。

スポンサーリンク

主な回避馬

オメガパフューム(Omega Perfume)

オメガパフューム・7歳牡馬
父:スウェプトオーヴァーボード
母:オメガフレグランス
母父:ゴールドアリュール
主な勝鞍:2020年・東京大賞典
馬名の由来:冠名+香水。母名より連想

前人未到の東京大賞典五連覇目指していたオメガパフュームは、年齢を重ね、レースでの疲労の回復に時間を要するようになり、自信を持って送り出せないことを理由に引退を決めた。
来春から北海道新ひだか町のレックススタッドで種牡馬入りする。

グロリアムンディ(Gloria Mundi)

グロリアムンディ・4歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:ベットーレ
母父:Blu Air Force
主な勝鞍:2022年・名古屋城ステークス
馬名の由来:バラの品種名

福永騎手とのコンビで参戦予定だったが回避することが発表された。

東京大賞典の日程・賞金

スポンサーリンク
第68回 東京大賞典(Tokyo Daishoten)

東京大賞典2018 オメガパフューム

2022年12月29日(木)大井競馬場
格:G1 1着本賞金:1億円
年齢:3歳以上 距離:2,000m(ダート・右)

東京大賞典はダートのトップホースが集う大一番。
過去にはスマートファルコンやホッコータルマエ、オメガパフュームなどが連覇を果たしている。

春には同舞台でG1・帝王賞が開催されており、2022年はメイショウハリオが制していた。

帝王賞
帝王賞は2022年6月29日に大井競馬場で行われる春の中距離ダート王を決める一戦。帝王賞は2022年で第45回を迎え、昨年はテーオーケインズが制した。帝王賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

東京大賞典・プレイバック

東京大賞典2021 オメガパフューム

2021年の東京大賞典を制したのは『オメガパフューム(Omega Perfume)』。1.8倍の断然人気に応え、見事史上初の東京大賞典四連覇を達成した。

東京大賞典(G1)

1着:オメガパフューム
2着:クリンチャー(1/2馬身)
3着:ウェスタールンド(2馬身)
4着:ミューチャリー(ハナ)
5着:ロードブレス(1/2馬身)

勝ちタイム:2.04.1
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

2021年・東京大賞典の全着順、動画、コメントもチェック!
東京大賞典2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の東京大賞典の着順は1着:オメガパフューム、2着:クリンチャー、3着:ウェスタールンドとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする