【東京大賞典2018】出走予定馬・日程・賞金/今年の締めの大一番

東京大賞典 2017 コパノリッキー

東京大賞典は2018年12月29日に大井競馬場で行われるダートレースの総決算の一戦。東京大賞典は2018年で第64回を迎える。昨年はコパノリッキーが制した。東京大賞典の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

東京大賞典/今年の締めの大一番

出走予定馬

出走予定馬・予想オッズ

2018年・東京大賞典の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には出走予定馬の中からピックアップした注目馬も書いております。

東京大賞典2018の出走予定馬・予想オッズの情報です。2018年・東京大賞典の出走予定馬にはゴールドドリームやケイティブレイブなどが名を連ねています。JRA勢が12連勝中の一戦。いい年末を過ごすためにも。

2018年・東京大賞典の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ゴールドドリーム(Gold Dream)

チャンピオンズカップ 2017 ゴールドドリーム

ゴールドドリーム・5歳牡馬
父:ゴールドアリュール
母:モンヴェール
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2017年・帝王賞
馬名の由来:金の夢

右肩筋肉痛のためチャンピオンズカップを回避したが順調に回復しており、東京大賞典に出走は問題ないとのこと。

オメガパフューム(Omega Perfume)

シリウスステークス 2018 オメガパフューム

オメガパフューム・3歳牡馬
父:スウェプトオーヴァーボード
母:オメガフレグランス
母父:ゴールドアリュール
主な勝鞍:2018年・シリウスステークス
馬名の由来:冠名+香水。母名より連想

前走は後方から良く追い込んだものの5着どまり。
久々のコンビとなるM.デムーロ騎手を鞍上に迎え古馬撃破なるか。

ケイティブレイブ(K T Brave)

川崎記念 2018 ケイティブレイブ

ケイティブレイブ・5歳牡馬
父:アドマイヤマックス
母:ケイティローレル
母父:サクラローレル
主な勝鞍:2018年・JBCクラシック
馬名の由来:冠名+勇士

前走は福永騎手曰く、西日を気にしたとのこと。
昨年3着の雪辱を。

アポロケンタッキー(Apollo Kentucky)

東京大賞典 2016 アポロケンタッキー

アポロケンタッキー・6歳牡馬
父:Langfuhr
母:Dixiana Delight
母父:Gone West
主な勝鞍:2016年・東京大賞典
馬名の由来:冠名+アメリカの州名

2016年の東京大賞典覇者。
今年はなかなか結果が出ていないが…。

クリソライト(Chrysolite)

コリアカップ 2016 クリソライト

クリソライト・8歳牡馬
父:ゴールドアリュール
母:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
主な勝鞍:2016年・コリアカップ
馬名の由来:宝石の一種であるペリドットの別名

長期休み明けからの2戦目となった前走の浦和記念では3着と、この馬の走りが戻ってきた。
鞍上には戸崎騎手を迎える予定。

エイコーン(Acorn)

エイコーン

エイコーン・3歳牡馬
父:フリオーソ
母:ラメント
母父:アドマイヤムーン
主な勝鞍:2018年・花園ステークス
馬名の由来:どんぐり

条件戦3連勝で初のG1戦に挑む。
一線級相手にどこまでやれるか。

リーゼントロック(Regent Rock)

リーゼントロック

リーゼントロック・7歳牡馬
父:ダイワメジャー
母:レディインディ
母父:A.P. Indy
主な勝鞍:2018年・大沼ステークス
馬名の由来:髪型の一種+音楽

今年の大沼ステークスを制したものの、重賞では物足らない成績。
このメンバーに入ると厳しそうだが…。

サウンドトゥルー(Sound True)

サウンドトゥルー

サウンドトゥルー・8歳せん馬
父:フレンチデピュティ
母:キョウエイトルース
母父:フジキセキ
主な勝鞍:2017年・JBCクラシック
馬名の由来:本当らしい、本物らしい

船橋競馬に移籍したサウンドトゥルー。
まだまだ衰えていない末脚を見せられるか。

主な回避馬

ルヴァンスレーヴ(Le Vent Se Leve)

チャンピオンズカップ 2018 ルヴァンスレーヴ

ルヴァンスレーヴ・3歳牡馬
父:シンボリクリスエス
母:マエストラーレ
母父:ネオユニヴァース
主な勝鞍:2018年・チャンピオンズカップ
馬名の由来:風立ちぬ(仏)

東京大賞典には登録をせず休養が決定。
来年はフェブラリーステークスからドバイ遠征を予定している。

日程・賞金

【東京大賞典 2016】動画・結果/アポロケンタッキーが年末の大一番を制する

第64回 東京大賞典(Tokyo Daishoten)
2018年12月29日(土)大井競馬場
格:G1 1着本賞金:8,000万円
年齢:3歳以上 距離:2,000m(ダート・右)

プレイバック

2017年の東京大賞典を制したのは「コパノリッキー(Copano Rickey)」。直線では後続を突き放し3馬身差の圧勝。ラストランを最高の形で飾って見せた。

2017年12月29日(金)東京大賞典(Tokyo Daishoten)GI

1着:コパノリッキー
2着:サウンドトゥルー(3馬身)
3着:ケイティブレイブ(2-1/2馬身)
4着:アポロケンタッキー(1-1/4馬身)
5着:ロンドンタウン(1/2馬身)

勝ちタイム:2.04.2
優勝騎手:田辺 裕信
馬場:良

2017年・東京大賞典

東京大賞典 2017 コパノリッキー

【東京大賞典 2017】動画・結果/コパノリッキーが後続を完封し有終の美を飾る

「東京大賞典 2017」の動画・結果です。東京大賞典の結果は1着:コパノリッキー、2着:サウンドトゥルー、3着:ケイティブレイブ。「コパノリッキー」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

シェアする