【TCK女王盃2023】出走予定馬・日程・賞金/年始初の交流重賞

TCK女王盃2022 テオレーマ

TCK女王盃は2023年1月25日に大井競馬場で行われる古馬牝馬限定の重賞戦。TCK女王盃は2023年で第26回を迎え、昨年はテオレーマが制した。TCK女王盃の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

年始初の交流重賞
スポンサーリンク

2023年・TCK女王盃の出走予定馬をチェック

地方競馬をやるなら楽天競馬



地方競馬をやるなら楽天競馬が絶対オススメです!
基本的に単勝・複勝の賭け式はポイント還元キャンペーンの対象外となりますが(名古屋競馬場および高知競馬場では、ワイドも対象外)、それ以外は馬券購入に応じた楽天ポイントの還元があります。
他にも日替わりポイント還元キャンペーンなどもありますので是非活用してみてください。

TCK女王盃・注目馬ピックアップ

2023年・TCK女王盃の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

グランブリッジ(Grand Bridge)

グランブリッジ・4歳牝馬
父:シニスターミニスター
母:ディレットリーチェ
母父:ダイワメジャー
主な勝鞍:2022年・関東オークス
馬名の由来:壮大な架け橋

関東オークスを制し、JBCレディスクラシックでも2着に入るなど牝馬トップクラスの実力の持ち主。
2023年こそ主役の座を射止めたい。

プリティーチャンス(Pretty Chance)

プリティーチャンス・6歳牝馬
父:シンボリクリスエス
母:フューチャサンデー
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2022年・レディスプレリュード
馬名の由来:見事な運

レディスプレリュードを制し重賞初勝利を果たし、JBCレディスプレリュードでも0.3秒差の5着と健闘。
ここ3戦いずれも上がり最速タイムを計測しており、力をつけてきた。

テリオスベル(Teleos Bell)

テリオスベル・6歳牝馬
父:キズナ
母:アーリースプリング
母父:クロフネ
主な勝鞍:2022年・クイーン賞
馬名の由来:願いを叶える(古代ギリシャ語)+鈴

クイーン賞を逃げ切り重賞初Vを果たした。
先行力はライバルたちにとって脅威。

ホウオウピースフル(Ho O Peaceful)

ホウオウピースフル・6歳牝馬
父:オルフェーヴル
母:ツルマルワンピース
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2022年・巴賞
馬名の由来:冠名+平和

TCK女王盃の日程・賞金

スポンサーリンク
第26回 TCK女王盃(TCK Jo-o Hai)

TCK女王盃2020 マドラスチェック

2023年1月25日(水)大井競馬場
格:Jpn3 1着本賞金:2,200万円
年齢:4歳以上牝馬 距離:1,800m(ダート・右)

2023年からTCK女王盃は園田競馬場で「兵庫女王盃」と名称が変更され開催されることが発表されている。

スポンサーリンク

TCK女王盃・プレイバック

TCK女王盃2021 マルシュロレーヌ

2021年のTCK女王盃を制したのは『マルシュロレーヌ(Marche Lorraine)』。1.9倍の人気に応える走りで快勝。2つ目の重賞タイトルを獲得した。
その後、アメリカで開催されたブリーダーズカップディスタフを制し、日本調教馬初のアメリカダートG1制覇の大偉業を達成することとなる。

TCK女王盃(JpnIII)

1着:マルシュロレーヌ
2着:レーヌブランシュ(1/2馬身)
3着:プリンシアコメータ(2-1/2馬身)
4着同着:マルカンセンサー(クビ)
4着同着:マドラスチェック(同着)

勝ちタイム:1.53.7
優勝騎手:川田将雅
馬場:良

2021年・TCK女王盃の全着順・動画・コメントをチェック!
TCK女王盃2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のTCK女王盃の着順は1着:マルシュロレーヌ、2着:レーヌブランシュ、3着:プリンシアコメータとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする