【フェブラリーステークス2019】出走予定馬・日程・賞金/熱き砂上のスピード対決

フェブラリーステークスは2019年2月17日に東京競馬場で行われるダートマイルG1。フェブラリーSは2019年で第36回を迎え、昨年はノンコノユメが制した。フェブラリーステークスの出走予定馬・賞金・日程などをチェックしてみよう。

熱き砂上のスピード対決

フェブラリーステークス2019の結果は?

フェブラリーステークス2019 インティ

2019年のフェブラリーステークスは1番人気で武豊騎手のインティ(Inti)が優勝。2着にはゴールドドリーム、3着はユラノトが入りました。

2019年2月17日(日)フェブラリーステークス(GI)

1着:インティ
2着:ゴールドドリーム(クビ)
3着:ユラノト(4馬身)
4着:モーニン(1-1/4馬身)
5着:コパノキッキング(1/2馬身)

勝ちタイム:1.35.6
優勝騎手:武 豊
馬場:良

レース後のコメント
1着 インティ(武豊騎手)
「非常に強かったですね。いいスタートを切れましたし、まわりを見て先手を主張しました。返し馬でも止まらなかったし、やる気がありすぎたので、自滅しないように気をつけて乗りました。道中はいいリズムでペースも良かったし、4角過ぎでリードを広げて、強い馬が来る前にセーフティーリードを取ることができました。昨年の7月に初めて乗ったわけですが、ここまでの馬になってくれて嬉しいです。まだまだ伸びシロしろがある馬ですし、“スター誕生”だと思います。これからも応援してください。」
フェブラリーステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のフェブラリーステークスの着順は1着:インティ、2着:ゴールドドリーム、3着:ユラノトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年・フェブラリーステークスの枠順確定

フェブラリーステークス2019 枠順

6連勝中のインティは4枠6番、おととしのチャンピオン・ゴールドドリームは3枠3番、G1連勝を狙うオメガパフュームは8枠14番、藤田菜七子騎手とのコンビで注目を集めるコパノキッキングは7枠11番に入った。

フェブラリーステークス2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年のフェブラリーステークスの出走予定馬にはインティやゴールドドリームなどが名を連ねています。人馬ともに楽しみなメンバーが揃った。なにかが起こりそうな予感。

調教後の馬体重も要チェック!

フェブラリーステークス2019 調教後の馬体重

2月14日にJRAから発表されたフェブラリーステークス出走馬の調教後の馬体重一覧です。
前走から二桁の増減がある馬はオメガパフューム(+14kg)、ゴールドドリーム(+30kg)、サクセスエナジー(+16kg)、サンライズノヴァ(+14kg)、モーニン(+16kg)、ワンダーリーデル(+10kg)の7頭。
どんな状態で本番を迎えるのでしょうか。しっかりチェックしたいところです。

関連記事
フェブラリーステークスの追い切り・調教の記事はこちらをご覧ください。

フェブラリーステークス2019の追い切り・コメントの記事です。フェブラリーステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

2019年・フェブラリーステークスの出走予定馬をチェック

2019年・フェブラリーステークスの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ゴールドドリーム(Gold Dream)

ゴールドドリーム

ゴールドドリーム・6歳牡馬
父:ゴールドアリュール
母:モンヴェール
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2018年・帝王賞
馬名の由来:金の夢

2017年優勝、2018年2着とフェブラリーステークスは2年連続で連対中。
昨年の雪辱を期す。

ノンコノユメ(Nonkono Yume)

フェブラリーステークス 2018 ノンコノユメ

ノンコノユメ・7歳せん馬
父:トワイニング
母:ノンコ
母父:アグネスタキオン
主な勝鞍:2018年・フェブラリーステークス
馬名の由来:ノンコの夢。母名より連想

昨年はゴールドドリームとの接戦を制し悲願のJRA・G1初制覇を果たした。
近走は惜敗続き。
思い出の舞台で復活を。

オメガパフューム(Omega Perfume)

シリウスステークス 2018 オメガパフューム

オメガパフューム・4歳牡馬
父:スウェプトオーヴァーボード
母:オメガフレグランス
母父:ゴールドアリュール
主な勝鞍:2018年・東京大賞典
馬名の由来:冠名+香水。母名より連想

昨年暮れに行われた東京大賞典で歴戦の強者を下しビッグタイトルを手にした。
引き続きM.デムーロ騎手が手綱を取る予定だ。

インティ(Inti)

東海ステークス2019 インティ

インティ・5歳牡馬
父:ケイムホーム
母:キティ
母父:Northern Afleet
主な勝鞍:2019年・東海ステークス
馬名の由来:インカ神話の太陽の神

重賞初挑戦となった東海ステークスではステッキ一発で後続を置き去りにし破竹の6連勝を飾った。
初のマイル戦が吉と出るか。

コパノキッキング(Copano Kicking)

根岸ステークス2019 コパノキッキング

コパノキッキング・4歳せん馬
父:Spring At Last
母:Celadon
母父:ゴールドヘイロー
主な勝鞍:2019年・根岸ステークス
馬名の由来:冠名+キックする

カペラステークス、根岸ステークスを連勝中と勢い十分の4歳馬。
さらに藤田菜七子騎手が騎乗することでさらに注目度は増している。
1600mでどんな競馬を見せてくれるか。

サンライズノヴァ(Sunrise Nova)

サンライズノヴァ

サンライズノヴァ・5歳牡馬
父:ゴールドアリュール
母:ブライトサファイヤ
母父:サンダーガルチ
主な勝鞍:2018年・武蔵野ステークス
馬名の由来:冠名+新星

東京マイルは絶好の舞台設定。
流れが向けば驚異の決め手が炸裂する!

サンライズソア(Sunrise Soar)

青竜ステークス 2017 サンライズソア

サンライズソア・5歳牡馬
父:シンボリクリスエス
母:アメーリア
母父:スペシャルウィーク
主な勝鞍:2018年・平安ステークス
馬名の由来:冠名+急上昇

昨年は主に中距離路線で活躍した。
久々のマイル戦に適応できれば。

モーニン(Moanin)

モーニン

モーニン・7歳牡馬
父:ヘニーヒューズ
母:Giggly
母父:Distorted Humor
主な勝鞍:2016年・フェブラリーステークス
馬名の由来:ジャズの曲名

2016年・フェブラリーステークスの王者。
昨年はコリアスプリントを制すなど復調気配。
思い出の地で完全復活を狙う。

サクセスエナジー(Success Energy)

かきつばた記念 2018 サクセスエナジー

サクセスエナジー・5歳牡馬
父:キンシャサノキセキ
母:サクセスアイニー
母父:ジャングルポケット
主な勝鞍:2018年・さきたま杯
馬名の由来:冠名+エネルギー

これまでの勝ち星は1400m以下で挙げたもの。
初のマイル戦でどんな競馬ができるか。

2019年のフェブラリーステークスには上記の馬以外に

  • アンジュデジール(骨折が判明し回避)
  • ヴェンジェンス(回避予定)
  • クインズサターン
  • ナムラミラクル(回避予定)
  • ノボバカラ
  • メイショウウタゲ
  • ユラノト
  • レッツゴードンキ(阪急杯に向かう予定)
  • ワンダーリーデル

が出走登録を済ませています。

主な回避馬

アンジュデジール(Ange Desir)

JBCレディスクラシック 2018 アンジュデジール

アンジュデジール・5歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ティックルピンク
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2018年・JBCレディスクラシック
馬名の由来:天使の欲望(仏)

左前脚を骨折しフェブラリーステークスの出走を回避。
昆調教師のコメント
「違和感があったのでレントゲンを撮って、3回目でヒザの骨折と判明した。程度としては軽いもので週末から放牧に出す」

ルヴァンスレーヴ(Le Vent Se Leve)

チャンピオンズカップ 2018 ルヴァンスレーヴ

ルヴァンスレーヴ・4歳牡馬
父:シンボリクリスエス
母:マエストラーレ
母父:ネオユニヴァース
主な勝鞍:2018年・チャンピオンズカップ
馬名の由来:風立ちぬ(仏)

チャンピオンズカップ制覇後に左前脚の繋靭帯部分の脚部不安が判明。
症状は良化傾向にあるものの大事をとってフェブラリーステークスは回避する。
ちなみにドバイ遠征もしないとのこと。

ウェスタールンド(Westerlund)

ウェスタールンド

ウェスタールンド・7歳せん馬
父:ネオユニヴァース
母:ユーアンミー
母父:Marquetry
主な勝鞍:2018年・薩摩ステークス
馬名の由来:宇宙最大といわれる恒星「ウェスタールンド1-26」がある星団

昨年のチャンピオンズカップ2着の実績からも出走が注目されていたがフェブラリーステークスに登録はなし。
次走はアンタレスステークスになる予定。

前哨戦

2019年1月20日・東海ステークス(G2)
1着:インティ優先出走権獲得
2着:チュウワウィザード(2馬身)
3着:スマハマ(7馬身)

勝ちタイム:1.49.8
優勝騎手:武 豊
馬場:良

東海ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の東海ステークスの着順は1着:インティ、2着:チュウワウィザード、3着:スマハマとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年1月27日・根岸ステークス(G3)
1着:コパノキッキング優先出走権獲得
2着:ユラノト(3/4馬身)
3着:クインズサターン(1-3/4馬身)

勝ちタイム:1.23.5
優勝騎手:O.マーフィー
馬場:良

根岸ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の根岸ステークスの着順は1着:コパノキッキング、2着:ユラノト、3着:クインズサターンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

フェブラリーステークスの日程・賞金

フェブラリーステークス 2016 モーニン 動画・結果

第36回 フェブラリーステークス(February Stakes)
2019年2月17日(日)東京競馬場
格:G1 1着本賞金:1億円
年齢:4歳以上 距離:1,600m(ダート・左)

プレイバック

フェブラリーステークス 2018 ノンコノユメ

2018年のフェブラリーステークスを制したのは「ノンコノユメ(Nonkono Yume)」。直線での激しいたたき合いを制し、うれしいJRA・G1初制覇を果たした。

2018年2月18日(日)フェブラリーステークス(GI)

1着:ノンコノユメ
2着:ゴールドドリーム(クビ)
3着:インカンテーション(クビ)
4着:サンライズノヴァ(3馬身)
5着:レッツゴードンキ(1/2馬身)

勝ちタイム:1.36.0
優勝騎手:内田 博幸
馬場:良

2018年・フェブラリーステークス
フェブラリーステークス 2018の動画・結果です。フェブラリーSの結果は1着:ノンコノユメ、2着:ゴールドドリーム、3着:インカンテーション。「ノンコノユメ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

フェブラリーステークス 2018の動画・結果です。フェブラリーSの結果は1着:ノンコノユメ、2着:ゴールドドリーム、3着:インカンテーション。「ノンコノユメ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

シェアする