【フェブラリーステークス 2018】出走予定馬・日程・賞金/熱き砂上のスピード対決

「フェブラリーステークス」は2018年2月18日に東京競馬場で行われるダートマイルG1。フェブラリーSは2018年で第35回を迎える。昨年はゴールドドリームが接戦を制した。フェブラリーステークスの出走予定馬・賞金・日程などをチェックしてみよう。

熱き砂上のスピード対決

動画・結果

2018年のフェブラリーステークスを制したのは「ノンコノユメ(Nonkono Yume)」。直線での激しいたたき合いを制し、うれしいJRA・G1初制覇を果たした。

動画・結果

フェブラリーステークス 2018 ノンコノユメ

【フェブラリーステークス2018】動画・結果/ノンコノユメがG1制覇の夢をかなえる

フェブラリーステークス 2018の動画・結果です。フェブラリーSの結果は1着:ノンコノユメ、2着:ゴールドドリーム、3着:インカンテーション。「ノンコノユメ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

データ・枠順

フェブラリーステークス 2018 枠順

フェブラリーステークス」の枠順が発表されました。
連覇を狙うゴールドドリームは7枠14番、古川騎手と悲願のG1制覇を狙うテイエムジンソクは5枠10番、前走の根岸ステークスで復活勝利を挙げたノンコノユメは6枠12番、川崎記念を制しG1連勝を目指すケイティブレイブは1枠2番に入った。

データ・枠順

チャンピオンズカップ 2017 ゴールドドリーム

【フェブラリーステークス2018】データ・枠順/驚くほどデータは正直

フェブラリーステークス 2018のデータ・枠順の情報です。2018年・フェブラリーSのデータは枠順別や脚質別、種牡馬別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報からフェブラリーステークスでの激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

出走予定馬

出走予定馬・予想オッズ

フェブラリーステークス

【フェブラリーステークス2018】予想オッズ・出走予定馬/2018年のG1が始まる

「フェブラリーステークス 2018」の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。フェブラリーSの出走登録は24頭、賞金は1着馬に1億円が贈られる。出走予定馬にはテイエムジンソクやゴールドドリームなどが名を連ねています。2018年最初のJRAG1戦となるフェブラリーステークス。砂を巻き上げ頂点を争う。

2018年・フェブラリーステークスの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

・ゴールドドリーム(Gold Dream)

ゴールドドリーム

ゴールドドリーム・5歳牡馬
父:ゴールドアリュール
母:モンヴェール
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2017年・フェブラリーステークス
馬名の由来:金の夢

連覇に挑むのは5歳馬ゴールドドリーム。
昨年は2番人気でフェブラリーステークスを制し、12月のチャンピオンズカップも制し2017年最優秀ダートホースに選出された。
レースに集中できるかが最大のポイント。
ハマれば今年も豪脚が炸裂する。

・ノンコノユメ(Nonkono Yume)

武蔵野ステークス2015 ノンコノユメ 動画・結果

ノンコノユメ・6歳せん馬
父:トワイニング
母:ノンコ
母父:アグネスタキオン
主な勝鞍:2015年・ジャパンダートダービー
馬名の由来:ノンコの夢。母名より連想

前走の根岸ステークスではせん馬になって初の勝利を挙げた。
他馬より重い斤量での勝利は大きな価値がある。
再び府中で末脚に賭ける。

・テイエムジンソク(T M Jinsoku)

テイエムジンソク

テイエムジンソク・6歳牡馬
父:クロフネ
母:マイディスカバリー
母父:フォーティナイナー
主な勝鞍:2018年・東海ステークス
馬名の由来:冠名+迅速

古川騎手に乗り替わった夏から一気に成績を上げてきた。
チャンピオンズカップで2着、前走の東海ステークス1着と安定感抜群。
今回は初のマイル戦となる。
この距離でも持ち味の先行力を生かせるか。

・ケイティブレイブ(K T Brave)

川崎記念 2018 ケイティブレイブ

ケイティブレイブ・5歳牡馬
父:アドマイヤマックス
母:ケイティローレル
母父:サクラローレル
主な勝鞍:2018年・川崎記念
馬名の由来:冠名+勇士

中距離のダートG1を2勝しているケイティブレイブ。
管理する目野調教師が2月で定年に伴い勇退する。
花道を飾れるか。

・サンライズノヴァ(Sunrise Nova)

サンライズノヴァ

サンライズノヴァ・4歳牡馬
父:ゴールドアリュール
母:ブライトサファイヤ
母父:サンダーガルチ
主な勝鞍:2017年・ユニコーンステークス
馬名の由来:冠名+新星

今年の4歳馬の中で有望株・サンライズノヴァ。
前走の根岸ステークスでは勝ち馬の決め手に屈したが、悲観する内容ではない。
距離延長はプラスなはず。
若さの勢いで先輩たちに挑む。

・ベストウォーリア(Best Warrior)

プロキオンステークス 2015 ベストウォーリア 動画・結果

ベストウォーリア・8歳牡馬
父:Majestic Warrior
母:Flirtatious Miss
母父:Mr. Greeley
主な勝鞍:2015年・マイルチャンピオンシップ南部杯
馬名の由来:最高の戦士

昨年のフェブラリーステークスでは悔しい2着。
雪辱に燃える。
根岸ステークスは右後脚フレグモーネで回避。
状態が気がかり。

・アウォーディー(Awardee)

アウォーディー

アウォーディー・8歳牡馬
父:Jungle Pocket
母:Heavenly Romance
母父:Sunday Silence
主な勝鞍:2016年・JBCクラシック
馬名の由来:受賞者

昨年はドバイ遠征を考え回避したが、今年は川崎記念を叩いて参戦する。
距離がこなせるかがポイントとなりそうだ。

・ララベル(Lalabel)

JBCレディスクラシック 2017 ララベル

ララベル・6歳牝馬
父:ゴールドアリュール
母:ブリージーウッズ
母父:ティンバーカントリー
主な勝鞍:2017年・JBCレディスクラシック
馬名の由来:魔法の国の住人名より

地方から参戦を表明している昨年のJBCレディスクラシック勝ち馬・ララベル。
このレースがラストランになるとのこと。
強豪中央勢相手にどこまで。

・インカンテーション(Incantation)

武蔵野ステークス 2017 インカンテーション

インカンテーション・8歳牡馬

父:シニスターミニスター
母:オリジナルスピン
母父:Machiavellian

主な勝鞍:2017年・武蔵野ステークス
馬名の由来:呪文、呪術。父名より連想

2015年のフェブラリーステークスで2着に入った経験があるインカンテーション。
昨年の武蔵野ステークスを制しているように衰えは感じさせない。
軽視は禁物だ。

・ロンドンタウン(London Town)

コリアカップ 2017 ロンドンタウン

ロンドンタウン・5歳牡馬

父:カネヒキリ
母:フェアリーバニヤン
母父:Honour and Glory

主な勝鞍:2017年・コリアカップ
馬名の由来:曲名

昨年のエルムステークスではテイエムジンソクを破り、コリアカップでは初の海外遠征ながら鮮やかに勝利を収めた。
帰国後2戦は勝てていないが、状態さえ戻れば怖い一頭。

追い切り・コメント

フェブラリーステークス 2018 追い切り

【フェブラリーステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

フェブラリーステークス 2018の追い切り・コメントの情報です。フェブラリーSに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

日程・賞金

フェブラリーステークス 2016 モーニン 動画・結果

第35回 フェブラリーステークス(February Stakes)
2018年2月18日(日)東京競馬場
格:G1 1着本賞金:1億円
年齢:4歳以上 距離:1,600m(ダート・左)

CM

「HOT HOLIDAYS!2018」~フェブラリーステークス編~

HORIDAYS MEMO #19
G1のGはグレードのG!

プレイバック

2017年のフェブラリーステークスを制したのは「ゴールドドリーム(Gold Dream)」。ベストウォーリアとの接戦を制し、G1初制覇を果たした。

2017年2月19日(日)フェブラリーステークス(GI)

1着:ゴールドドリーム
2着:ベストウォーリア(クビ)
3着:カフジテイク(3/4馬身)
4着:エイシンバッケン(1-1/4馬身)
5着:ニシケンモノノフ(1-1/4馬身)

勝ちタイム:1.35.1
勝利騎手:M.デムーロ
馬場:良

レース後のコメント
1着 ゴールドドリーム(M.デムーロ騎手)
「初めて乗った時から、ものすごく高い能力を感じていましたが、前走チャンピオンズCは、馬が集中していなくてまったく力を出せず、悔しい思いをしました。今日は馬場に先出しして、馬がすごく集中していましたし、まずまずスタートも出て、道中の手応えはすごく良かったです。以前、内を進んだ時、やや伸びを欠いたので、今日は外に出して行きました。4コーナーで少し早いかなとも思いましたが、ペースも速くありませんでしたし、手応えも良かったのでそのまま行かせました。抜け出してから物見をして、内からベストウォーリアに来られてヒヤヒヤしましたが、そこからまた伸びてくれました。とにかくレース前に集中することが大切で、集中さえ出来れば負けないと思います。距離は2000mまでは大丈夫です。連覇出来て、僕自身すごく嬉しいです」

2017年・フェブラリーステークス

フェブラリーステークス 2017 ゴールドドリーム

【フェブラリーステークス 2017】動画・結果/ゴールドドリームが抜け出しG1初制覇

「フェブラリーステークス 2017」の動画・結果です。フェブラリーステークスの結果は1着:ゴールドドリーム、2着:ベストウォーリア、3着:カフジテイク。「ゴールドドリーム」が勝利した2017年のフェブラリーSの詳しい結果、動画をご覧ください。

フェブラリーステークス 2017 勝利騎手

【フェブラリーS 2017】パトロールビデオ・レース後のコメント/デムーロ「集中さえ出来れば負けない」

「フェブラリーステークス 2017」のパトロールビデオ・レース後のコメントです。フェブラリーステークスの勝ち馬は2番人気のゴールドドリーム、勝利騎手はM.デムーロ騎手、勝ちタイムは1:35.1でした。

シェアする