【フェブラリーステークス2019】出走予定馬・日程・賞金/熱き砂上のスピード対決

フェブラリーステークスは2019年2月17日に東京競馬場で行われるダートマイルG1。フェブラリーSは2019年で第36回を迎え、昨年はノンコノユメが制した。フェブラリーステークスの出走予定馬・賞金・日程などをチェックしてみよう。

熱き砂上のスピード対決

2019年・フェブラリーステークスの出走予定馬をチェック

2019年・フェブラリーステークスの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ゴールドドリーム(Gold Dream)

ゴールドドリーム

ゴールドドリーム・6歳牡馬
父:ゴールドアリュール
母:モンヴェール
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2018年・帝王賞
馬名の由来:金の夢

2017年優勝、2018年2着とフェブラリーステークスは2年連続で連対中。
昨年の雪辱を期す。

ノンコノユメ(Nonkono Yume)

フェブラリーステークス 2018 ノンコノユメ

ノンコノユメ・7歳せん馬
父:トワイニング
母:ノンコ
母父:アグネスタキオン
主な勝鞍:2018年・フェブラリーステークス
馬名の由来:ノンコの夢。母名より連想

昨年はゴールドドリームとの接戦を制し悲願のJRA・G1初制覇を果たした。
近走は惜敗続き。
思い出の舞台で復活を。

オメガパフューム(Omega Perfume)

シリウスステークス 2018 オメガパフューム

オメガパフューム・4歳牡馬
父:スウェプトオーヴァーボード
母:オメガフレグランス
母父:ゴールドアリュール
主な勝鞍:2018年・東京大賞典
馬名の由来:冠名+香水。母名より連想

昨年暮れに行われた東京大賞典で歴戦の強者を下しビッグタイトルを手にした。
引き続きM.デムーロ騎手が手綱を取る予定だ。

サンライズノヴァ(Sunrise Nova)

サンライズノヴァ

サンライズノヴァ・5歳牡馬
父:ゴールドアリュール
母:ブライトサファイヤ
母父:サンダーガルチ
主な勝鞍:2018年・武蔵野ステークス
馬名の由来:冠名+新星

東京マイルは絶好の舞台設定。
流れが向けば驚異の決め手が炸裂する!

主な回避馬

ルヴァンスレーヴ(Le Vent Se Leve)

チャンピオンズカップ 2018 ルヴァンスレーヴ

ルヴァンスレーヴ・4歳牡馬
父:シンボリクリスエス
母:マエストラーレ
母父:ネオユニヴァース
主な勝鞍:2018年・チャンピオンズカップ
馬名の由来:風立ちぬ(仏)

チャンピオンズカップ制覇後に左前脚の繋靭帯部分の脚部不安が判明。
症状は良化傾向にあるものの大事をとってフェブラリーステークスは回避する。
ちなみにドバイ遠征もしないとのこと。

フェブラリーステークスの日程・賞金

フェブラリーステークス 2016 モーニン 動画・結果

第36回 フェブラリーステークス(February Stakes)
2019年2月17日(日)東京競馬場
格:G1 1着本賞金:1億円
年齢:4歳以上 距離:1,600m(ダート・左)

プレイバック

2018年のフェブラリーステークスを制したのは「ノンコノユメ(Nonkono Yume)」。直線での激しいたたき合いを制し、うれしいJRA・G1初制覇を果たした。

2018年2月18日(日)フェブラリーステークス(GI)

1着:ノンコノユメ
2着:ゴールドドリーム(クビ)
3着:インカンテーション(クビ)
4着:サンライズノヴァ(3馬身)
5着:レッツゴードンキ(1/2馬身)

勝ちタイム:1.36.0
優勝騎手:内田 博幸
馬場:良

2018年・フェブラリーステークス

フェブラリーステークス 2018 ノンコノユメ

フェブラリーステークス 2018の動画・結果です。フェブラリーSの結果は1着:ノンコノユメ、2着:ゴールドドリーム、3着:インカンテーション。「ノンコノユメ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

フェブラリーステークス 2018の動画・結果です。フェブラリーSの結果は1着:ノンコノユメ、2着:ゴールドドリーム、3着:インカンテーション。「ノンコノユメ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

シェアする