【フェブラリーステークス2022】出走予定馬・結果/熱き砂上のスピード対決

フェブラリーステークス2021 カフェファラオ

フェブラリーステークスは2022年2月20日に東京競馬場で行われるダートマイルG1。フェブラリーステークスは2022年で第39回を迎え、昨年はカフェファラオが制した。フェブラリーSの出走予定馬・結果・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

熱き砂上のスピード対決
スポンサーリンク

2022年・フェブラリーステークスの結果は!?

フェブラリーステークス2022 カフェファラオ

2022年のフェブラリーステークスを制したのは『カフェファラオ(Cafe Pharoah)』。直線で追いだされるとライバルたちを置き去りにする末脚を炸裂。後続に2馬身半の差をつけコパノリッキー以来の連覇を果たした。

フェブラリーステークス(G1)

1着:カフェファラオ
2着:テイエムサウスダン(2-1/2馬身)
3着:ソダシ(1/2馬身)
4着:ソリストサンダー(クビ)
5着:タイムフライヤー(1-1/4馬身)

勝ちタイム:1.33.8
優勝騎手:福永 祐一
馬場:重

2022年・フェブラリーステークスの全着順、動画、コメントもチェック!
フェブラリーステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のフェブラリーSの着順は1着:カフェファラオ、2着:テイエムサウスダン、3着:ソダシとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・フェブラリーステークスの出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
フェブラリーステークスの枠順決定!(2月18日)

フェブラリーステークス2022 枠順

2022年・フェブラリーステークスの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではカフェファラオが3枠6番、レッドルゼルは3枠5番、ソダシは6枠11番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

フェブラリーステークスの前日最終オッズは?!(2月19日)

フェブラリーステークス2022 前日最終オッズ

2月19日にJRAから発表されたフェブラリーステークスの前日最終オッズです。
1番人気はソダシで4.7倍、2番人気はレッドルゼルが5.1倍、3番人気にはカフェファラオが5.3倍で続いています。
馬券に絡むのは人気馬か、穴馬か。
あなたの決断は?

フェブラリーステークス2022・出走馬の調教後の馬体重(2月17日)

フェブラリーステークス2022 調教後の馬体重

2022年2月17日にJRAより発表されたフェブラリーステークスに出走する馬の調教後に計測された馬体重一覧です。

輸送などでこの馬体重からさらに増減があることが予想されます。
当日の馬体重もしっかりチェックしてください。

2022年・フェブラリーステークスの追い切り・コメントをチェック!
フェブラリーステークス2022の追い切り・コメントの記事です。フェブラリーSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(2月17日)

2022年のフェブラリーステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

出走馬&騎手確定
  • アルクトス(田辺裕信)
  • インティ(武豊
  • エアスピネル(M.デムーロ)
  • カフェファラオ(福永祐一)
  • ケイティブレイブ(菅原明良)
  • サンライズノヴァ(松若風馬)
  • サンライズホープ(大野拓弥)
  • スワーヴアラミス(松田大作)
  • ソダシ(吉田隼人)
  • ソリストサンダー(戸崎圭太)
  • タイムフライヤー(横山武史
  • ダイワキャグニー(三浦皇成)
  • テイエムサウスダン(岩田康誠)
  • テオレーマ(C.ルメール
  • ミューチャリー(御神本訓史)
  • レッドルゼル(川田将雅
回避馬&除外馬
  • テーオーケインズ(未定)
  • マルシュロレーヌ(未定)
  • アナザートゥルース(未定)
  • タガノビューティー(未定)
  • ブルベアイリーデ(未定)
  • カデナ(未定)
  • クロパラントゥ(未定)
  • ゲンパチフォルツァ(未定)

:テーオーケインズとマルシュロレーヌはサウジカップに参戦予定。

フェブラリーステークス・注目馬ピックアップ

2022年・フェブラリーステークスの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

レッドルゼル(Red le Zele)

レッドルゼル・6歳牡馬
父:ロードカナロア
母:フレンチノワール
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2021年・JBCスプリント
馬名の由来:冠名+熱望(仏)

JBCスプリントを制しダート短距離王に輝いた。
1600mは昨年のフェブラリーステークス(4着)を見てもギリギリの距離。
鞍上の川田騎手と呼吸を合わせて2つ目のビッグタイトルを狙う。

カフェファラオ(Cafe Pharoah)

カフェファラオ・5歳牡馬
父:American Pharoah
母:Mary’s Follies
母父:More Than Ready
主な勝鞍:2021年・フェブラリーステークス
馬名の由来:冠名+父名より

前年度覇者。
ここ3戦は敗戦が続いているが、3戦3勝の東京マイル戦なら復活Vの可能性十分。
初コンビとなる福永騎手を背にコパノリッキー以来となる連覇を狙う。

ソダシ(Sodashi)

ソダシ・4歳牝馬
父:クロフネ
母:ブチコ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2021年・桜花賞
馬名の由来:純粋、輝き(サンスクリット)

白毛のヒロイン・ソダシがフェブラリーステークスに登録。
出否は未定ながら参戦してくれば注目の的になるはずだ。

テイエムサウスダン(T M South Dan)

テイエムサウスダン・5歳牡馬
父:サウスヴィグラス
母:ムービングアウト
母父:Langfuhr
主な勝鞍:2022年・根岸ステークス
馬名の由来:冠名+父名の一部+父父母名より

前哨戦の根岸ステークスを制し5つ目の重賞タイトルをゲットした。
1600mは2019年の全日本2歳優駿(5着)以来となるだけに、距離克服ができるかがポイントとなりそうだ。

ソリストサンダー(Soliste Thunder)

ソリストサンダー・7歳牡馬
父:トビーズコーナー
母:ラヴソースウィート
母父:スペシャルウィーク
主な勝鞍:2021年・武蔵野ステークス
馬名の由来:独唱者(仏)+雷

同舞台の武蔵野ステークスで2着、1着の成績。
昨年8着のリベンジへ。

アルクトス(Arctos)

アルクトス・7歳牡馬
父:アドマイヤオーラ
母:ホシニイノリヲ
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2021年・マイルCS南部杯
馬名の由来:北斗七星(ギリシャ語)

マイルCS南部杯を連覇中。
フェブラリーステークスは2年連続9着と人気に応えられていない。
今年こそ。

エアスピネル(Air Spinel)

エアスピネル・9歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:エアメサイア
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2015年・デイリー杯2歳ステークス
馬名の由来:冠名+タイに伝わる伝説の竜の形をした馬

昨年の2着馬。
喉から手が出るほどタイトルが欲しい。

インティ(Inti)

インティ・8歳牡馬
父:ケイムホーム
母:キティ
母父:Northern Afleet
主な勝鞍:2019年・フェブラリーステークス
馬名の由来:インカ神話の太陽の神

2019年度の覇者。
近年は勝ち切れない競馬が続いているが、2021年もかしわ記念3着やチャンピオンズカップ4着など悪くない競馬を見せている。

テオレーマ(Teorema)

テオレーマ・6歳牝馬
父:ジャスタウェイ
母:スターズアラインド
母父:Sea The Stars
主な勝鞍:2021年・JBCレディスクラシック
馬名の由来:定理(西)

新ダート女王のテオレーマが新コンビ・ルメール騎手を背にフェブラリーステークスに参戦する。
牡馬相手にどこまでやれるか。

スワーヴアラミス(Suave Aramis)

スワーヴアラミス・7歳牡馬
父:ハーツクライ
母:ベイトゥベイ
母父:Sligo Bay
主な勝鞍:2022年・東海ステークス
馬名の由来:冠名+物語の登場人物名より

前哨戦の東海ステークスを制し3つ目の重賞タイトルを獲得。
初のマイル戦に戸惑わず流れに乗れれば。

ミューチャリー(Mutually)

ミューチャリー・6歳牡馬
父:パイロ
母:ゴッドビラブドミー
母父:ブライアンズタイム
主な勝鞍:2021年・JBCクラシック
馬名の由来:お互いに

昨年はJBCクラシックを制し地方馬の意地を見せてくれた。
1999年のメイセイオペラ以来の地方馬Vを目指す。

サンライズノヴァ(Sunrise Nova)

サンライズノヴァ・8歳牡馬
父:ゴールドアリュール
母:ブライトサファイヤ
母父:サンダーガルチ
主な勝鞍:2019年・マイルCS南部杯
馬名の由来:冠名+新星

1年以上勝ち星から遠ざかっているが、昨年のJBCスプリントでの2着やチャンピオンズカップ5着などハマればしっかり伸びてくる。
5度目のフェブラリーステークスで結果を出せるか。

ケイティブレイブ(K T Brave)

ケイティブレイブ・9歳牡馬
父:アドマイヤマックス
母:ケイティローレル
母父:サクラローレル
主な勝鞍:2018年・JBCクラシック
馬名の由来:冠名+勇士

2020年に2着の経験あり。
川崎記念を笹川翼騎手とのコンビで挑み、フェブラリーステークスは菅原明良騎手と組む予定。

ダイワキャグニー(Daiwa Cagney)

ダイワキャグニー・8歳せん馬
父:キングカメハメハ
母:トリプレックス
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2020年・エプソムカップ
馬名の由来:冠名+人名より

左回り巧者が初のダート戦に参戦。
いきなりG1挑戦でどこまで通用するか。

スポンサーリンク

前哨戦

チャンピオンズカップ

1着:テーオーケインズ
2着:チュウワウィザード(6馬身)
3着:アナザートゥルース(3/4馬身)

勝ちタイム:1.49.7
優勝騎手:松山 弘平
馬場:良

チャンピオンズカップ2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のチャンピオンズカップの着順は1着:テーオーケインズ、2着:チュウワウィザード、3着:アナザートゥルースとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
東海ステークス

1着:スワーヴアラミス
2着:オーヴェルニュ(1/2馬身)
3着:ブルベアイリーデ(1-1/4馬身)

勝ちタイム:1.51.7
優勝騎手:松田 大作
馬場:良

東海ステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の東海ステークスの着順は1着:スワーヴアラミス、2着:オーヴェルニュ、3着:ブルベアイリーデとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
根岸ステークス

1着:テイエムサウスダン
2着:ヘリオス(1馬身)
3着:タガノビューティー(1/2馬身)

勝ちタイム:1.23.1
優勝騎手:岩田 康誠
馬場:良

根岸ステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の根岸Sの着順は1着:テイエムサウスダン、2着:ヘリオス、3着:タガノビューティーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

フェブラリーステークス2022の予想オッズ

予想オッズ

予想オッズ

2022年・フェブラリーステークスの予想オッズはこのように予想しています。
初コンビとなる福永騎手を背に連覇を狙うカフェファラオが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. カフェファラオ(3.5)
  2. レッドルゼル(4.5)
  3. ソダシ(6.0)
  4. ソリストサンダー(8.5)
  5. エアスピネル(12.0)
  6. スワーヴアラミス(19.0)
  7. テイエムサウスダン(30.0)
  8. インティ(35.0)
  9. アルクトス(40.0)
  10. テオレーマ(47.5)
  11. サンライズホープ(☆)
  12. ミューチャリー(☆)
  13. サンライズノヴァ(☆)
  14. ダイワキャグニー(☆)
  15. タイムフライヤー(☆)
  16. ケイティブレイブ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

フェブラリーステークスの日程・賞金

第39回 フェブラリーステークス(February Stakes)

フェブラリーステークス2020 モズアスコット

2022年2月20日(日)東京競馬場
格:G1 1着本賞金:1億2,000万円
年齢:4歳以上 距離:1,600m(ダート・左)

フェブラリーステークスの1着本賞金は2022年から2000万円増額となり1億2000万円となる。

フェブラリーステークス・プレイバック

フェブラリーステークス2015 コパノリッキー

2015年のフェブラリーステークスを制したのは『コパノリッキー(Copano Rickey)』。2番手追走から手応え良く直線で抜け出すとそのまま後続を完封。史上初となるフェブラリーステークス連覇を達成した。
その後も帝王賞や東京大賞典などを制し、歴代最多のGI・JpnI競走11勝を制す名馬へと駆け上がっていく。

フェブラリーステークス(GI)

1着:コパノリッキー
2着:インカンテーション(1/2馬身)
3着:ベストウォーリア(3/4馬身)
4着:グレープブランデー(1/2馬身)
5着:ローマンレジェンド(ハナ)

勝ちタイム:1.36.3
勝利騎手:武豊
馬場:良

2015年・フェブラリーステークスの全着順、動画、コメントもチェック!
フェブラリーステークス2015の動画・結果です。2015年のフェブラリーステークスの結果は1着:コパノリッキー、2着:インカンテーション、3着:ベストウォーリアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする