【ドバイシーマクラシック2019】出走予定馬・オッズ・賞金/5年ぶりの栄冠を

ドバイシーマクラシック 2017 ジャックホブス

ドバイシーマクラシックは2019年3月30日にドバイ・メイダン競馬場で行われる芝の高額賞金レース。ドバイシーマCは2019年で22回を迎え、昨年はホークビルが制した。ドバイシーマクラシックの出走予定馬・オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。

5年ぶりの栄冠を

ドバイシーマクラシック2019の枠順決定!

ドバイシーマクラシック2019 枠順

2019年・ドバイシーマクラシックの枠順が決定しました。
日本からは3頭が参戦。昨年4着の雪辱を期すレイデオロは6番枠、2017年のジャパンカップ覇者のシュヴァルグランは1番枠、モレイラ騎手とのコンビで挑むスワーヴリチャードは7番枠からの発走となる。
海外馬では前哨戦を制したオールドペルシアンは2番枠、世界を股にかけ活躍するマジックワンドは3番枠となっている。

日本を代表するG1馬3頭がどんな競馬を見せてくれるか注目したい。

2019年・ドバイシーマクラシックの出走予定馬をチェック

2019年・ドバイシーマクラシックの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

日本馬
レイデオロ(Rey de Oro)

日本ダービー 2017 レイデオロ

レイデオロ・5歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2018年・天皇賞秋
馬名の由来:黄金の王(西)。父名、母名より連想
騎手:C.ルメール

2018年の最優秀4歳以上牡馬のタイトルを獲得したレイデオロが再び世界に挑む。
昨年のドバイシーマクラシックではペースが遅く、掛かり気味の追走となった。
最後まで脚が止まっていなかったものの、前との差を詰められず4着と惜敗。
今年こそは。

シュヴァルグラン(Cheval Grand)

ジャパンカップ 2017 シュヴァルグラン

シュヴァルグラン・7歳牡馬
父:ハーツクライ
母:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
主な勝鞍:2017年・ジャパンカップ
馬名の由来:偉大な馬(仏)
騎手:H.ボウマン

昨年は勝利こそなかったものの天皇賞春2着、有馬記念3着と強さは健在。
初の海外レースでどんな競馬を見せてくれるか。

スワーヴリチャード(Suave Richard)

スワーヴリチャード

スワーヴリチャード・5歳牡馬
父:ハーツクライ
母:ピラミマ
母父:Unbridled’s Song
主な勝鞍:2018年・大阪杯
馬名の由来:冠名+人名より
騎手:J.モレイラ

ドバイシーマクラシックが初の海外遠征となる。
得意の左回りコースで世界の競馬ファンを驚かせろ。

外国馬
オールドペルシアン(Old Persian)

ドバイシティーオブゴールド2019 オールドペルシアン

オールドペルシアン・4歳牡馬
父:Dubawi
母:Indian Petal
母父:Singspiel
主な成績:2019年・ドバイシティーオブゴールド(1着)
騎手:W.ビュイック

前哨戦となるドバイシティーオブゴールドを勝利したのはオールドペルシアン。
直線半ばまで進路をふさがれながらも残り1ハロンから一気に加速し差し切った。
ドバイシーマクラシックでG1初制覇を狙う。

マジックワンド(Magic Wand)

ペガサスワールドカップターフ2019 ブリックスアンドモルタル

マジックワンド・4歳牝馬
父:Galileo
母:Prudenzia
母父:Dansili
主な成績:2019年・ペガサスワールドカップターフ(2着)
騎手:R.ムーア

G1タイトルこそ手にしていないもののペガサスワールドカップターフやヴェルメイユ賞などG1で3度の2着の経験あり。
距離実績は十分。

レーシングヒストリー(Racing History)

レーシングヒストリー・7歳牡馬
父:Pivotal
母:Gonbarda
母父:Lando
主な成績:2019年・ドバイシティーオブゴールド(2着)
騎手:C.スミヨン

前哨戦2着から巻き返しを誓う。

主な回避馬

キセキ(Kiseki)

菊花賞 2017 キセキ

キセキ・5歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:ブリッツフィナーレ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2017年・菊花賞
馬名の由来:奇跡

ドバイから招待されたが国内専念を発表。
大阪杯に向かう予定となっている。

リスグラシュー(Lys Gracieux)

エリザベス女王杯 2018 リスグラシュー

リスグラシュー・5歳牝馬
父:ハーツクライ
母:リリサイド
母父:American Post
主な勝鞍:2018年・エリザベス女王杯
馬名の由来:優美な百合(仏)。母名より連想

リスグラシューも招待が届いたが辞退することを決めた。
金鯱賞から香港のG1・クイーンエリザベス2世カップへ向かう予定。

エグザルタント(Exultant)

香港ヴァーズ 2018 エグザルタント

エグザルタント・5歳牡馬
父:Teofilo
母:Contrary
母父:Mark of Esteem
主な成績:2018年・香港ヴァーズ(1着)

ドバイ遠征で受ける肉体的ダメージを懸念し断念。
さらなる成長を見せれば来年参戦する可能性を示唆した。

クロスカウンター(Cross Counter)

メルボルンカップ 2018 クロスカウンター

クロスカウンター・4歳せん馬
父:Teofilo
母:Waitress
母父:Kingmambo
主な成績:2018年・メルボルンカップ(1着)

ドバイシーマクラシックとドバイゴールドカップを両睨みだったが最終的にドバイゴールドカップ参戦を決めた。

前哨戦

2019年3月9日 ドバイシティーオブゴールド

1着:Old Persian・オールドペルシアン
2着:Racing History(短アタマ)
3着:Desert Encounter(3馬身)

勝ちタイム:2.32.68
勝利騎手:William Buick
馬場:Good

ドバイで行われたドバイシティーオブゴールド2019の結果・動画です。ドバイシティーオブゴールドの着順は1着:Old Persian(オールドペルシアン)、2着:Racing History、3着:Desert Encounterとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

ドバイワールドカップデーのテレビ放送・馬券について

テレビ放送について

ドバイシーマクラシックは今年もグリーンチャンネル&フジテレビ系列で放送されます。
皆で日本馬を応援しましょう!

グリーンチャンネル「2019ドバイワールドカップデー中継」
放送日時

3月30日(土曜)23時00分から26時30分(予定)【無料放送】
ドバイゴールデンシャヒーン(G1)、ドバイターフ(G1)、ドバイシーマクラシック(G1)、ドバイワールドカップ(G1)を生中継

スタジオ進行:大澤幹朗、田中歩
スタジオ解説:合田直弘、木村拓人
現地実況:小塚歩

フジテレビ系列26局ネット「S-PARK」
放送日時

3月30日(土曜) 24時35分から25時25分(予定)
ドバイターフ(G1)を録画放送で、ドバイシーマクラシック(G1)を生中継で放送予定

馬券について

2019年のドバイシーマクラシックはJRAから発売されることが発表されています。
インターネット投票UMACA投票(キャッシュレス)にて発売されます。

インターネット投票

「即PAT会員」および「A-PAT会員」が対象となります。
発売開始時刻:3月30日(土曜) 7時00分
注記:なお、17時30分から19時30分は計算機のメンテナンスを行うため、発売を一時中断します。

UMACA投票(キャッシュレス)

UMACA投票が導入された次の競馬場・ウインズ(計7事業所)のUMACA投票機において発売します。
<競馬場>
福島競馬場、東京競馬場、中京競馬場、阪神競馬場
<ウインズ>
ウインズ銀座、ウインズ難波、ウインズ神戸(A館)
発売開始時刻:3月30日(土曜) 9時20分または9時30分(発売開始時刻は事業所により異なりますのでご注意ください)
発売締切時刻:3月30日(土曜) 17時00分

発売式別

単勝、複勝、馬連、ワイド、馬単、3連複、3連単
※枠連、WIN5の発売はありません。

発売単位:100円

発売方式:JRA独立プール(日本国内のみで発売)
※独立プール方式での発売のため、日本国内独自のオッズとなります。

詳しい馬券の発売のルールに関してはJRAの特設ページをご覧ください。

オッズ

下記のオッズはブックメーカーの「Bet365」が発表している2019年・ドバイシーマクラシックのオッズです。

日本で発売される馬券のオッズとは倍率が違いますのでご注意ください。
海外の競馬関係者が想定する馬の力量を知ることができるので、馬券の参考にもなるはずです。

  • Rey De Oro(3.5)
  • Old Persian(3.75)
  • Magic Wand(5.5)
  • Cross Counter(6.0)
  • Suave Richard(7.5)
  • Racing History(8.5)
  • Cheval Grand(11.0)
  • Hunting Horn(21.0)
  • Desert Encounter(21.0)

(2019年3月20日現在・Bet365 参照)

ドバイシーマクラシックの日程・賞金

ドバイシーマクラシック

第22回 ドバイシーマクラシック(Dubai Sheema Classic)
2019年3月30日 ドバイ・メイダン競馬場
格:G1 1着賞金:3,600,000米ドル(約4億円)
年齢:北半球産馬4歳以上・南半球産馬3歳以上 距離:2,410m(芝・左)

これまでにドバイシーマクラシックを制した日本馬は3頭。
2001年のステイゴールドと2006年ハーツクライ、2014年のジェンティルドンナが優勝している。

ここ4年は勝てていない。そろそろ日本馬の4勝目を見たいところだ。

プレイバック

ドバイシーマクラシック 2018 ホークビル

2018年のドバイシーマクラシックを制したのは「Hawkbill(ホークビル)」。後続に3馬身の差をつけ圧勝した。日本から参戦したレイデオロは4着、モズカッチャンは6着、サトノクラウンは7着だった。

2018年3月31日 ドバイシーマクラシック(Dubai Sheema Classic)

1着:Hawkbill・ホークビル
2着:Poet’s Word(3馬身)
3着:Cloth Of Stars(クビ)
4着:Rey De Oro・レイデオロ(1-3/4馬身)
5着:Best Solution(短アタマ)
6着:Mozu Katchan・モズカッチャン
7着:Satono Crown・サトノクラウン
8着:Idaho
9着:Desert Encounter
10着:Khalidi

勝ちタイム:2.29.45
勝利騎手:William Buick
馬場:Good

ドバイシーマクラシック
ドバイシーマクラシック 2018の動画・結果です。ドバイで行われたドバイシーマクラシックの結果は1着:Hawkbill(ホークビル)、2着:Poet's Word、3着:Cloth Of Stars。ホークビルが勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

ドバイシーマクラシック 2018の動画・結果です。ドバイで行われたドバイシーマクラシックの結果は1着:Hawkbill(ホークビル)、2着:Poet’s Word、3着:Cloth Of Stars。ホークビルが勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

シェアする