【ドバイシーマクラシック2020】出走予定馬・オッズ・賞金/6年ぶりの栄冠を

ドバイシーマクラシック2019 オールドペルシアン

ドバイシーマクラシックは2020年3月28日にドバイ・メイダン競馬場で行われる芝の高額賞金レース。ドバイシーマCは2020年で23回を迎え、昨年はオールドペルシアンが制した。ドバイシーマクラシックの出走予定馬・オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。

6年ぶりの栄冠を
スポンサーリンク

2020年・ドバイシーマクラシックの出走予定馬をチェック

ドバイシーマクラシック・注目馬ピックアップ

2020年・ドバイシーマクラシックの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

日本馬
ラヴズオンリーユー(Loves Only You)

オークス2019 ラヴズオンリーユー

ラヴズオンリーユー・4歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
主な成績:2019年・オークス(1着)
馬名の由来:みんなへの愛を込めて。母名より連想

陣営から正式にドバイシーマクラシック参戦が発表された。
招待が届き次第決定となる。
鞍上はM.デムーロ騎手が予定されている。

アーモンドアイ(Almond Eye)

桜花賞 2018 アーモンドアイ

アーモンドアイ・5歳牝馬
父:ロードカナロア
母:フサイチパンドラ
母父:サンデーサイレンス
主な成績:2019年・天皇賞秋(1着)
馬名の由来:美人とされる顔の目の形

昨年はドバイターフを制した日本が誇る名牝。
今年もドバイターフが本線だが、ドバイシーマクラシックにも登録を済ませている。

カレンブーケドール(Curren Bouquetd’or)

スイートピーステークス2019 カレンブーケドール

カレンブーケドール・4歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ソラリア
母父:Scat Daddy
主な成績:2019年・ジャパンカップ(2着)
馬名の由来:冠名+黄金の花束(仏)。勝利の大輪を咲かせてほしい

2020年は京都記念から始動し、ドバイ遠征を予定している。

グローリーヴェイズ(Glory Vase)

日経新春杯2019 グローリーヴェイズ

グローリーヴェイズ・5歳牡馬
父:ディープインパクト
母:メジロツボネ
母父:スウェプトオーヴァーボード
主な成績:2019年・香港ヴァーズ(1着)
馬名の由来:栄光のつぼ。母名より連想

昨年の香港ヴァーズで悲願のG1初制覇を果たした。
海外でG1・連勝なるか。

ラッキーライラック(Lucky Lilac)

エリザベス女王杯2019 ラッキーライラック

ラッキーライラック・5歳牝馬
父:オルフェーヴル
母:ライラックスアンドレース
母父:Flower Alley
主な成績:2019年・エリザベス女王杯(1着)
馬名の由来:五弁のライラックの花(幸運のシンボル)

昨年はエリザベス女王杯を制し、香港ヴァーズで3着と復活を印象付けた。
ドバイターフとドバイシーマクラシックに登録を済ませている。

スワーヴリチャード(Suave Richard)

スワーヴリチャード

スワーヴリチャード・6歳牡馬
父:ハーツクライ
母:ピラミマ
母父:Unbridled’s Song
主な成績:2019年・ジャパンカップ(1着)
馬名の由来:冠名+人名より

昨年のドバイシーマクラシックでは3着。

キセキ(Kiseki)

菊花賞 2017 キセキ

キセキ・6歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:ブリッツフィナーレ
母父:ディープインパクト
主な成績:2017年・菊花賞(1着)
馬名の由来:奇跡

2017年の菊花賞以来勝利から遠ざかっているものの、昨年も大阪杯や宝塚記念で2着。
これまでにフランスや香港に遠征経験があり、海外挑戦はおてのもの。

外国馬
オールドペルシアン(Old Persian)

ドバイシティーオブゴールド2019 オールドペルシアン

オールドペルシアン・5歳牡馬
父:Dubawi
母:Indian Petal
母父:Singspiel
主な成績:2019年・ドバイシーマクラシック(1着)

前年度の覇者・オールドペルシアン。
昨年はアメリカやカナダなど各国を転戦した。

ガイヤース(Magic Wand)

バーデン大賞2019 ガイヤース

ガイヤース・5歳牡馬
父:Dubawi
母:Nightime
母父:Galileo
主な成績:2019年・バーデン大賞(1着)

バーデン大賞を14馬身で圧勝。
ゴドルフィンが送り込む世界の強豪が日本馬の脅威となるか。

エグザルタント(Exultant)

香港ヴァーズ 2018 エグザルタント

エグザルタント・6歳せん馬
父:Teofilo
母:Contrary
母父:Mark of Esteem
主な成績:2018年・香港ヴァーズ(1着)

香港トップホースのエグザルタントもドバイ遠征してきたら楽しみ。

ドバイワールドカップデーのテレビ放送・馬券について

毎年ドバイワールドカップデーはグリーンチャンネルとフジテレビ系列で放送されています。
今年も日本馬が参戦を決めれば放送されることが発表されると思われますので、発表があり次第更新いたします。
下記の記載は前年の情報です。

テレビ放送について

ドバイシーマクラシックは今年もグリーンチャンネル&フジテレビ系列で放送されます。
皆で日本馬を応援しましょう!

グリーンチャンネル「2019ドバイワールドカップデー中継」
放送日時

3月30日(土曜)23時00分から26時30分(予定)【無料放送】
ドバイゴールデンシャヒーン(G1)、ドバイターフ(G1)、ドバイシーマクラシック(G1)、ドバイワールドカップ(G1)を生中継

スタジオ進行:大澤幹朗、田中歩
スタジオ解説:合田直弘、木村拓人
現地実況:小塚歩

フジテレビ系列26局ネット「S-PARK」
放送日時

3月30日(土曜) 24時35分から25時25分(予定)
ドバイターフ(G1)を録画放送で、ドバイシーマクラシック(G1)を生中継で放送予定

馬券について

2019年のドバイシーマクラシックはJRAから発売されることが発表されています。
インターネット投票UMACA投票(キャッシュレス)にて発売されます。

インターネット投票

「即PAT会員」および「A-PAT会員」が対象となります。
発売開始時刻:3月30日(土曜) 7時00分
注記:なお、17時30分から19時30分は計算機のメンテナンスを行うため、発売を一時中断します。

UMACA投票(キャッシュレス)

UMACA投票が導入された次の競馬場・ウインズ(計7事業所)のUMACA投票機において発売します。
<競馬場>
福島競馬場、東京競馬場、中京競馬場、阪神競馬場
<ウインズ>
ウインズ銀座、ウインズ難波、ウインズ神戸(A館)
発売開始時刻:3月30日(土曜) 9時20分または9時30分(発売開始時刻は事業所により異なりますのでご注意ください)
発売締切時刻:3月30日(土曜) 17時00分

発売式別

単勝、複勝、馬連、ワイド、馬単、3連複、3連単
※枠連、WIN5の発売はありません。

発売単位:100円

発売方式:JRA独立プール(日本国内のみで発売)
※独立プール方式での発売のため、日本国内独自のオッズとなります。

詳しい馬券の発売のルールに関してはJRAの特設ページをご覧ください。

ドバイシーマクラシック2020のオッズ

予想オッズ

下記のオッズはブックメーカーの「William Hill」が発表している2020年・ドバイシーマクラシックのオッズです。

日本で発売される馬券のオッズとは倍率が違いますのでご注意ください。
海外の競馬関係者が想定する馬の力量を知ることができるので、馬券の参考にもなるはずです。

  • Ghaiyyath(6.0)
  • Almond Eye(7.0)
  • Old Persian(8.0)
  • Saturnalia(8.0)
  • Glory Vase(9.0)
  • Exultant(11.0)
  • Suave Richard(11.0)
  • Curren Bouquetd’or(11.0)
  • Fierement(13.0)
  • Deirdre(15.0)
  • Kiseki(15.0)
  • Lucky Lilac(17.0)
  • Square De Luynes(21.0)
  • Arklow(34.0)

(2020年1月19日現在・William Hill 参照)

ドバイシーマクラシックの日程・賞金

ドバイシーマクラシック 2018 ホークビル

第23回 ドバイシーマクラシック(Dubai Sheema Classic)

2020年3月28日 ドバイ・メイダン競馬場
格:G1 1着賞金:3,600,000米ドル(約4億円)
年齢:北半球産馬4歳以上・南半球産馬3歳以上 距離:2,410m(芝・左)

これまでにドバイシーマクラシックを制した日本馬は3頭。
2001年のステイゴールドと2006年ハーツクライ、2014年のジェンティルドンナが優勝している。

ここ5年は勝てていない。そろそろ日本馬の4勝目を見たいところだ。

2014年・ドバイシーマクラシック
「ドバイシーマクラシック 2014」の動画・結果です。ドバイシーマクラシックの結果は1着:Gentildonna(ジェンティルドンナ)、2着:Cirrus Des Aigles、3着:Ambivalent。「ジェンティルドンナ」が勝利したドバイシーマクラシックの詳しい結果、動画をご覧ください。

ドバイシーマクラシック・プレイバック

ドバイシーマクラシック2019 オールドペルシアン

2019年のドバイシーマクラシックを制したのは「オールドペルシアン(Old Persian)」。早めに先頭に立つと、追い込む日本馬の追撃を振り切り優勝した。

ドバイシーマクラシック(Dubai Sheema Classic)

1着:Old Persian・オールドペルシアン
2着:Cheval Grand・シュヴァルグラン(1-1/2馬身)
3着:Suave Richard・スワーヴリチャード(1/2馬身)
4着:Hunting Horn(8-1/4馬身)
5着:Magic Wand(ハナ)

勝ちタイム:2.27.17
勝利騎手:William Buick
馬場:Good

2019年・ドバイシーマクラシックの動画・全着順をチェック!
ドバイで行われたドバイシーマクラシック2019の結果・動画です。ドバイシーマクラシックの着順は1着:Old Persian(オールドペルシアン)、2着:Cheval Grand(シュヴァルグラン)、3着:Suave Richard(スワーヴリチャード)となりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

シェアする